iPhone6/Plusの液晶画面が割れた時の修理、交換方法を徹底解説!

この記事は約 9 分で読むことができます。

ども、Apple Geekです!今回はiPhone6/6Plusの液晶を最安の値段で修理、交換する方法をソフトバンク/au/docomoのそれぞれと自分で画面交換する方法をご紹介していきます!

Sponsored Links


iphone6液晶修理

液晶画面修理の値段iPhone4、5シリーズ編はこちら

液晶画面修理の値段iPhone4、5シリーズ編はこちら

ポケットにiPhoneを入れたつもりが・・・スルッとスルーして地面に落下。乙

ついうっかりして液晶画面が割れてしまったり、ヒビが入ってしまうことってありますよね。ちなみに私は過去2回やらかして萎えました。。。
放っておくとガラスの破片でケガをしたり、パスコードを入力時のエラー(3回)でiPhone自体がロックされてしまう可能性すらあります。

そして非常に最悪なのが、契約内容によっては修理する値段が異常に高いことです。

でも大丈夫、あなたにとって1番ベストな方法を考えましょう!

Sponsored Links


最安の値段でiPhoneを元通りにする3つの秘訣とは?!

iphone6液晶修理①

あなたの壊れたiPhone6/6Plusを元通りにする最安の値段をチョイスするには、ある3つの秘訣に沿って確認作業を行っていきます。

そのある3つの秘訣とは・・・

 Appleケアの加入を確認する。

 ソフトバンク/au/docomoの保証サービス加入を確認する。

 修理と買い替えどっちが安いか比較する(機種変更or他社乗り換え)

この3つの確認を行うことであなたにとって下記3つの最もベストな方法を導き出していくことができます。

それではさっそく手順に沿って確認していきましょう!





最安の値段でiPhoneを元通りにする方法とは?!

 iPhoneの修理の出し方やバックアップの方法、家に画面割れしたiPhoneが眠っている(下取りをあきらめた)という人でiPhoneをお得に修理・買取してもらう方法はコチラ↓

【iPhoneの故障】バックアップ・修理・買取に出す方法





Appleケアの加入を確認

AppleCare+

まずはAppleケアに加入しているかを確認します。

  1. iPhone/iPad端末ホーム画面「設定」をタップする。
  2. 「情報」をタップし、シリアル番号をメモする。
  3. メモしたシリアル番号をApple保証サービス期間検索に入力し、保証対象か確認する。

apple保証

上記写真のように、修理サービス保証が有効になっていれば保証対象です。

AppleCare保証対象の場合

AppleCareの保証対象であれば、画面修理を一律3,400円で行うことができます。

無題

超お得じゃん、と思った人はちょっと待った!
AppleCareの保証対象になる画面割れとは『iPhoneの製造上の欠陥により発生したひび割れ』に限られるんです。
(Appleの別ページにもしっかり明記されています↓)

修理料金を確定する前に、お預かりした iPhone を検査させていただきます。画面の修理のほとんどは過失や事故による損傷が原因ですが、過失や事故による損傷は Apple 製品限定保証の対象外ですので、この点あらかじめご了承ください。 

製造上の欠陥により画面にひびが入った場合は、Apple 製品限定保証の保証対象になります。by Apple

つまり『ほとんどの画面割れ』はAppleCareの保証対象外になる、ということ。

(ちなみに実費の修理はiPhone6sの場合12,800円!・・・)

ファイル 2017-01-12 14 35 39Apple の1年間の保証は使えない?!

基本的には、Apple Storeもしくはソフトバンク/au/docomo、Appleが正規で卸している店舗で新品を購入すれば「1年間のハードウェア製品限定保証」が自動的に付いてきますが、これは初期不良(自然故障)を対象としたもの『落下』による破損には適用されないので注意。

Appleケア未加入・期限切れで保証対象外の場合

Appleケアの保証サービスを受けられない場合の修理値段はこちらです。

対象端末画面のみ損傷画面以外の内部も損傷
iPhone712,800円32,000円
iPhone7Plus14,800円34,800円
iPhone 6s12,800円30,000円
iPhone 6sPlus14,800円33,000円

た、たかい!!それでもAppleStoreで修理すれば純正パーツで修理でき、安心感もあるのでそれでもOKという人はAppleで修理してもらうのも1つの方法です。他に安くできる方法ないの!?という人は次の項目へ↓





修理店に出す(非正規)

 イメージ 12

街中のいたるところで『iPhone修理』と謳っている店をみかけたことがある人も多いのではないでしょうか?実はAppleの公式店舗以外にもiPhone修理をしてくれる店はあるんです。
修理値段は様々で、Appleの正規の修理値段(14,000円)とほとんど変わらない店もありますが、なかには6000円程度の格安価格で画面修理をしているところもあります。
ただし!
非正規店に依頼する時には次のことに注意しましょう。
  • 純正パーツ、非純正パーツのどちらを使用するのかを確認。
  • 非純正パーツの場合にはエラー53(指紋認証パネルのエラー)について認識しているか確認。
  • 修理後に不具合が起きたときの保証があるか確認。

非正規の修理店の場合には修理が速い、待ち時間が少ない、安いなどのメリットがありますが、非純正パーツ(ホームボタンも含む)に交換したあとはすべての修理においてAppleStoreでの修理時は保証の対象外となることを覚えておきましょう。





各通信事業者の保証サービス加入を確認

softbank,au,docomo

ソフトバンク、au、docomoで受けられる保証サービスと契約していれば大幅に修理値段が削減できます。まずは自分が契約している通信事業者の保証サービス内容と契約状況を確認しましょう。

ソフトバンク/au/docomoの保証サービスと契約状況を確認する方法はこちら

各通信事業者の保証内容と修理価格をまとめると!

