【新型2016】Macbook Proのスペックと評判を前モデルと比較!

この記事は約 5 分で読むことができます。

今年秋に発売が予想される新型Macbook Pro2016。果たしてその概要はどうなっているのでしょうか?

macbook pro2016

 

 この記事と一緒によく読まれる記事 

▶︎新型Macbook Pro2016の発売日はいつ?ここが凄い新機能5連発!
▶︎Macbook pro retina 13と15インチの持ち運びをレビューしてみた!
▶︎Macbook ProとAirでスペック機能の違いを比較!どっちがおすすめ?

2016年6月のWWDC(Apple次期開発者会議)では新型のMacBookProの発表が期待されていましたが、結局言及されることはなく、少々ガッカリした人も多かったのではないでしょうか?

そんなMacBookProですが、2016年秋に発表、発売されることが確実になってきたようです。

今回は現時点で明らかになってきているMacBookProのスペックと新機能について調査してみました。

Sponsored Links


基本スペックまとめ

Skylake

現時点(2016/7/28)で濃厚と考えてられている新MacBookPro2016の基本スペックがコチラ。

CPU(電子回路)

 Skylake 
GPU(画像処理システム)AMD Polaris
画面サイズ

13インチ/15インチ

有機ELディスプレイ

ポートthunderbolt3 / USB-C(左右サイドに2つずつ)
全体サイズ薄型 / 軽量
カラーゴールド / スペースグレー / ローズゴールド /(+新色?)
キーボードタッチーバー搭載(従来ファンクションキー位置)

Skylakeとは?

空きに発表されるMacBookProに搭載される省電力CPU(電子回路)が〝Skylake〟というシステム。

この電子回路を採用したことによって情報の処理速度を格段に速くすることができ、バッテリーの持ち時間をさらに長くすることができるというもの。

さらにこのSkylakeは将来的に導入されているといわれているWiGig※やWiDi※に対応できるシステムとして搭載されたとのうわさも。
※WiGig(ワイギグ):高速の無線データ通信を可能にするシステム。(参照Wikipedia)
※WiDi:無線アプリケーションの一つで、PCの画面をTVなどに無線で転送することができる。(参照gooビジネスEX)

新型GPU Polarisって?

グラフィック処理の新システムとして搭載されたのがPolariasというもの。

描画の負荷が低いことにより、解像度の高いデータも迅速に、静かに、クールに(発熱を少なく)おこなうことができると考えられており、高解像グラフィックのゲームなどのクオリティを上げるものとして期待されています。

新OS Sierraで自動ロック解除

2016年秋にリリースされると考えられている新OS Sierraと連動する機能として、自動ロック解除の機能が盛り込まれると考えられています。

Apple Watchを装着している場合には、MacBookProの近くに手首をかざすことで自動的にロック解除する仕組みです。

MacBookPro016の値段

予想される値段としては、€899程度(104,000円程度)になるというのが有力な情報のようです。

最近のMacBookProでは13インチで116,000円程度、15インチRetinaモデルで230,000円程度だったことを考えると、多少コストは抑えめのモデルといえるでしょう。

薄型 / 軽量化 が魅力

新型MacBookProでは新型のヒンジ(固定金具)を導入したことにより、従来のモデルよりもさらに薄く、軽量のモデルとして改良することに成功したといわれています。ちなみにこれまでのMacBookProのサイズ感がコチラ。

 厚み(cm)横幅(cm)立幅(cm)重さ(kg)
MacBookPro 13インチ1.831.421.91.58
MacBookPro 15インチ1.835.8924.712.04

キーボードの変化

タッチバーの搭載

次期MacBookProがこれまでのMacBookProと最も異なるポイントともいえるのがキーボード。

新型モデルでは従来のファンクションキーの位置に有機ELディスプレイのタッチバーなるものが搭載される予想のようです。

タッチバーは立ち上げているアプリによって表示を変えることができ、iTunesで音楽やビデオを再生する際には再生 / 停止 / 早送り / 巻き戻しボタン、データ転送時やダウンロード時にはプログレスバーといった具合に表示され、よりシンプルでありながら直感的に操作することが可能となるとのこと。

無題
引用元動画はコチラ

感圧タッチをキーボードにも

MacBookのトラックパッドに初めて搭載され、最近ではiPhoneにも応用されている3Dタッチ(感圧タッチ)ですが、次期のモデルではキーボードの各キーにも3Dタッチが搭載される予想です。各キーのタッチの強弱によって異なる動作をできるようになるようです。

サイズは2種類

サイズに関しては13インチ / 15インチの二種類がリリースされることは確実のようです。

発売時期は???

アメリカのApple専門情報サイト(Macworld)によると、次期MacBookProはiPhoneの新型モデル発表の直後である9月末~10月頭あたりでの発表がもっとも有力な説だそう。

まとめ

秋には新型iPhone、新型MacBookProと立て続けにAppleの新商品の発表が続く予想ですが、マイナーチェンジのiPhoneに比べるとMacBookProは大幅なモデルチェンジが多く、Appleファンにとっても魅力的に映るのではないでしょうか。

iPhoneの買い替えを見送る人はMacBookProの購入を検討するのもありかもしれません。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎新型Macbook Pro2016の発売日はいつ?ここが凄い新機能5連発!
▶︎Macbook pro retina 13と15インチの持ち運びをレビューしてみた!
▶︎Macbook ProとAirでスペック機能の違いを比較!どっちがおすすめ?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す