iPhoneでイコライザを使う!おすすめ設定とアプリの紹介

iPhoneで音楽を楽しむことは今や当たり前、どこにいても好きな音楽が聞けます。iPhoneにはイコライザ機能が搭載されていて、この機能を使えば高音質の音楽をが楽しめます。iPhoneのイコライザ機能の設定方法や、音楽別におすすめの設定を紹介します。

この記事の目次

iPhoneのイコライザ設定方法

イコライザの設定を変える方法について紹介します。設定画面がどこにあるのかがわかりにくいので、画像を見ながら手順通りに設定を行ってみてください。手順を覚えてしまえばすぐにイコライザの変更が出来るようになるので、いつでも自分好みの音楽が楽しめるようになります。

それではiPhoneのイコライザ設定変更のやり方です。はじめに設定のアプリをタップして起動させてください。黄色の四角で囲っているアプリです。

設定のアプリを開いて、次にミュージックをタップして開きます。下の方にあるかもしれませんが、スクロールして探せば必ず見つかります。

ミュージックをタップして開くと、サウンドに関連する設定が出てきます。その中にイコライザという項目があるのでイコライザをタップしてください。

イコライザ設定をしたことがない人はほとんど「オフ」と表示されているかと思います。イコライザをタップして設定の変更を行っていきます。

イコライザをタップして開くと様々なプリセットがあります。イコライザのプリセットな全部で23種類も用意されています。いつも聞いている音楽のジャンルに合われて最適なイコライザが選べます。ここからはプリセットは選べますが、細かいイコライザの設定は行うことが出来ません。

iPhoneイコライザおすすめ設定!重低音など音タイプ別に解説!

iPhoneのイコライザの中に音楽のジャンルの名前がそのままついたものがいくつかあります。もし、聞いている音楽がHIPHOPであれば、同じ名前のHipHopを選ぶのがおすすめです。他にも気分によってイコライザを変更すれば、いつもの音楽が違った雰囲気で楽しむことが出来ます。

 

 

音質の種類特徴
Acousticアコースティック向き
Bass  Booster低音の強調
Bass Reducer低音カット
Classicalクラシック音楽向け
Danceダンスミュージック向き
Deepディープサウンド向き
Electronic電子音楽向き
Flatフラットに設定
Hip Hopヒップホップ向き
Jazzジャズミミュージック向き
Late Night深夜向きの落ち着く音
Latinラテンミュージック向き
Loudness楽器音を重視
Loungeラウンジ向き
Pianoピアノ向き
Popポップス向き
R &BR &B向き
Rockロック向き
Small Speakers小型スピーカー向き
Spoken Wordボーカルがよく聞こえる
Treble Booster高音の強調
Treble Reducer高音域カット
Vocal Boosterボーカル重視

プリセットとイコライザの効果について簡単にまとめてみました。イコライザ設定の時に参考にしてみてください。

自分の聴くジャンルから選ぶ

聴く音楽のジャンルによってイコライザを使い分けると、より音楽を楽しむことができます。ジャンルにおすすめのイコライザに設定したり、どの音を強調するかによっても音楽の雰囲気が変わってきます。

強調したい音から選ぶ

iPhoneのイコライザを使えばどの音を強調したいかを選ぶことが出来ます。重低音を強調したり、楽器の音を強調したりと自分の聞きたいようにカスタマイズ出来るのはイコライザの魅力になります。

【強調したい音から選ぶ】①高音を強調する。

高音を強調したい時には「 Treble Booster」にイコライザを設定してみてください。高音が強調されて雰囲気が違って聞こえます。「Classical」は低音、高音がバランスよく強調されるのでこちらもおすすめです。

【強調したい音から選ぶ】②重低音を強調する

重低音を強調したい時には「Bass Booster」や「Dance」にイコライザを設定してみてください。重低音を楽しみながら音楽を聴くことが出来ます。高音もバランスよく聞きたい時は「Classical」もおすすめです。

