A10fusionチップの性能とは?歴代のチップと比較して解説

A10fusionチップというものを知っていますか?A10fusionチップは歴代のチップと比べてiPadなどのiOSで使う場合、どのような性能がありどのようなサポートがあるのでしょうか。A10fusionチップのことについて詳しく見ていきましょう。

A10 fusionチップとは?

A10fusionチップというものを知っていますか?このA10fusionチップとはiPhone7やiPhone7plusで搭載されたiPhone用のCPUのことです。もともとA10fusionチップの原型となるモバイルCPUは iPhone4に使われていたA4というものですが、そこから進化してA10fusionチップというものが生まれたのです。このA10fusionチップはどんな性能なのでしょう。

高性能チップのA10fusionチップ

A10fusionチップの性能は、iPhone6に搭載されているモバイルCPUと比較すると、とても高性能で更に電力消費を抑えつつもiOSの働きを滑らかにしてくれる、とても素晴らしい性能となっています。A10fusionチップの動作はiPhone6のモバイルCPUより2倍程速いので、さくさくとした操作感でiPhoneを操作することができるので、A10fusionチップはおすすめのモバイルCPUです。

低電力で使うことが可能

A10fusionチップは、歴代のモバイルCPUと比較すると、高性能ながら滑らかな操作感を可能にする効率がよいコアをなんと4つも統合しているということですので、歴代のモバイルCPUより2倍から3倍速く動作するのに、電力は5分の1で済ませることができるというメリットもあります。A10fusionチップは歴代のモバイルCPUより低電力で使用することができるので、A10fusionチップを使いましょう。

モバイルCPUとは?

歴代のモバイルCPUより格段に性能が上がっているA10fusionチップですが、そもそもA10fusionチップなどの名称であるモバイルCPUとは一体何なのでしょうか。CPUとは、パソコンなどにもあるとても重要なものです。マウスなどの操作に素早く応えたり、メモリーなどの演算などを行ってくれるとても優秀なデバイスであり、A10fusionチップなどのCPUがないと、機械を動かすことができないのです。

CPUには限界がある

A10fusionチップは、言わばiPhoneやiPadのiOSの脳の部分です。このCPUには限りがあり、今搭載されているCPUの性能より、高い動きを要求してしまうと、動きが鈍くなってしまうのです。人間も、今の自分の能力より高い学習をしろと要求されると、考えるのもままならなくなってしまいます、それと同じことなのです。A10fusionチップは歴代と比較するととても高性能なCPU、言わば脳なのです。

歴代のチップより薄い

A10fusionチップは、歴代のCPUよりとても薄く作られています。チップが分厚いと、iPhoneやiPadの厚さもそれに伴って、厚くなってしまいます。厚くなってしまうと、重さも比例して重くなってしまうので、A10fusionチップを開発した企業は、より薄く、より高性能でより低電力なモバイルCPUを開発するという目標をかかげ、長年研究や開発を重ね、薄く、高性能なCPUを完成させるに至ったのです。

サポートはどうなのか

A10fusionチップはより薄く高性能なモバイルCPUということは分かりましたが、ではiOSのサポートなどとA10fusionチップはどのように関わるのか、また歴代と比較すると他にどのような特徴があるのかを解説していきますので、iOSのサポートのことが気になるという人はぜひ見てみてください。iOSのサポートはどれくらいなのかはとても重要なことですので、事前に調べておくと後々慌てずに済みます。

チップが搭載されている商品を使おう

A10fusionチップが搭載されている商品などが気になるという人のために、A10fusionチップが搭載されている商品も紹介していますので、興味がある人は参考にして、直にお店に行って触れてみてください。

A10 fusionチップはいつまでサクサク動くか

高性能でサクサク動くA10fusionチップですが、そこで疑問なのが、いつまでA10fusionチップはサクサク動いて滑らかにiPhoneやiPadを操作できるのかということです。A10fusionチップなどのモバイルCPUの寿命はどれくらいなのか、そしてA10fusionチップの寿命が来てしまったらどのような異変が起こってしまうのかを解説するので、いつまで動くのか知りたい人は参考にしてください。

CPUの寿命は何年?

そもそもCPUの寿命は、平均何年と言われているのでしょうか。CPUの寿命は、すなわちそのCPUを搭載しているパソコンやiPhone、iPadの寿命なのです。通常のCPUの寿命は約5年と言われています。といっても、これはあくまで目安なので、CPUの寿命がそれより短く来てしまうこともあります。逆に5年を過ぎてもCPUの寿命が来ないということもあります。CPUに負荷をかけることが少ないと寿命が伸びます。

寿命が来たらどうなるのか

では、CPUの寿命が来てしまった場合、どのような異変が起きてしまうのでしょうか。CPUの寿命が来てしまうと、そのCPUを搭載しているパソコンやiPhoneやiPadの動きが滑らかではなくなり、やがて動作もおぼつかなくなってしまうのです。CPUの寿命が来てしまった場合は、CPUをすぐに交換するなどの措置を取るしかありません。動きが滑らかになくなってしまった場合は、CPUの替え時と覚えておきましょう。

寿命は約5年

パソコンやiPhone、iPadに搭載されているCPUの寿命は5年と言われていますが、A10fusionチップも5年です。歴代のCPUと比較すると大したことないと考える方もいますが、A10fusionチップと歴代のモバイルCPUには性能の違いがあります。A10fusionチップは薄く電力もそんなに使うことなく、サクサク動かせるという高性能チップなのです。寿命が5年だからと言って侮ってはいけません。

驚異的な年数

A10fusionチップと歴代のモバイルCPUでは薄さ、電力、性能で大きな差があります。驚異的な薄さで5年はサクサク動かせるということなので、A10fusionチップの寿命が5年ということは驚異的な寿命だということが分かります。薄くて低電力で使うことができる、従来とは違ったモバイルCPUであるA10fusionチップが搭載されたiPhoneやiPadを実際に使ってみて使い心地を確かめてみましょう。

寿命は早くなる可能性も

A10fusionチップの寿命は大体5年ということですが、この5年というのはA10fusionチップを搭載したiPhoneやiPadをサクサク滑らかに動かせる期間のことです。5年以上経ってもサクサク滑らかに動かすことも不可能ではありません。逆に5年に達していないのにiPhoneやiPadの動きが鈍くなってしまうということもあります。寿命と言われている5年間でサクサク操作するコツはあるのでしょうか。

最大寿命を活かすためには?

