新しいiPhoneを買ったら絶対必須!AnyTransがオススメ!

この記事は約 8 分で読むことができます。

先日Apple Special Eventsにて、待望のiPhone8とiPhoneXが登場しました。これまでiPhoneを使っていたユーザーや、これからiPhoneに乗り換えようと思っていたユーザーなど、多くの人がこれからのスマホの選択肢にiPhoneを取り入れるようになったのではないでしょうか。最近のiPhoneは従来のiPhoneと比べ、コンテンツも多様化し、iPhoneXの充電の仕方などに見られる通り、管理の仕方も刷新されるようになりました。

図1

確かに時代を先駆していて、素晴らしい感じにも見えますが、逆に従来のiPhoneユーザーでさえも戸惑いを覚えるところでしょう。

一方でこれからiPhoneに乗り換えようと考えているAndroidユーザーはさらに戸惑うことが予想されます。

確かにAppleやその他多くのメディアが述べている通り、iPhoneは説明書なしで直感的に扱えます。しかしながら、その管理には十分注意が必要となります。

直感的に扱えるあまり、バックアップなどの管理をおろそかにしてしまい、いざ復元や修理となるとデータが消えてしまうというのはよく聞く話です。

またiPhoneは、Androidに比べユーザーによるシステム開発にあまり積極的ではありません。つまり、どんなに便利なシステムやアプリを開発してもAppleがそれを良しとしない限りは使用することができません。その最たる例として、YouTubeなどのサイトの動画や音楽をミュージックアプリに取り入れるにはかなりの手間がかかることが挙げられます。

以上のように、新規のiPhoneユーザーだけでなく既存のiPhoneユーザーでさえもデータ管理や音楽データの導入に苦労することは明らかと言えます。

そこで今回AnyTransをご紹介させていただきます。この製品の魅力を知った後、どれほどこのツールが優れていて、どれほど必要なツールなのか実感していただけることでしょう。

《製品の特徴》

新しいiPhoneを手に入れたとき、あなたはまず何をしますか?多くの人はここで以前のスマホやiPhoneからデータを引っ越しさせることかと思います。

しかし、この引っ越しの作業が未だに大変めんどくさいのがApple。 引っ越すデータごとに転送方法が異なったり、Googleなどのアカウントを登録しなければならないなど数多くの手間が存在しています。その手間をこなすのは大変疲れます。そして、このような時にちょっとしたミスや適当さのせいでデータが消えてしまいます。私自身、過去に何度もこのパターンでデータが消えました。

その手間を簡単にするどころか、一気に解消してくれるのがこのAnyTransのとても優れているところ。Androidであろうと古いiPhoneであろうと、ストレスフリーで新しいiPhoneにデータを引っ越すことができます。

実はそれだけではありません。現在iPhoneを管理する上でとても役立ってはいるものの、管理の仕方がいまいちわからないiCloudというものがあります。 

iCloudはApple ID1つに対し結びつけられるサービスのこと。データのバックアップや写真の保存などをWi-Fi経由で行ってくれるため大変便利です。

しかし、数多くの不便さや問題を残していることも忘れてはいけません。特に重大なのがデータの引っ越し。iCloudから別のiCloudにデータを移すということは普通できません。

ですが、そんな状況が起こりうるの?と思いませんか。

新しいiPhoneを買ったり、iCloudの無料ストレージ5GBを使いきった、などのような理由で複数のApple IDを持つ機会は多くあります。

しかし、前述した通り、1つのApple IDには1つのiCloudサービスしか結びつけられません。そのため、2つ以上のiCloudサービスを利用していて、必要なデータが以前登録していたiCloudに入っている場合、一度ログアウトし古いiCloudにログイン、そしてまたログアウトし、いまのiCloudにまたログインというとんでもなくめんどくさい手順を踏まなければなりません。前使っていたiCloudのこのデータだけいま使っているiCloudに楽に移動できたら・・・。

その要望を叶えてくれるのがAnyTransです。





《メリット・デメリット》

これまでの内容を読んでいただくとわかっていただけると思いますが、AnyTransは最高のデータ移行ツールです。しかし、データ移行ツールは他にもたくさん世に出回っています。ここではAnyTransならではの機能についてご紹介させていただきます。

あなたが聴きたい音楽はどこにありますか?パソコンの音楽フォルダですか?Apple MusicやSpotifyのライブラリの中ですか?多くの人がこう答えると思います。YouTube。

いま現在、多くの動画や音楽がYouTubeには存在し、お気に入りのコンテンツを見つけることはそう難しいものではなくなりました。しかし問題は、そのコンテンツをどう楽しむか。例えば、あなたの好きな歌い手さんがいて、その歌をiPhoneのライブラリに入れていつでもどこでも、そして好きなプレイリストの中に入れて聴きたいとなったらどうしますか。

