【2021年最新版】iPhone XR フィルム人気おすすめ7選!

iPhone XR用のおすすめ保護フィルムを8点ご紹介します。カラーも豊富で人気の機種ですが、デザイン上凸面が少なく手から滑り落ちるなんてことも。そこでiPhone XR用のフィルムの選び方とおすすめフィルムをご紹介します。

iPhone XR フィルムを使うメリット

iPhone XRは6.1インチとサイズが大きいので、落下させてしまったり、傷を付けてしまう可能性が高いです。そんな万が一から守ってくれるのがフィルムです。

iPhone XRの画面が割れてバキバキに!修理代金はいくら?

iPhone XRの画面が割れて万が一割れてしまった場合、画面修理にかかる費用は「AppleCare+」に加入しているかで変わってきます。

「AppleCare+」に未加入の場合だと画面修理費用は21,800 円と高くついてしまいます。「AppleCare+」に加入している場合だと3,400 円と安く修理することが可能です。なので「AppleCare+」には事前に加入しておくことをおすすめします。

iPhone XR フィルムの種類とメリット・デメリット

ここからは、「ガラスフィルムタイプ」と「保護フィルムタイプ」の2種類のメリット・デメリットについて解説していきます。

ガラスフィルムタイプ

ガラスタイプのメリットは一般的な保護フィルムに比べて厚みがあり、硬く傷や衝撃に強く、フィルムを貼る際も気泡が入りにくく綺麗に貼れます。

デメリットは保護フィルムタイプに比べて価格が高くなってしまうことがあります。

保護フィルム(TPUなど)タイプ

保護フィルムタイプのメリットはガラスフィルムタイプに比べて安く手に入るところです。最近では100円ショップなどでも安く手にいれることができます。

デメリットは衝撃に弱く本体画面が割れやすい、フィルムが柔らかいため貼りにくいところです。

iPhone XR フィルムまとめ表

ここでは「ガラスフィルムタイプ」と「保護フィルムタイプ」の2種類のメリット・デメリットをわかりやすく表にまとめてみました。

ガラスタイプ
メリット傷がつきにくい
割れにくい
貼りやすい
デメリット価格が高い

 

フィルムタイプ
メリット安く手に入る
気軽に交換できる
デメリット衝撃によわい
貼りにくい

 

iPhone XR フィルムの選び方