iPhone

【iPhone】Appをインストールできない時の原因と対処法!

2020年2月17日

iPhone・iPad アプリがインストールできない時の対処方法を紹介。支払い請求で「 SMS 送信」になる場合や、容量不足でダウンロードできない、読み込みが終わらない・遅い・保留になるなどの事例+インストールできなくする設定も。

アプリがインストール・ダウンロードできない原因と対処

今回は、アプリがうまくインストール・ダウンロードできないという問題に直面している方のために、アプリがインストール・ダウンロードできない原因対処方法などについて解説していきます。

アプリをインストールできなくなった場合は、以下の項目を疑ってみましょう。

1) 機内モード ON・OFF

「ネット環境が整っている場所にいる」「通信制限にかかっているわけではない」のにアプリのインストールが上手くいかない場合には、電波状況の改善を試みましょう。

「機内モード」の ON・OFF 切り替えを行うことで、電波状況を改善できる可能性があります。

機内モードの切り替えをするだけで、アプリのインストールが通常通りに戻せるかもしれません。

2) ネットワーク設定のリセット

電波状況・通信状況に不具合が生じているために、アプリが正常にインストールできない状況が発生している可能性があります。

この状況を解消する方法として、 iPhone の「ネットワーク設定をリセットする」というものがあります。

ネットワーク設定のリセット

1) 「設定」→「一般」の順にタップする

2) 「リセット」をタップする

3) 「ネットワーク設定をリセット」をタップする

ネットワーク設定をリセットしても、 iPhone 内のデータが削除されることはありません

ただし、 Wi-Fi 設定や Bluetooth 設定を初めからやり直さなければいけなくなるので注意です。

3) 再起動

何らかの不具合が発生したら、とりあえず iPhone を「再起動」してみることはとても有効です。

アプリがインストール・ダウンロードできないという問題以外にも、再起動することで改善されるトラブルはたくさんあります。

4) OS のアップデート

共通項目の部分でも紹介しましたが、iOS のアップデートがある場合には、最新バージョンに OS をアップデートしてみましょう。

OS をアップデートすることで、アプリのインストールできない問題を改善できる可能性は高いです。

5) 空き容量の確保(写真の整理方法)

iPhone の空き容量が不十分の場合、アプリが正常にインストールできないケースがあります。

iPhone 内の写真を整理するなどして、アプリをインストールできるだけの十分な容量を確保しておきましょう。

写真を整理して iPhone の容量を確保したい方は、「 Google フォト」「 Dropbox 」などのクラウドサービスを利用してみましょう。

クラウド上に写真や動画を保存して、 iPhone 上から写真を削除することで、 iPhone 内の容量を確保できます。

[icon image="finger1-b"] 【iPhone/iPad】Dropboxの基本的な使い方と電話帳バックアップ方法!

6) Apple ID からサインアウト>再サインイン

次のページへ >