アプリやサイトなどでYouTubeのコンテンツを保存してくれるものは数多く存在しますが、iPhoneのライブラリに入れて、他のお気に入りの曲と一緒にプレイリストを作れるようにできるものはあまりありません。

しかし、このAnyTransはなんと、オンラインコンテンツをコンピューターから直接iOSデバイスにダウンロードすることが可能です。従来であれば、パソコンにYouTubeコンテンツをダウンロードし、それをiTunes経由でiPhoneに入れていました。YouTubeコンテンツをダウンロードするだけでも新しいツールなどをダウンロードしなくてはいけなかったので、かなりの手間がAnyTransで省けます。

ダウンロードの仕方もとても簡単で、該当コンテンツのURLをコピーアンドペーストするだけ!対応しているサイトもYouTubeだけでなくInstagramなどにも対応しています。
図2

一方デメリットについてですが、やはり多くの方が悩む価格。本来であればiTunesを使って管理します。それだけであれば料金はかからず、AnyTransのようなツールに新たに出費をするのは一見損をしているかのように思えてしまいます。

しかし、これまでに紹介した機能だけでなく、それ以外にも多くの機能を兼ね備え、かつ直感的に使うことのできるAnyTransがあればもうデータを失うことに怯えず、安全にデータ管理が行えます。これから先、重要なデータを失う機会が来なくなることを考えると、決して損はしない買い物だと思います。





 《操作手順》

まずは機種変更を多く経験しているiPhoneユーザー必見の、iPhoneからiPhoneへデータを引っ越す操作をご紹介します。

と言っても、とても直感的でわかりやすいのでご安心ください。

iPhoneからiPhoneにデータを移す際、クローン機能がとても役立ちます。

図3

このクローン機能は古いデバイスと新しいデバイスを同時にパソコンにつなげることで使用することができます。2つのデバイスをつなげると、データを読み込み、次のような画面に移ります。

図4

お気付きですか?引っ越しするデータを選べることはもちろんのこと、iPhoneのみならずそのほかのiOSデバイスにだって使えてしまうのです。そのため、iPhoneの中にある音楽をそのままiPadに移したいというわがままにだって答えられる優れものです。

それだけではありません。このAnyTransが純正のiTunesよりもはるかに優れている点があります。それは、転送先のiOSデバイスを初期化しなくてもデータを移行させることができるということ。

本来、iOSデバイスのデータをもう一方のiOSデバイスに移すとなると、移される側は初期化する必要があります。またこの時、iTunesで行えるのはデータの全移行のみ。部分的にデータを移すということはできません。

iCloudを使用すれば確かにこの問題は解決しそうです。しかしながら多くある問題として、複数のiOSデバイスにそれぞれのApple IDを設定していることが挙げられます。そうなるとiCloudアカウントも異なってしまいます。前述しましたが、現状複数のiCloudのデータを一つにまとめるということはできません。そのため2つのiOSデバイスがバラバラのApple IDを持っていて、かつ移したいデータがある場合、これまでは諦めるほかありませんでした。

このような問題が実際起こるのかという疑問はあるでしょうが、これはほんの一例であり、一方のiOSデバイスのデータをもう一方のiOSデバイスに移せないという状況は数多く存在します。初期化せず、場面も選ばず、2台同時に繋げるだけでデータを移すことができる。そんな素晴らしい機能を持っているのはおそらくAnyTransだけでしょう。

 ではこれからAndroidから華々しくiPhoneデビューを果たしたiPhone初心者ユーザー必見のAndroidからiPhoneへのデータの引越しについてご紹介していきたいと思います。こちらも先程と同様、複雑なことは何もありません。

メニューバー上のiOSのマークをクリックしてください。

図5

 

次に使っていたAndroidデバイスとiPhoneを同時に接続してください。するとこのような画面が表示されます。当然、先程と同様、iPhoneだけでなくiOSデバイスであればなんでも可能です。

図6

移行したいデータを選択します。個別でも一括でもデータを移行することができるのでどんなユーザーのニーズにも応えることができます。

信じられないかもしれませんが、毎回AndroidからiPhoneにデータを引っ越す際、重要なデータが消えてしまい、残念な思いをする人はとても多いです。こんなに簡単にできるのはAnyTransを使っているからこそ。複雑な手順や登録は何もありませんので、安心かつストレスフリーです。





《まとめ》

今回ご紹介した最高の管理ツールAnyTrans。他ツールではみられないような動画サイトからのダウンロード機能に加え、iTunesで行うデータ管理だけでは不安なAndroidからのデータ引越しやiCloud間のデータ移行など数多くのことをこなすことができます。

もちろん、他ツールにもあるバックアップ作成機能や修復機能などもありますので、管理ツールに悩んでいる方は是非チェックしてみてください。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す