【強調したい音から選ぶ】③ボーカルを強調する

「Vocal Booster」はボーカルを重視したイコライザなので、よりボーカルの声が聞きやすくなります。同じようなイコライザでは「Spoken Word」でもボーカルが聞こえやすくなります。気分やお好みで選んでください。

【強調したい音から選ぶ】④バランスよく強調する

どれかひとつを強調するのではなく、バランスよく強調するのにおすすめなのが「Classical」や「Pop」です。「Classical」は上記にもあるように高音と低音がバランスよく強調されるます。「Pop」は楽曲のボーカルを際立たせて聞きたい時や歌詞を聞き取りたい時に役立ちます。

音楽を聴く環境で選ぶ

どこでも音楽を楽しめるのがiPhoneの魅力ですが、音楽をどんな方法で聴くかによってもおすすめのイコライザがあります。AirPodsなどの人気のイヤホン、ヘッドホンやスピーカーで聴く際にぴったりなイコライザを紹介します。

【音楽を聴く環境で選ぶ】①イヤホンの場合

イヤホンで音楽を聴く時には「Treble Reducer」に設定すると、高音域の響きを軽減して疲れにくくしてくれます。低音域と中音域を強く感じさせることが出来るので音に厚みが増します。イコライザ設定前よりも音に広がりを持たせられます。

【音楽を聴く環境で選ぶ】②コンパクトスピーカーの場合

Bluetoothで簡単に接続できて、持ち運びも便利なスマートスピーカーは「Small Speakers」に設定するのがおすすめです。コンパクトスピーカーは低音域の迫力の物足りなさが弱みでしたが、イコライザを「Small Speakers」に設定することで、低音を強調することが出来ます。イコライザでスマートスピーカーの弱点が補えます。

【音楽を聴く環境で選ぶ】③ヘッドホン・スピーカーの場合

「Flat」はその名前の通り、周波数帯域全ての設定をフラットに設定したイコライザです。高性能のスピーカーやヘッドホンが本来持っている機能を生かすには、音楽をそのままの音域設定にして聴くのがおすすめです。

音楽を聴く場面で選ぶ

実はイコライザを設定するだけで、イヤホンをつけていても外から入ってくる雑音を軽減できたり、イヤホンやヘッドホンの音漏れを防ぐことができます。音漏れや雑音を気にしている方が多いのでぜひイコライザ設定をしてみてください。

①雑音が多い場所では「Hip Hop」

街中の大きなノイズ、電車やバスに乗って移動している時などは外の音や雑音が気になります。そのせいで音楽の低音が聞き取りにくくなります。これをマスキング効果というのですが、こんな時にはイコライザ設定を「Hip Hop」にしてみてください。「Hip Hop」に設定することで低音域から高音域までを全体に強調します。外の雑音と混ざっても音域のバランスが調和される為、聴こえやすくなります。

②夜寝る時は「Late Night」

音楽を聴きながら眠りにつきたい方におすすめなのが「Late Night」です。このイコライザに設定すると、曲の強弱などメリハリを抑えてくれます。眠る前に相応しい低音を抑えた優しく、穏やかな印象のセッティングとなっています。

③音漏れを気にする時も「Late Night」

夜寝る時以外でも、周囲への音漏れが気になる時にも「Late Night」の設定が役立ちます。音漏れしやすい低音域を抑えた設定になっているので、このイコライザ設定にするだけでマナーを守りながら自分の音楽が楽しめます。

無料で使えるおすすめイコライザ

iPhoneには初めからイコライザ設定の機能が備わっていますが、よりこだわった音楽を楽しみたい方向けにおすすめのイコライザアプリなどを紹介します。イコライザアプリはたくさんありますが、どれも無料なのに高品質なイコライザ設定を楽しめるアプリなので参考にしてみてください。

基本的にどのアプリも無料で使えるものがほとんどですが、中にはアプリ内課金があるものもあるのでアプリ内課金する際にはよく検討した上で課金をするようにしてください。アプリ自体は無料でインストール可能なので気になったものがあればインストールしてさっそく使ってみてください。

