Kindleのおすすめ11選。人気モデルを比較!

読書は、日常に彩りを与えてくれます。
普段気が付かなかった些細なことに気づかせてくれたり、新しい知見をもたらしたりもしてくれます。
小説や随筆、ビジネス本や漫画など、その種類は多岐に渡ります。
本と言っても、パラパラとめくることができる紙媒体だけではありません。
電子書籍も今や当たり前のように普及してきて、電子媒体での読者も増えてきています。
今回は紙媒体の本を読んでいたが電子書籍にも興味があるという方に向けて、多くの電子書籍を取り扱うKindle端末のご紹介をしていきます!

kindle おすすめ

 

Kindleとは?

kindle アイコン

Kindleとは、Amazonが展開する電子書籍や電子書籍リーダー、関連アプリなどをまとめたサービス全般のことを指します。そうした電子書籍サービスを閲覧することができるKindle端末は、2010年頃から販売を開始し始めました。その後Kindle端末は世界中に広がり、端末一台あればどんな書籍でも大抵のものであれば電子書籍で読める時代になりました。
専用のソフトウェアやアプリをインストールすると、スマホやPCといった別デバイスでも見ることができます。
端末として独自の進化を遂げたKindleですが、プラットフォームを絞らないことで高いユーザビリティはそのままに、幅広い扱いができる端末となりました。

Kindle端末の特徴

kindle 端末 特徴

Kindle端末の特徴を見ていきます。

目に優しく、疲れにくい

Kindle端末は、電子書籍に特化した端末です。
そのため、長時間使用していても目の疲れを最低限に抑えられるように設計されています。Kindle端末には、E-Ink(電子インク)と呼ばれる光を反射しにくいディスプレイが搭載されています。
そのためどのような環境でも光の影響を受けにくく、紙のような質感で読むことができます。また、スマホやその他のタブレット端末に使われているバックライトは使用せずにフロントライトを採用しているのも大きな特徴です。
このフロントライトは強い光やブルーライトを発しません。そのため長時間使用でも、目の疲れを感じることなく使用できるというメリットがあります。
こうした特性から、Kindle端末は目に優しい端末だと言えます。

軽くて持ち運びやすい

端末自体が非常に軽いのもKindle端末の特徴の一つです。
Kindle端末は174~194gの重さしかないので、持ち運びの面でも非常に重宝します。
移動時間やお出かけ先でも、Kindleなら端末なので片手で操作することができ厚さも薄いので、バッグの中に楽に収納することができてとてもかさばらないのでそうした意味でも非常に便利です。
普通の単行本の重さが150g~200gはあり、重くても200gの端末の中に数千冊の本を保存できるというメリットを考えると、それだけでも十分に価値のある端末だと言えます。

バッテリーが長持ちする

Kindle端末の特徴の1つとして、バッテリーが非常に長持ちするという点があります。
この端末は基本的に電子書籍を読むためのものとして特化したものになりますので、ページをめくるという操作が主なものになります。その操作はそれほど電力を消費するものではありませんので、電池がかなり長持ちするというカラクリがあります。
充電を頻繁にしなくても使えるというのは、大きなメリットです。

Kindleの選び方

kindle 選び方

Kindle端末の選び方について解説していきます。

容量で選ぶ

Kindle端末の選び方の基準として、容量で選ぶという選び方もあります。

端末名容量
Kindle4GB
Kindle paperwhite

Kindle Oasis

8GB/32GB

4GBは多いのか少ないのか分からないという方に解説させていただきますと、一般的な書籍の容量であれば4GBは数千冊を保存できるストレージ容量サイズになります。
そのため、4GBでも活字の本を読む用途では不足することはありません。
ですが漫画はファイルサイズが大きく、8GBで約130冊、32GBで約650冊の保存効率になります。
したがって漫画など大容量の書籍を読みたいという方には、Kndle端末の容量も大きいものをおすすめします。
この様に保存できる容量には限度がありますが、購入した本はクラウド上にデータとして残っており、端末から削除しても購入したAmazonアカウントを覚えていれば再ダウンロードできるものになりますので、容量で悩んでいるという方は日常使っていて不便を感じない程度の容量で決めても問題ないと思います。

