自分のツイートの検索方法解説!ツイート検索ツールも紹介します!

近年SNSが発展しており、自身の思いや考えなどを簡単に投稿することができるようになりました。その中でも多くの人が活用しているのがtwitterです。今回はtwitterで過去の自分のツイートを検索する方法を紹介していきます。

過去の自分のツイートは検索コマンドを使って検索できる

twitterでは過去の自分のツイートを検索する際に、コマンドを使うことで簡単に行うことができます。twitterもプログラムコードを使って作られたアプリケーションです。そのため検索するときもコマンドを使うことで容易にできるのです。

これは演算子で設定されているため、特殊なコマンドを入力する必要はありません。自分のツイートを検索する際に検索用の演算を入力することで自分のツイートやキーワードで様々な設定で検索することができます。

検索する際には「filter」や「from」などの演算を活用します。「from」を活用することで自分のツイートを探せます。「filter」を活用することでキーワード指定をして検索することができます。

自分のツイート検索は「from:アカウント名」

twitterで自分のツイートを検索する際に使用するコマンドは「from」です。「from」を使用することで過去の自分のツイートを探し表示することができます。「from:アカウント名」とすることで自分のツイートを検索できます。

twitterで自分のツイートを検索する際にアカウント名が「@アカウント名」という形になっています。「from:@アカウント名」では検索できないため、「from:アカウント名」のように@を外した形で検索します。

ここで注意が必要なのが、検索できるのは消去されていないアカウントのみです。消去されてしまった自分のツイートに関しては検索することはできない仕様です。。また鍵付きアカウントも同様です。鍵付きアカウントを検索してもツイートそのものを見ることはできません。

特定のキー

過去の自分のツイートを検索する以外のコマンドも存在します。これは「and」や「or」などのコマンドも存在します。例えば「and」の場合は2つ以上の指定したキーワードを含むツイートを検索することができます。

「or」では2つ以上のキーワードのうち一つでも含まれたいるツイートを検索することができます。「from」などと合わせることで自分のツイートからあるキーワードが含まれているツイートのみを検索することができます。

しかしこの「and」や「or」などを使っても鍵付きアカウントの検索に関してはキーワード検索を用いてもツイートを閲覧することはできない仕様になっています。鍵付きアカウントに関してはフォローする必要があります。

日付を指定したい時は「since:年-月-日」「until:年-月-日 」

キーワード検索以外にも日付指定をしてツイートを検索することができます。日付で自分のツイートを検索する際は「since:」や「utile:」を使用することでその日付でツイートした自分のツイートを検索することができます。

since:」や「utile:」の使い方は「from」でアカウント名検索と合わせて、「from:アカウント名 since:年-月-日 utile:年-月-日」という様に使うことで指定した期間の範囲内の自分のツイートを検索することができます。

この「since:」や「utile:」はキーワード検索することができない場合に活用することで期間を絞って自分のツイートを検索をすることができます。「since:」や「utile:」も鍵付きアカウントに関してはツイートを閲覧することはできません。鍵付きアカウントに関しては基本的にフォローすることでのみ閲覧できるようになります。

写真や動画は「filter:images」「filter:videos」

キーワード検索や日付検索以外にもtwitterで自分のツイートを検索する方法があります。「filter:images」や「filter:videos」で検索することで写真や動画が入った自分のツイートを検索することができます。

「from:アカウント名」と「filter:images」組み合わせて使用することで写真入りの自分のツイートを絞って検索することができます。また「filter:videos」を使用することで動画を挿入している自分のツイートを検索することができます。

このように動画や画像が入っている自分のツイートを検索するのも「filter:images」や「filter:videos」のコマンドを使うことで容易に行うことができます。この方法も鍵付きアカウントに関しては検索することができない仕様になっています。

リンク付きツイートの指定もできる

twitterで自分のツイートを検索する際に、キーワード検索や日付以外で検索する際にURLなどのリンク付きのツイートで検索するという方法です。ツイートをする際にはリンクを埋めこむことが可能になっています。

自分のツイートを探す際に、このURLの有無で検索することができます。検索方法は「filter」コマンドを使用することで検索することができます。「filter:links」と入力することでリンク付きのツイートが表示されます。

自分のツイートからリンク付きのものを探す際には、「from:アカウント名 filter:links」とコマンドを入力することで自分のツイートからリンク付きのものを検索することができます。

twitter「高度な検索」機能で簡単にコマンド検索

関連する記事