iPhone XR フィルムおすすめ7選【2020年最新版】

スポンサーリンク

iPhone XR用のおすすめ保護フィルムを8点ご紹介します。カラーも豊富で人気の機種ですが、デザイン上凸面が少なく手から滑り落ちるなんてことも。そこでiPhone XR用のフィルムの選び方とおすすめフィルムをご紹介します。

iPhone-XR-おすすめ

iPhone XR フィルムを使うメリット

iPhone XRは6.1インチとサイズが大きいので、落下させてしまったり、傷を付けてしまう可能性が高いです。そんな万が一から守ってくれるのがフィルムです。

iPhone XRの画面が割れてバキバキに!修理代金はいくら?

iPhone XRの画面が割れて万が一割れてしまった場合、画面修理にかかる費用は「AppleCare+」に加入しているかで変わってきます。

「AppleCare+」に未加入の場合だと画面修理費用は21,800 円と高くついてしまいます。「AppleCare+」に加入している場合だと3,400 円と安く修理することが可能です。なので「AppleCare+」には事前に加入しておくことをおすすめします。


iPhone XR フィルムの種類とメリット・デメリット

ここからは、「ガラスフィルムタイプ」と「保護フィルムタイプ」の2種類のメリット・デメリットについて解説していきます。

ガラスフィルムタイプ

ガラスタイプのメリットは一般的な保護フィルムに比べて厚みがあり、硬く傷や衝撃に強く、フィルムを貼る際も気泡が入りにくく綺麗に貼れます。

デメリットは保護フィルムタイプに比べて価格が高くなってしまうことがあります。

保護フィルム(TPUなど)タイプ

保護フィルムタイプのメリットはガラスフィルムタイプに比べて安く手に入るところです。最近では100円ショップなどでも安く手にいれることができます。

デメリットは衝撃に弱く本体画面が割れやすい、フィルムが柔らかいため貼りにくいところです。

iPhone XR フィルムまとめ表

ここでは「ガラスフィルムタイプ」と「保護フィルムタイプ」の2種類のメリット・デメリットをわかりやすく表にまとめてみました。

ガラスタイプ
メリット傷がつきにくい
割れにくい
貼りやすい
デメリット価格が高い

 

フィルムタイプ
メリット安く手に入る
気軽に交換できる
デメリット衝撃によわい
貼りにくい

 


iPhone XR フィルムの選び方

ここまで「ガラスフィルムタイプ」と「保護フィルムタイプ」の特徴について紹介してきましたが、結果的には、「ガラスフィルムタイプ」がおすすめです。

またガラスフィルムを装着していれば、万が一落としてしまった場合でもガラスフィルムが代わりに衝撃を受け止めてくれるので本体画面が割れてしまう可能性を低くできます。

硬さはH9以上なら傷もつきにくい

ガラスフィルムを探していると、頻繁に「9H」などを見かけると思います。「9H」とは「表面硬度」を意味していてJIS※が定めたフィルムの硬度を数字で表した規格のことです。

また一般的な保護フィルムの表面硬度がH3〜H4なので9Hはかなり高い表面硬度です。なのでiPhoneの液晶画面を傷つけたくない方は表面硬度9H以上のものを選びましょう。

※日本工業標準調査会

貼るときに気泡が心配ならガラスフィルム一択

ガラスフィルムは硬く、分厚いフィルムなので、柔らかいフィルムに比べて気泡が入りにくいです。

また、最近では「ガイド枠」がついてくるので、誰でも簡単に綺麗にフィルムを貼ることができます。

「厚さ」に注意しないとお気に入りのケースが使えない!?

ガラスフィルムの場合だと、フィルム自体の厚みによってケースと干渉してしまう場合も。

そのため最近では、ケースとの干渉を考慮してガラスフィルムが作られているものもたくさん出てきています。

ガラスフィルムを購入する際は、ケースとの干渉しないものを選ぶようにしましょう。

さらさらとした手触りなら「アンチグレア」を!

アンチグレアとは、フィルム表面がさらさらしており、光の反射のないマット加工されたフィルムのことを指します。

スワイプ操作を滑らかににしたい方や、iPhoneでゲームを頻繁にされる方におすすめの機能です。

疲れ目が心配なら「ブルーライトカット」

最近ではiPhone自体の機能で、目の疲れを軽減することができますが、一番手っ取り早いのはブルーライトカット付きのフィルムを使うことです。

iPhone以外の液晶画面を見る時間がどうしても長くなってしまう方にはブルーライトカット付きのフィルムをおすすめいたします。

電車の中でも使うなら「覗き見防止」はほしいところ

仕事の重要な情報などをiPhoneでも扱っている方やプライバシーの保護を気にされている方には、覗き見防止機能付きのフィルムを選ぶことをおすすめします。


iPhone XR フィルム:ガラスフィルムタイプおすすめベスト7選

ここからはiPhone XRのおすすめガラスフィルムを紹介していきます。

OAproda 【ケースに干渉しない】

このガラスフィルムは表面硬度は9Hで安心です。またケースとの干渉がしにくい作りになっているので、iPhoneの液晶画面をしっかりと守りたい方におすすめのガラスフィルムになります。

その他にも、指紋付着防止や飛散防止などもついているので汚れや、割れてしまった時でも、安心して使用することができます。

吉川優品 【アンチグレア】

このガラスフィルムは表面硬度は9Hでアンチグレアガラスフィルムとなっています。なのでさらさらとした手触りで、滑らかな操作を行うことが可能です。

また3ヶ月間の品質保証がついてくるので初期不良などの問題が起こってしまった場合でも安心です。

Nimaso 【ブルーライトカット】

こちらのガラスフィルムは安心の表面硬度9Hに加えて、目の疲れを低減するブルーライトカットがついています。

なので目が疲れやすい方やiPhoneを長時間使用する方にはおすすめのフィルムです。

Nimaso 【3枚セット】

このガラスフィルムは他のガラスフィルムと値段はさほど変わらないのにもかかわらず、「3枚入り」ととてもお得なガラスフィルムです。

また、ちゃんと表面硬度は9Hなので強度にも問題はなく使えるので安心です。

EURPMASK 【背面フィルムセット】

このガラスフィルムは液晶画面用のフィルムだけではなく背面用のフィルムもついてくるので、iPhoneをそのままの持ち味で使いたい方におすすめのフィルムです。

表面硬度も安心の9Hなので強度に問題はありません。また、高い透明度を誇るフィルムなので鮮やかな色をそのまま楽しめるので、ゲームや映画をたくさん楽しみたい方にもおすすめです。

ESR 【高い透明度】

このガラスフィルムはiPhoneのHD高精細をそのままで表面硬度9Hでしっかりと液晶画面を守ってくれるフィルムとなっています。

また、厚さが0.26mmと薄いのでガラスフィルムを貼ってる感がなく、画面上の操作がスムーズに行えます。

ELTD 【低コスト】

このガラスフィルムは他のガラスフィルムと同様に表面硬度が9Hで価格が600円ととてもコスパのいいガラスフィルムになります。

そのためガラスフィルムを試してみたい方や、頻繁にフィルムを交換したい方におすすめのフィルムです。




まとめ

いかがだったでしょうか、今回はiPhone XRのフィルムをご紹介しました。最近では様々なメーカー・ブランドからフィルムが出てきているのでなのを選べばいいか難しいと思います。

この記事では皆さんのiPhone XRのフィルム選びの手助けとなれば嬉しいです。