Equalizer + HD music player

Equalizer+は自分のトラックをミックス、編集、カスタマイズができるオールインワンのミュージックプレイヤーです。バブスターターが最高のサウンドクオリティーを生み出して、お使いのヘッドホンに合わせて自動調整してくれます。さらに、ミュージック、ライブラリ全てにアクセスが可能になっています。最適な環境で音楽が楽しめるイコライザアプリです。

イコライザー+音量ブースタープレイヤー&効果音

高級感あるデザインがカッコいいと人気のイコライザアプリです。イコライザの操作も簡単でプリセットも用意されています。このアプリをインストールしておけばお手持ちのiPhoneで高品質な音楽を楽しむことが出来ます。

Radsone Hi-Res Player

こちらのイコライザアプリは、MacのiTunesのイコライザと操作性がほとんど一緒です。慣れるとiPhoneでも同じように操作が出来るようになります。Distinctive Clear Technology(DCTと言われています)テクノロジーによって、ヘッドホンやスピーカー、車などにワンタッチで最適化が出来るのもこのアプリの魅力です。

HighStereo – MP3 音楽プレイヤー

HighStereoはジャンルごとにプリセットが用意されていて、10バンドで音質カスタマイズが可能になっています。初めての方にも使いやすいイコライザです。それだけではなく、イコライザの設定次第で最大30バンドに対応しています。他にとは違うゴールドのデザインが目を引きます。

高精度ハイレゾ音楽プレイヤー Onkyo HF Player

有名なONKYOからリリースされているイコライザアプリです。ハイレゾ向けのイコライザアプリですがMP3などの通常フォーマットでも使うことが出来ます。こちらのイコライザアプリは本格的は仕様ですが、初めての方には難しいかもしれません。イコライザに十分慣れた方向けの本格アプリです。

Hi-Fi Audio::Smart Compo

シンプルな見た目のアプリですが、機能性が豊富豊富なところが特徴のイコライザです。ボーカルキャンセル機能や空間演出、ヴィジュアライザなど、他にもたくさんの機能は搭載されています。操作性がわかりやすいのも人気のポイントです。

ハヤえもん-音楽プレーヤー

こちらのイコライザアプリは、31バンドに46種類のプリセットで自由自在にカスタマイズが可能となっています。その他にも音程調整コントロール機能やループ機能、グラフィカルな速度調節などが組み込まれています。「ハヤえもん」ひとつあれば十分過ぎるほど多機能で操作性が抜群なイコライザアプリです。

EQ Player

「EQ Player」の特徴は、AirPods用の様々なEQサウンドエンジニアによる調整や、16バンドイコライザ、周波数調整機能などです。「EQ Player」は特定された周波数の音域を大きくするため、他の周波数を削ります。そうすると歪みのないサウンドを聴くことが出来るようになります。

Denon Audio

「Denon Audio」は他のイコライザアプリと比べると、細かく周波数の設定が出来るところが特徴です。細かく自分でイコライザ調整をしたい人にぴったりなアプリです。さらに、音質を変えた後も音の劣化がしにくいところもポイントです。

RealLive (turned on by Zepp)

ライブ会場として有名なZeppが監修したイコライザアプリです。このアプリのいちばんの特徴は、全国のライブ会場で実際に測定、解析した音響特性を使い、音楽の再生が出来るというところです。イコライザ機能自体はシンプルなものですが、その分ライブ会場の雰囲気を好きな音楽で楽しめます。

iPhoneイコライザを使う時の注意点

iPhoneでイコライザを設定する際にはいくつかの注意点があります。イコライザ設定で失敗しない為に、設定を行う前に注意点について知っているとスムーズにイコライザを設定出来ます。注意点をいくつか紹介します。

