Macbook pro/airのバッテリーが膨張して熱い時の対処方法とは?

この記事は約 3 分で読むことができます。

 Macbookはとても魅力的ですが、避けては通れないのがバッテリーの劣化問題です。時にはバッテリーが膨張して本体がパックリ割れたりすることも。バッテリー周辺の発熱が気になる方もいるのでは?バッテリーが膨張・発熱する問題について、調べてみました!

macbook 膨張

Macbookのようなモバイル端末を使うには、必ず充電しなければいけません。

けれど、充電することでバッテリーが膨張する・発熱するとなると、困りものですよね。

バッテリーの発熱は抑えられるものなんでしょうか?

そして、膨張しない使い方はあるのでしょうか?

Sponsored Links


MACBOOK PRO/AIRのバッテリーが膨張した!

boutyuo

Macbookを使い続けていると、ある日突然、本体の底に違和感が。

よく見てみると、本体が膨らんでしまって、タイプした時にガタガタしてしまう!

そんな事例が複数確認されています。

また、同様の現象はiPhoneなど他のデバイスでも発生している様子です。

【注意】知らないと危険!iPhoneが熱い3つの原因と対策方法とは?

こうなってしまうと使うにも不便ですし、膨張しすぎるとトラックパッドに裏側から圧力がかかり、うまく押せない状態に。

バッテリーの交換時期

電池

これはもう、バッテリーの交換修理が必要です。

Macbook Air/Proなどで使用されているバッテリーはリチウムポリマー充電池と呼ばれるもの。

膨張するのは爆発を回避するためなので、いつか破裂する?やばい?という心配は、あまり必要なさそうです。

確かに、バッテリーが膨らめば、内部の圧力上昇は抑えられますからね。

どうしてバッテリーが膨張・発熱するの?原因と対処法!

 macbookbotyo

では、どうしてリチウムポリマー充電池は膨張して、発熱してしまうんでしょう?

Apple Storeの方に教わると、普段の使い方に深い関係があることがわかってきました。

バッテリーが発熱・膨張する原因

1.過充電

そもそもリチウムポリマー充電池では、充電のために電荷をかけることで、プラス極、マイナス極の電極に大きな負荷がかかります。

特に過充電を行うと、電池内部で熱を生じながら構造が少しずつ壊れていったり、液体を生じて膨張しやすくなるんだそう。

つまり、バッテリーが100%まで充電されてもなお電源ケーブルをつなぎっぱなしにすることが原因だったわけです!

2.ケーブルを繋いだまま使用

また、電源ケーブルにつないだまま使用するのも、バッテリーが100%充電のまま通電する行為にあたるので、バッテリーの寿命を縮めてしまいます。

バッテリーを発熱・膨張させないための対策とは?

私たちにできる対策としては、過充電を行わないことに尽きます。

100%まで充電したらMagSafeを外しておくだけでも違うでしょう。また、電源につなぎながら使わないようにすることも大切です。

また、20℃くらいの室温で適正に動作するように設計されているそうなので、暑すぎる環境もダメージになるおそれが。

夏場、外出先での使用には気をつけましょう。

それでもバッテリーが膨張してしまったら?

バッテリーの膨張は経年劣化なので、完全に避けられるものではありません。

Apple Storeに持ち込めば、バッテリーを交換修理してくれますよ。

保証期間経過後は、有料での修理となります。

まとめ

いかがでしたか?

Macbookと長く付き合うためには、劣化トラブルのもとになりやすいバッテリーとうまく付き合うことが秘訣と言えそうです。

酷使しすぎず、いたわってあげると長持ちするのは、コンピューターも同じなんですね。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す