 ソフトバンク

softbank

『 安心保証パック(i)プラス 』 加入で、最初に修理代金を一括で支払って、その後毎月の利用料から天引きされていきます。

実質負担する金額の目安はこちら↓ 。

対象端末画面割れの実質負担額本体損傷の実質負担額
iPhone7(90%) 約1,280円 約3,200円
iPhone7Plus(90%) 約1,480円 約3,480円
iPhone 6s(80%) 約2,560円 約6,000円
iPhone 6sPlus (80%) 約2,960円 約6,600円

オプションとして月額700円くらい払えば、iPhone7Plusの場合は35,000円まで、iPhone6sでも31,000円まで割引してもらえるのでカナリ心強いですね。

 💡 修理申し込み手順↓ 

無題

(参考:Softbank『安心保障パック(i)プラス』)

 au

au

auスマートパス(月額372円)に加入している場合には、2年間で2回までそれぞれ修理時に10,000円まで代金をサポートしてもらえる 『あんしんサービス』 というサービスがあります。

修理はAppleStoreか、Apple正規の修理代理店(カメラのキタムラやビッグカメラなど)に出すことが条件なので、画面割れの場合には4000円程度で修理できることになりますね
💡 修理申し込み手順↓
  1. Apple正規の修理代理店で修理し、『修理証明書』をもらう。
  2. 修理代金サポートセンター(0120-914554)に電話をし、『代金サポート申請書』を送付してもらう。
  3. 必要事項を記入し、 郵送する。

(参考:『auスマートパス』)

 docomo

docomo

docomoの『ケータイ補償サービス for iPhone&iPad』(月額750円)に加入している場合には1年間に2回まで、それぞれ修理代金うち11,000円までをdocomoからサポートしてもらえます。

申し込みから1日~2日で代替機(リフレッシュ品)を自宅に送ってもらうことができ、実質の負担額も3000円ほど。画面割れ以外の水没やその他の破損にも対応しています。

💡 修理申し込み手順↓

無題

(参考:docomo『ケータイ補償サービス』)





修理と買い替えどっちが安いか比較する

これまで解説した2つの秘訣で、どのサービスにも適応しなかった場合、修理をするより機種変更or他社へ乗り換えした方が安い可能性があります。

しかし、これには購入後1年以上経過していることが条件です。

1年以上経過している場合だと、機種変更時の値段がかなり割引されたり、場合によってはキャンペーン時だと一括0円で機種変更できることもあります。

発売されて1年経過していない 場合は 他社への乗り換えがおすすめ。

キャンペーンによっては、他社へMNP乗り換えすることで新しいiPhone6/6Plusが無料で手に入って、キャッシュバックを貰える可能性もあります。

こればかりは各店舗によってキャンペーン内容が時期で違うのでお近くのソフトバンク/au/docomoショップに問い合わせてみないと分かりません。





自分で交換し修理する方法

 AppleCareにもキャリア補償サービスにも入っていないけど、なんとかして安く修理をしたい!という人は自分で修理するといいう方法もあります。

本来は専門家に任せるべき作業を自分ですることになるのでリスクはありますが、自分で修理したいという人のために修理キットを販売しているサイトは多くあるので気になる人はチェックしてみてもいいかもしれません。

 自分で修理する場合の手順(iPhone6 / 6Plusの場合↓)

純正のガラスパネルはそこそこなお値段ですが、代替品でよいという場合は必要部品と工具がセットで5000円程度から売られています。
「やっぱり自分で修理できなかった!(泣)」という時にも格安料金で修理を依頼できる『ヘルプ制度』などが用意されている(自分で修理.com)販売サイトもあります。




【直ったら】おすすめ保護フィルム

無題

たったの799円で販売されている強化ガラスですが、これ一枚を貼っておくだけで落下や踏みつけなどによる画面割れを防ぐことができます。
さらに画面割れを防止したいという人は、シリコンやPU素材など衝撃吸収する素材でできたケースを併用しておけばカンペキ!

まとめ

今回の内容をまとめると
AppleCareやキャリア保障サービスに入っている場合は、保障サービスを使って修理するのが一番確実で安い、保障に入っていない場合は非正規修理店 / 自分で修理するか新機種に乗りかえを検討するがのが賢明な手段といえそうです。
AppleCareとキャリア保障の両方をつけている場合には修理が全額無料になることもあるので、まずは自分が保障サービスに加入しているかをしっかりと確認しましょう。

でも、1番はやっぱりちゃんと画面が割れないように事前対策を打っておくことが大切です。

執筆者:Apple Geek




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す