高性能で薄く、低電力で使うことができるA10fusionチップを、どうすれば最大寿命と言われている5年間を無駄にせず、サクサクに滑らかに動かすことができるのでしょうか。A10fusionチップを搭載したiPhoneや、iPadをできるだけ長持ちさせるためのコツをこれから紹介していきますので、A10fusionチップを長持ちさせたいと考えている人は、ぜひこれから紹介していくコツを試してみてください。

コツは負荷をかけない

A10fusionチップを長持ちさせるコツとしては、あまりiPhoneやiPadに負荷がかかるような操作はなるべくしないようにするということです。負荷がかかる操作とは何なのかもチェックしてみましょう。

①閲覧のみであれば5年

A10fusionチップを5年持たせるためには、iPhoneやiPadは閲覧用に使いましょう。閲覧用に使うことで、最大寿命と言われている5年間、iPhoneやiPadをサクサクと滑らかに動かすことができるので、最大寿命まで滑らかに使いたい人はそのiPhoneやiPadはウェブサイト閲覧用に使用してください。しかしiPhoneやiPadで作業やゲームがしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

作業やゲームをすると最大寿命が減る

ではiPhoneやiPadでゲームや作業をする場合は、A10fusionチップはどれくらいの寿命はどれくらいでしょうか。ゲームや作業はどうしても閲覧するより負荷がかかってしまいますので、A10fusionチップの寿命も閲覧するより減ってしまいます。どれくらい寿命が減ってしまうのかを解説していきますので、参考にしてください。

ゲームや作業をする際は気をつける

A10fusionチップの寿命を長持ちさせるなら、負荷をかけないような使い方をするのが1番ですが、iPhoneやiPadは魅力的なアプリがたくさんありますので寿命に気をつけながらアプリを楽しみましょう。

②ゲームや作業をする場合は3年

A10fusionチップに負荷がかかってしまうゲームや、作業をする場合のA10fusionチップの寿命は3年になってしまいます。ゲームや作業の場合、脳の役割を果たしてくれているCPUに大きな負荷がかかってしまい、そのぶんA10fusionチップの劣化も早くなってしまいますので、ゲームや作業をしたいという人は3年と覚えておきましょう。

[歴代のチップと比較]A10 fusionチップの性能とは

A10fusionチップの性能は歴代と比較してどうなっているかを開設していきますので、性能の差が知りたいという人はぜひ参考にして、歴代のチップとの性能などの違いを見てみてください。

①歴代のチップと比べて高性能

A10fusionチップは歴代のチップと比べて、とても高性能です。歴代のアイフォン に搭載されていたチップと比較するとそれは一目瞭然です。iPhone5と比較すると差は3倍以上です。

歴代の機種及び歴代のチップ歴代シングルコア歴代マルチコア
iPhone7(A10 Fusion)34675610
iPad Pro 9.7(A9X)29214689
iPhone 6s(A9)24804106
iPhone 6(A8)15312617
iPhone 5s(A7)12642072
iPhone 5(A6)7431144

Intel Core m3-6Y30よりも高い性能

A10fusionチップはIntel Core m3-6Y30よりも高い性能を持っているので、サクサクiPhoneやiPadを操作したいという人にぴったりです。ぜひ使ってみてください。

③歴代のチップと比べてGPU性能も大幅アップ

またA10fusionチップは歴代のチップと比較するとGPU性能も大幅にアップしています。iPhone5のときのGPUスコアと比較するとハッキリと分かり、約12倍ほど差があります。

歴代の機種及び歴代のチップ歴代GPUスコア
iPhone 7(A10 Fusion)37292
iPad Pro 9.7(A9X)32726
iPhone 6s(A9)28602
iPhone 6(A8)17760
iPhone 5s(A7)15366
iPhone 5(A6)2993

A10 fusionチップ搭載のiPad 第7世代の魅力

A10fusionチップを搭載している、iPad第7世代の魅力とはどういうものなのかを解説していきますので、iPadガキになると考えている人はぜひ参考にして、購入してみてください。

①価格が安い

まず何と言ってもA10fusionチップを搭載しているiPadの第7世代は、価格が比較的安いので経済的にも負担をかけませんし、手軽に購入することができるという大きな魅力があります。

②10.5インチのディスプレイ

A10fusionチップを搭載しているiPadは価格が安いというだけではなく、ディスプレイの大きさにも注目できます。なんとディスプレイは10.5インチという大きさで使いやすいです。

③Apple PencilとSmart Keyboardに対応

A10fusionチップを搭載しているiPadは、Apple Pencilと、Smart keyboardにも対応しているので、より使える幅が広がったという嬉しいポイントもあるのです。

他にA10 fusionチップを搭載している製品とは

A10fusionチップを搭載している商品は第7世代のiPadだけではありません。では他に、A10fusionチップを搭載している商品にはどういうものがあるのかを見ていきましょう。

①iPhone 7 

関連する記事