画面サイズ、解像度で選ぶ

画面の大きさや解像度も、各モデルによって異なります。
画面サイズは6インチと7インチ、解像度は167ppi・300ppiの2種類からお選びいただけます。
解像度が高いほど活字の文字が小さくても潰れることなく、快適に読めるようになります。活字の書籍に文字の大きさの違いはそこまでありませんが、漫画などの文字の大きさが一定でない書籍に関しては、画面が大きく解像度の高いモデルが適しています。
ご自身の使用用途に合わせて、端末のサイズと解像度を選ぶようにしてみて下さい。

接続方法で選ぶ

電子書籍端末へのダウンロードは、「Wi-Fi」または「3G/4G回線」で接続して行います。
Kndleに関しては「Wi-Fi」接続のみになりますが、Kindle Paterwhiteは「Wi-Fi+4G」、Kindle Oasisは「Wi-Fi+3Gモデル」を選択することもできる仕様になります。
この場合の3G/4G回線の回線利用料金はAmazonが負担しているため、別途に回線料金がかかることなく快適に端末を使用できるのは大きな魅力です。
自宅での使用だけでなく、外出先でも使用して書籍をダウンロードしたいという方やWi-Fiのルータを別途購入しなければならない方などには回線に端末代だけで接続できるモデルは特におすすめです。

広告のあるなしで選ぶ

Kindle端末は電子書籍に特化している端末のため、スマホやその他のタブレット端末と比較してもお安い値段設定になっています。
安い端末には広告が入ります。広告が入ってくるため、その分お安く手に入れることができますが、広告ありの端末となしの端末とで値段差にそこまでの大きな開きがある訳でもありません。
どちらを買おうか迷っている方には広告なしの端末をおすすめします。広告があるのとないのとでは、読書する上で大切な没入感に関わってくるからです。
読書でこの没入感を損ねたくないという方には、広告なしの端末を選んで間違いないと思います。

Kindle端末のおすすめ

Kindle端末をご紹介していきます。

Kindle


定番の、Kindle端末です。
広告ありで約9000円、広告なしでも約10000円と、Kindle端末の中で最も価格の安いモデルです。
光を反射しにくい6インチE-Inkとディスプレイを搭載していて、まるで紙の本を読んでいるかのような感覚で読書を楽しむことができます。
また、一番安い価格帯の端末ながら従来機種では上位機種にしか搭載されていなかったフロントライトも端末に備え付けられています。これにより、室内や暗い場所でもより快適に読書を楽しむことができます。
ストレージ容量は4GBのみのモデルです。前述の通り4GBで一般的な書籍であれば数千冊の書籍を保存することができる仕様になっているので、4GBの容量でも十二分に電子書籍を楽しめるようになっています。
こちらの端末は「Wi-Fi」に対応したモデルのため、書籍のダウンロードをするにはWi-Fi環境が必要不可欠になりますので、そちらは注意する必要があります。
〇こんな方におすすめ

  • より安くKindle端末を手に入れたい
  • 電子書籍を手軽に楽しみたい

Kindle Paperwhite


こちらはKindleの上位互換モデルで、Kindleと同じサイズ感で300ppiの高解像度ディスプレイを搭載したモデルになります。ディスプレイ解像度が上がることで、小さい文字でもはっきりと文字が潰れることなく見ることができます。その他にもフロントライトの自動調節機能が備えられているため、明るい場所や暗い場所に関係なく画面の明るさを自動調節して見やすくしてくれます。
基本機能として防水仕様にもなっているので、更に場所を選ばない形でお使いいただけるのも大きな魅力です。
〇こんな方におすすめ