細かい設定が出来ない

iPhoneのイコライザには全部で23種類のプリセットがありますが、それ以上の細かい設定は出来ません。音楽を聴く場所や音楽のジャンルに合わせてプリセットの変更をすれば、その時にぴったりのイコライザを設定出来ますが、周波数などの細かい設定はiPhoneのイコライザではで出来ません。細かい設定がしたい時はイコライザアプリをおすすめします。

iTunesのイコライザ設定は出来ない

iTunesのイコライザ設定は、iPhoneよりもさらに細かくイコライザ設定が出来るようになっています。iTunesだとiPhoneとは違って、周波数を細かく設定出来る機能があります。iTunesの中には全ての音楽に対応した、全ての音域の質を向上させる「Perfect」というイコライザ設定が存在します。その他にも、今までにないほどの聴き心地の良さ「Eargasm Explosion」という設定もあります。こういったiTunesのイコライザ設定をiPhoneに同期、反映したいと考える方も多いのですが、残念ながら同期や反映は出来ないそうです。

ミュージックの中の曲にしかイコライザが機能しない

iPhoneのイコライザはもともと備わっているミュージックではイコライザは機能しますが、他のアプリではイコライザは機能しないように出来ています。ミュージックに入っている音楽であればスピーカーに繋いだ時でもイコライザは正常に機能してくれます。他のアプリでもイコライザを使いたい時はイコライザアプリで設定するのをおすすめします。

無料のイコライザアプリの使う時の注意点

無料のイコライザアプリを使えば、iPhoneに元々備わっているイコライザでは出来なかった周波数などの細かいイコライザ設定が出来るようなるのがイコロイザアプリの魅力です。無料のイコライザアプリですが、注意しなければならない点がいくつかあるので紹介します。

内部課金のものがある

イコライザアプリ自体は無料でインストールが出来ますが、無料で使える機能が限られていたり、課金しなければ使えない機能が出てくることもあります。さらに、無料で使えていたと思っていても有料に変更になっていたり、自動更新で料金が発生してしまう場合もあります。アプリを利用する前にしっかりと説明文の確認をしてください。

AppleMusicやSpotifyなどに対応していない

AppleMusicやSpotifyなどサブスクリプションタイプのサービスを利用して音楽を視聴している場合、当該サービスのアプリにイコライザがないと利用ができないことが多くなっているので注意してください。SpotifyなどはSpotifyアプリにイコライザ設定が出来る機能が備わっています。もしもイコライザ機能を使って良い音楽を楽しみたいのであれば、イヤホン、ヘッドホン用のイコライザ機能を利用するのがおすすめです。

SONY WF-1000XM3

ソニーから発売されているワイヤレスイヤホンの「SONY WF-1000XM3」です。こちらのワイヤレスイヤホンの魅力は、高音質なイコライザやクリアベースなど有線イヤホンや購入音源でしか叶わなかったことがワイヤレスイヤホンで出来てしまうというところです。サブスクをイコライザ出来るうえに、普通音源がハイレゾで聴くことが出来てしまいます。購入音源よりも音質が劣ってしまうと言われているサブスクリプションの音楽も、より良い音質で聴くことが出来るのが「SONY WF-1000XM3」です。

 

Anker SoundBuds Digital IE10

こちらはLightning接続タイプのイコライザ機能が搭載されたイヤホンです。「Anker SoundBuds Digital IE10」は高性能なのにリーズナブルな価格、しかもハイレゾに対応しています。リモコン付きで操作もしやすく、再生、音量ボタンのほかにイコライザボタンが付いているのでリモコンの操作ひとつでイコライザ設定が可能です。イコライザ機能以外にも防水機能付きで濡れても安心で、ケーブルも強度があり、上部です。マイク搭載でハンズフリーの通話も可能となっています。

まとめ

iPhoneのイコライザ機能や、より細かくイコライザ設定を行えるイコライザアプリについて紹介しました。

イヤホンにもイコライザ機能が搭載されているものもあったりと、音楽を自分好みに楽しめる幅が広がります。今までイコライザ機能について知らなかった方にも試して頂きたい機能です。すぐに音の違いを楽しむことが出来ます。