【iCloud】フォトライブラリの使い方!保存期間に制限がある?

iPhoneユーザーであれば「iCloudフォトライブラリ」を知っている人がほとんどです。しかし、実際にどのように使うのかわからなかったり、保存方法などが不安な人もいます。今回は「iCloudフォトライブラリ」の使い方や注意点などについて紹介します。

iCloudフォトライブラリとは?

「iCloudフォトライブラリ」とはどういったサービスなのか、無料で利用可能なのかなどといった「iCloudフォトライブラリ」に対する疑問や注意点について解説します。

iCloudで写真を自動に保存サービス

「iCloudフォトライブラリ」は、iPhoneやiPadで撮影した写真を「iCloud」に保存できる機能のことを言います。この「iCloudフォトライブラリ」を有効にすることで、お使いのデバイスの「カメラロール」の写真が「iCloud」に自動でアップロードされるようになります。写真や動画を「iCloud」に保存することで、iPhoneやiPadのストレージを減らさずに写真の保存ができて、尚且つ「iCloudフォトライブラリ」には保存期限もないので安全に写真と動画の保存ができます。

表記はiCloud写真に変更

最新のiOSだと「iCloudフォトライブラリ」は「iCloud写真」へと名称が変更されています。「iCloudフォトライブラリ」が見当たらない、と焦らずに「iCloud写真」を探してください。

5GBまで無料で写真の保存ができる

「iCloudフォトライブラリ」に無料で写真、動画が保存できる容量は5GBまでとなっています。5GBを越えてしまうと当然ながら「iCloudフォトライブラリ」へ写真や動画を保存することができなくなります。「iCloud」へ保存できるストレージ容量を増やしたい場合は、有料ではありますがストレージを増やすことができます。

50GB・130円、200GB・400円、2TB・1300円となっています。5GBでは、すぐに容量がいっぱいになってしまうので、ストレージプランを変更することは必須になるかもしれないといった注意点があります。

他のデータも含むので実際は5GB分の保存は不可

「iCloudフォトライブラリ」に無料で保存できる容量は5GBとなっていますが、注意点として実際には写真でけではなく他のデータ量も含まれています。フル解像度の高画質な写真ばかりを「iCloudフォトライブラリ」に保存していたりすると、すぐに「iCloudフォトライブラリ」の容量はいっぱいになってしまいます。「iCloudフォトライブラリ」の容量が5GBに近づいてくると「ストレージがいっぱいです」といったポップアップがスマホを開くたびに、しつこく表示されるようになります。自分で写真を削除して減らすか、「iCloudフォトライブラリ」を無効化にする、有料で「iCloudフォトライブラリ」容量を増やす、などの対策が必要になってきます。

iCloudフォトライブラリーを有効にする方法

「iCloudフォトライブラリ」を有効にして、写真や動画を保存する方法について紹介していきます。

手順

「iCloudフォトライブラリ」を有効にする手順について解説していきます。「iCloudフォトライブラリ」を有効にする前に、自身のデバイスが最新のiOSへアップデートしているかを確認し、まだであれば最新のiOSへのアップデートを行ってから「iCloudフォトライブラリ」を有効にする作業を行ってください。お使いのデバイスすべての「iCloud設定」を行い、同じ「Apple ID」を使って「iCloud」へサインインします。Windowsの場合は、Windows7以降にアップデートを行ってから、「Windows用iCloud」のダウンロードを行ってください。

設定アプリを開きユーザー名→iCloud→写真に進む

iPhoneまたはiPadなどを利用して「設定」を開きます。次に「ユーザー名」を選択して、「iCloud」「写真」の順番で設定を進めていってください。Macの場合は、「システム環境設定」を開いて「Apple ID」をクリックします。サイドバーで「iCloud」をクリック、「写真」を選択してください。

iCloud写真を有効にする

「iCloud写真」をオンにして「iCloudフォトライブラリ」有効にします。これで「iCloudフォトライブラリ」を利用することができるようになります。

マイフォトストリームとは?

ここまで「iCloudフォトライブラリ」について紹介してきましたが、もうひとつ「マイフォトストリーム」という「iCloudフォトライブラリ」と同じような役割のものがあります。「iCloudフォトライブラリ」とはどういった違いがあるのか「マイフォトストリーム」について紹介します。

無料で使える写真保存できる仕組み