  • 電子書籍で漫画や雑誌も楽しみたい
  • 高解像度で電子書籍を読みたい
  • 大きな容量のものが欲しい

Kindle Oasis

こちらは、Kindle端末最大サイズのモデルです。一番大きな7インチE-Inkディスプレイを搭載しており、画面幅が大きくなることで漫画の見開きが見やすくなるなどのメリットもあります。加えてページを高速でめくることができる「快速ページターン」と、ページを飛ばすことができる「連続ページターン」機能も備え付けられていて、紙媒体の本のように読みたいページまで飛ばすこともできてしまいます。電子書籍端末においてこれができることは大きな魅力です。
グリップ部分も握りやすく大きくデザインされていて、グリップに設置されたボタンから片手のままでページをめくることもできてしまいます。
接続方法に関して「Wi-Fi+無料4G」モデルも選択することができて、Wi-Fi環境のない中でも場所を選ぶことなく書籍をダウンロードすることができます。その場合4G回線を使用する際の料金は一切かかりません。
こちらのモデルも防水仕様なので、水に濡れるのを気にすることなくお使いいただくことができます。
〇こんな方におすすめ

  • 本格的に電子書籍を楽しみたい
  • 漫画を幅の制限を感じることなく読みたい
  • ページを高速でめくったり読み飛ばしたりしたい

Kindleケースのおすすめ

Kindle端末を使用するに当たり、スマホと同様にカバーケースを考えていくことは重要です。うっかり落としてしまったり、防水と過信して浸水させてしまうなんてことも起こり得ます。念には念をで、Kindle端末にもカバーをつけることを強くおすすめします。
Kindle Paperwhiteのサイズに合わせたケースが最も多いため、そちらの端末で使用できるカバーケースを主立ってご紹介していきます。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー


こちらはKindle Paperwhite用に作られたレザー仕様のカバーです。
Amazonが設計した最薄で最軽量のカバーとなっているため、装着時の違和感をそこまで強く感じることなくお使いいただけるカバーケースです。
カバーの開閉によって起動・スリープが可能な使用のため、本を読む時のように開けて、読み終わったら閉じることができます。
Amazonが自社の製品に沿うように設計したカバーになりますので、迷ったらこちらをおすすめします。
〇こんな方におすすめ

  • 純正品のケースが欲しい
  • 多くのカラーラインナップの中から選びたい
  • しっかりとしたカバーケースが欲しい

WALNEW AMAZON Kindle Paperwhite第十世代カバー ケース

こちらはKindle Paperwhiteの最新機種にも対応した、スタンド機能付きのカバーケースです。
グレーを基調としたカラーと落ち着きのあるツートンカラー仕様のカバーケースで、高級感のあるPUレザーカバーケースです。PUレザーに加えてマイクロファイバーも材料として加えているため、心地良い手触りが特徴です。
特徴としてはスマホケースのようにスタンド機能が備わっているところで、ハンズフリーで読書をすることもできてしまいます。
こちらもマグネット機能がついていてカバーを開けば本体を起動、閉じたらスリープできる仕様になっているので、ストレスなく電子書籍を読むことができます。
他にもペン挿しやカードなどの収納スペースも備えているので、多機能なカバーケースが欲しい方におすすめしたい製品です。
〇こんな方におすすめ

  • 高級感のあるケースが欲しい
  • スタンドで立てて本を読みたい
  • 多機能なカバーケースが欲しい

Infiland Kindle paperwhite 第10世代 ケース Kindle paperwhite

こちらは、Kindle Paperwhite用のカバーケースです。
上質なPUレザーを使用しており、Kindle端末本体をしっかりと衝撃から守ってくれます。防水性や耐久性にも優れていて、表面は高品質のPUレザーで裏面は柔らかいマイクロファイバー素材が採用されているために手触りも良くて、使用感も抜群です。
しっかりと四隅もほごしてくれるため、不意に落としてしまった時なども四隅に衝撃が加わる事なく埃などのごみも入らなくて破損する心配がありません。
〇こんな方におすすめ

