MacやiPadを安く買う方法!知る人ぞ知るApple認定整備品とは?

MacやiPadなど、Apple製品は今や人気のIT機器です。しかし、他の同じような製品と比較すると、どうしても価格が高めになってしまうもの……。今回は「少しでも安くApple製品を買いたい!」という、そんなあなたの為の特集です。

 

デザインだけでなく、性能や使い勝手にも優れたApple製品。

パソコンのMacやタブレットのiPad、音楽プレーヤーのiPodなど、その製品は多岐に渡ります。

どれも非常に魅力的な製品ではあるのですが、どうしても気になってしまうのが、その価格。

Apple製品は素晴らしいけど高い…安く買う方法はないの?

Appleの製品は、同じような性能をもつ競合他社の製品と比べると、どうしても高価になりがちです。

もちろん、安く買うなら中古品という手もあるのですが、中古品にはAppleの保証サービス(Apple Care)は付きませんし、プレゼントなどの用途には当然向きません。

「量販店でも定価の所が多いし、何とか新品を安く買う方法はないの……?」

実はあるんです。そう、Appleならね。

[the_ad id=”12721″]

Apple製品を安く購入する裏ワザ「認定整備済製品」

 

出典元:www.lifehacker.jp

認定整備済製品とは?普通の中古とは違う

認定整備済製品とは、不良品や輸送時の破損など様々な理由でメーカーへ戻ってきた製品を、メーカー自ら再整備して、中古品として販売するものです。

その利点は、欠損品とは行っても、再販売する前にメーカー自ら整備と出荷前のチェックを行っている事です。ユーザーの視点に立つと、メーカーが新品出荷時と同様にきちんとチェックしているというのは、心強いと言えます。しかも、なかには新品と同様の保証をリファービッシュ品に付けているケースも。

そうした製品を選べば、新品に限りなく近い物を安く購入できます。

Appleの「認定整備済製品」は実際どうなの?

Appleの認定整備済製品」は、「何らかの理由でAppleへ戻ってきた製品を再整備して、新品同様の品質であることを確認してますよ」ということ。

Appleの認定整備済製品のチェック項目はかなり厳しい

ちなみに、Appleへ戻ってきてから整備済み製品として出荷されるまでのプロセスも公開されています。(以下引用)

すべてのApple認定整備済製品は、以下のプロセスを経て販売されています。

  • 完全なテスト(連続稼働テストを含む)
  • テストで不具合が検出されたモジュールの部品交換を含む整備
  • 徹底したクリーニングプロセスと検査
  • 再梱包(該当するマニュアル、ケーブル、新しい箱などを含む)
  • 出荷時のOSが同梱されていますが、より最新のOSに変更されている場合があります。
  • 販売可能な整備済在庫品となる前に実施される最終品質保証検査

整備の手順は、Apple製造工程と同じ基本的なテクニカルガイドラインに従ってテストされています。

引用元>Apple認定整備済製品 よくあるご質問(FAQ)|Apple

こうしてみると、かなり気合いの入ったチェックであるとわかります。

各種テストやパーツ交換などはわかりますが、わざわざ新しい箱を用意する辺りに、Appleの製品へのこだわりを感じますね。

認定整備済製品にも、もちろん保証がついている

加えて、整備済み製品には以下の保証が付いてきます。

1年間の特別保証書

整備済製品には1年間の特別保証書をお付けしています。製品使用上支障のない、本体、アクセサリー類、梱包箱の傷や汚れは保証の対象となりませんので、ご注意ください。

引用元>整備済製品|Apple

この1年間の製品保証は、新品でApple製品を購入したときに付いているものと同じものです。さらに、MacやiPadなどのAppleCare対象製品では、購入時に追加費用を支払うことでAppleCareに加入することも出来ます。

このAppleCareに加入すると、1年間の製品保証がさらに延長されるのも、新品での購入時と同様です。中古品だから保証が弱いという心配もありませんね。

認定整備済製品の価格は新品とどのくらい違うの?

関連する記事

コメントを残す