【iPhone】『通話中または通信中』と表示される場合の対処法

iPhoneで電話をかけるとまれに通話中または通信中と表示されることがあります。これは着信拒否の設定がされているのか、Night Shiftになっているのか、おやすみモードでこうなっているのでしょうか。またキャリアによって違うのかも説明します。

iPhoneで電話して「通話中または通信中」となるのはおやすみモードか着信拒否

iPhoneで電話をかける時、電話をかけた相手もiPhoneだった場合、まれに通話中または通信中という音声ガイダンスが流れる場合があります。通話中または通信中と流れた場合、これには3つの理由が考えられます。

手が自分の電話番号を着信拒否の設定にしている、Night Shiftモードにしているから、おやすみモードにしているからというものです。キャリアによっても通話中または通信中と出るかは、変わります。

着信拒否されているから流れるということではない

電話をかけた相手もiPhoneだった場合、通話中または通信中と音声ガイダンスが流れてしまうと、着信拒否の設定がされてしまっているのかもと考えてしまう人は多いですが、必ずしも通話中または通信中と音声ガイダンスが流れたからといって、着信拒否の設定がされているとは限りません。

ではiPhoneで電話をかけたときに通話中または通信中と流れたとき、着信拒否の設定がされているかを確認する方法はあるのでしょうか。

着信拒否の設定がされているかの確認方法は異なる

iPhoneで電話をかけたときに、通話中または通信中と流れたときに着信拒否の設定がされているかどうかを確かめる方法は、キャリアごとに変化してきます。

同じiPhoneといっても、キャリアが違うと着信拒否の設定の仕方や、音声ガイダンスなども異なりますので、iPhoneで電話をかけた相手から通話中または通信中と音声ガイダンスが流れても、必ずしも着信拒否をされたということではありませんので注意しましょう。

おやすみモードでも着信が取られないと考えられる

通話中または通信中と音声ガイダンスが流れた際に、着信拒否をされていると考えるのは早いです。何故ならiPhoneには、おやすみモードというのがあるからです。

似たような機能なのではと言われているNight Shiftというものがありますが、おやすみモードと、Night Shiftは違う機能ですので気をつけてください。少なくともNight Shiftを使っているからといって、通話中または通信中とはなりません。

着信拒否設定はキャリア関係なくある為活用しよう

iPhoneにはキャリア関係なく着信拒否設定が用意されており、迷惑な着信を拒否することができますので、現在迷惑な着信で悩んでいるという人は着信拒否設定を使ってみてください。

おやすみモードを使うのもいいですが、おやすみモードより着信拒否設定の方が確実に拒否をすることができますので、おやすみモードではなく着信拒否の設定をして、迷惑な着信がないように対応してみましょう。着信拒否設定をやってみてください。

通話中または通信中という表示を隠せる方法もある

通話中または通信中という音声ガイダンスは着信拒否した際に流れるものではありませんが、しかしときには誰かから電話が来たときに、通話中または通信中と表示させずに電話中であることを隠すことはできるのでしょうか。

通話中または通信中となると、後から痛くもない腹を探られるかも知れないと考えている人は通話中または通信中と表示させずに電話中であることを隠す方法をぜひ参照してみてください。そして実際活用しましょう。

着信拒否されているかどうかの判別は現在できない

通話中または通信中と表示させるようにして、着信拒否していると分からないようにする方法はないかと考えている人もいるのではないでしょうか。着信拒否しているかと分からないように着信拒否する方法は、現在iPhoneにはありません。

着信拒否をしたいときは、その機能に細心の注意を払いながら着信拒否をすることが求められます。無闇に着信拒否をしないようにしましょう。着信拒否を何故無闇にしてはいけないのでしょうか。

現実で頻繁に交流することが少ない人は問題はない

着信拒否は例えば会ったことのない、あるいは交流が少なくて実際に会うのも数年に1度という人からしつこく電話がかかってくる、または企業などからしつこく電話がかかってくるというときに着信拒否を使ってみてください。

そういう時にこそ着信拒否は使うものですが、例えば頻繁に現実で交流しているなどの人を無闇に着信拒否するのは控えてください。無闇に着信拒否をしてしまうと、思わぬトラブルを招いてしまうことがあります。

無闇に着信拒否をしてしまうとトラブルの可能性が

頻繁に交流する人を無闇に着信拒否してしまうと、例えばその人が友人だった場合は、何故着信拒否をしたのか尋ねられる場合がありますし、何よりいい印象は持たれません。自分が意図しない時間にかけてきたから、などの理由から着信拒否をするのはやめてください。

どうしても電話が迷惑だという時は理由をきちんと明確に話すか、あるいは知り合いを経由してやんわりと電話を頻繁にかけてくるのはやめてほしいと伝えてみてください。

判別方法や着信拒否設定など方法紹介

相手に着信拒否をされているかどうかの判別方法や、着信拒否設定はどうすればできるかなどの方法を解説していきますので、着信拒否設定はどうすればいいのか知りたいと考えている人や、相手に着信拒否をされているかどうか判別したい、と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おやすみモードのやり方を解説していきますので、おやすみモードを活用したいと考えている人は、ぜひ実際におやすみモードを使ってみてください。

iPhoneの『おやすみモード』ONだと電話がかかってきてもつながらない

iPhoneの『おやすみモード』ONだと電話がかかってきてもつながらないことがあります。何故そうなるのかの仕組みを解説していきますので、なぜiPhoneの『おやすみモード』ONだと電話がかかってきてもつながらないのかが気になると考えている人はぜひ参考にしてみてください。

ゆっくりと寝たいときはおやすみモードを活用して、iPhoneの着信が鳴らないようにしてみてください。

おやすみモードは電話やメールの着信を通知させない機能

おやすみモードは電話やメールの着信を通知させない機能です。おやすみモードをオンにすると、ゆっくりしたい時の時間を着信などで邪魔されずに済むので、例えば読書をゆっくりしたいというときや、ゆっくり寝たいと考えている人は活用しましょう。

かけ直すとかかる場合は相手のiPhoneがおやすみモードONの可能性

かけ直すとかかる場合は相手のiPhoneがおやすみモードONの可能性がありますので、もしそうなった場合は相手に気を遣って、しばらく時間を空けてから再び電話をかけるようにするなどの配慮をしてみましょう。

『繰り返しの着信』ON設定で3分以内に2回連続かかった電話がつながるように

『繰り返しの着信』ON設定で3分以内に2回連続かかった電話がつながるようになります。これで例えばゆっくりしたい時でも、仕事などの急ぎの電話を取り逃さずに済みますので活用しましょう。

『おやすみモード』設定で電話帳登録のある連絡先から着信が可能

『おやすみモード』設定で電話帳登録のある連絡先から着信が可能になります。大事な連絡を取り逃したくないという時は『おやすみモード』設定を活用して大事な連絡に出られるようにしましょう。

『Night Shift』と『おやすみモード』との混同に注意

関連する記事