  • 上質な素材感のケースが欲しい
  • 四隅までしっかりと保護できるケースを探している
  • 手に馴染みやすいケースを探している

Kindle Oasis (第9世代、第10世代)用 Amazon純正 ファブリックカバー

こちらは、Kindle Oasis用に作られたカバーケースです。
Amazon純正品のケースで、安定した使用感でお使いいただけるカバーケースです。薄くて軽い素材で作られているので、本体に装着しても重さや煩わしさを感じることなく電子書籍での読書を楽しむことができます。
カバーケース自体が水濡れに強い特性を持っているので、効果的に本体を保護してくれます。こちらもマグネットでのオートスリープ機能に対応しているので、普通の本と同じように扱うことができます。
Kindle Oasis純正品ケースになりますので、Kindle Oasisで快適な読書を楽しみたいという方におすすめです。
〇こんな方におすすめ

  • 純正品のケースを探している
  • Kindle Oasisの快適さを損ねないケースが欲しい
  • 水に強い仕様のカバーケースが欲しい

Kindle保護フィルムのおすすめ

Kindle画面は液晶画面と違った質感で作られているため、ヒビ割れなどの破損で画面が見れなくなってしまいます。そこが液晶画面とは違うところで、少しの破損も許されない端末です。
カバーケースで保護するという手段もありますが、もちろんKindle用の保護フィルムも販売されていますので、フィルムを貼って画面を守ることもできます。
カバーケースに合わせて、こちらもご紹介していこうと思います。

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 保護フィルム

こちらはAmazon Choiceで選ばれている保護フィルムです。
Amazon Choiceは明確な指標にはなりませんが、Amazonのアルゴリズムで選ばれた製品なので、ある程度信頼のできる製品が選ばれる仕様になっています。こちらの製品はレビューも高く、多くのユーザーから評価されている製品なのでおすすめです。
気泡が入りにくい加工になっており、フッ素コーティングが施されていてこれにより撥水性・防水性を高めた心地よい指触りの使用感を実現してくれます。
またKindle端末において重要なディスプレイ反射の軽減加工も施されているため、本体の使用感を損ねることなく使用できるのも大きなメリットです。
〇製品の特徴

  • 評価の高い保護フィルム
  • 撥水・防水仕様
  • 反射防止

エレコム Kindle Paperwhite 第10世代 保護フィルム

こちらは、エレコムが出している保護フィルムです。
紙のような触り心地で、限りなく紙に近い触り心地を実現しています。
本体のディスプレイ画面の見た目を損ねないようにデザインされていて、フィルムを貼ったとしてもそれがほとんどわからないようなレベルまで画面に溶け込んでくれます。
1製品につきフィルムが2枚入っているので、もし失敗したとしても貼り直すことができます。フィルムを貼ってからの時間の経過とともに気泡が目立たなくなる特殊吸着層を採用しており、貼った当初に気泡が入ってしまっても、時間が経てば目立たなくなってくる仕様です。
〇製品の特徴

  • 紙のような触り心地
  • 気泡が目立たなくなるエアレス仕様

PDA工房 Kindle Paperwhite (第10世代・2018年11月発売モデル) Perfect Shield

こちらは、抜群の滑りやすさを誇る保護フィルムです。
触り心地もさらさらしていて、指に引っ掛かりを感じることなく操作できるのが特徴です。貼り付けるときに気泡が入りにくい仕様になっていて、こちらも時間経過によって気泡が消えるようになっています。
防汚加工が施されていて、それにより指紋や汚れを抑えられるようになっています。
そうした指紋なども落としやすいため、いつでも気持ちよくお使いいただけます。
ガラスフィルムよりも本体に馴染んで使用できるので、こちらの製品もおすすめです。
〇製品の特徴

  • 滑りやすいさらさらした質感
  • 時間の経過によって気泡が分散される仕様
  • 防汚加工で指紋、汚れがつきにくい