Apple社「WWDC21」基調講演向けYouTube視聴リンク公開!

Apple社は、間近に迫る「WWDC21」の基調講演へ向けてYouTubeのライブストリームを開始し、視聴リンクを公開しました。

Apple社「WWDC21」基調講演へ向けYouTubeの視聴リンクを公開!

Apple社は、間近に迫った「WWDC21」の準備を着々と進めており、現地時間6月1日に、YouTubeのライブストリームを開始しました。

Apple社の基調講演は、6月7日(月)午前10時(太平洋時間)、WWDC21開催オープニングとして行われる予定です。

YouTubeライブの他、Apple TVアプリでも公開予定!

YouTubeでのライブストリーミングに加え、Apple社はWWDC21の基調講演を、Apple TVアプリでも公開する予定です。

またApple社は、WWDC21のイベントページを作成し、そちらでもライブストリームを配信する予定です。

恒例の新OS発表に加え新型MacBook Pro発表の可能性も!?

WWDC21では、iOS 15、iPadOS 15、macOS 12、watchOS 8、tvOS 15等、各種の新OSが発表されることは例年通りでしょう。

そして本年はさらに、MacBook Proの新モデルが発表される可能性を含め、Appleのデバイスの将来に関する情報も聞くことができる可能性があります。

新型MacBook Proが発表されることは確約されていませんが、有力なリーク筋からの情報によれば、実現する可能性は大いにあります。

Twitterにカスタム絵文字付のイベントハッシュフラグが登場!

さらに幅広くWWDC21を告知するために、Twitterにはカスタム絵文字付きのイベントハッシュフラグが追加されました。

この絵文字はFacebookの「いいね」ボタンとフィーリングがよく似ていて、Twitter上で「#WWDC21」タグが投稿されると、自動出現する仕組みになっています。

まとめ

WWDC21では、少なくとも各種新OSの機能面において、来年以降に何が期待できるのかを最初に知る機会となることでしょう。

iOS 15については、現時点ではほとんど分かっていませんが、Apple社は通知やメッセージの改善を行っているようで、その詳細はiOS 15のフォーラム等でご覧いただける予定です。

source:MacRumors