【簡単】車でiPhoneをbluetoothでペアリングできない時の対処方法。

この記事は約 6 分で読むことができます。

最近では、車にBluetooth機能が搭載され、iPhoneなどを接続できる場合も少なくありません。でも、上手く接続できない……そんな時に試したい方法をご紹介します。

車 iPhone bluetooth ペアリング 対処方法

Bluetoothは、Wi-Fiと比べて通信速度は遅いものの、省電力で通信をすることができる無線規格の1つです。

私達の身近な機器としては、ワイヤレスのイヤホンに採用されていたり、PCやMacのワイヤレスキーボード、マウスなどで使われています。

最近ではiPhone7シリーズでイヤホンジャックが廃止されたことから、これを機にBluetoothイヤホンを購入したという方も多いのではないでしょうか?

そんなBluetooth接続は、他にも色々な機器で使われています。

特に便利なのが、カーオーディオとの無線接続機能。

これなら、iPhoneやiPadから無線でカーオーディオから好きな曲を流すことも出来るのです。

今回は、そんな車載のBluetoothで、上手く接続できない場合の対処方法をご紹介。

車で音楽を楽しんでいる方に、少しでも参考になれば幸いです。

Sponsored Links


まずは基本:Bluetooth接続の方法

まずは基本の”き”ということで、iOSデバイスとBluetooth機器の接続方法をご紹介しましょう。

なお、細かい操作方法は機器により異なるので、ここでは一般的な接続方法をご紹介します。

Bluetooth接続の方法

iOSデバイス側の準備
  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「Bluetooth」をタップする
  3. 一番上にある「Bluetooth」のスイッチをONにする
    • 既にONの場合はそのままでOKです。
Bluetoothデバイス側の準備
  1. iOSデバイスとBluetooth接続したい機器をペアリングモードにする
iOSデバイス側の操作
  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「Bluetooth」をタップする
  3. 一覧に接続したい機器が表示されたら、それをタップする。
  4. iPhoneの画面に認証コードが表示されるので、Bluetoothデバイスの画面に表示されているものと同じことを確認。
    • 機器によっては、iPhoneに表示された数字をBluetoothデバイス側で入力させたり、この認証そのものが省略される場合もあります。
  5. 画面の指示に従って操作を完了する。

繋がらない!?その原因とは

続いて、BluetoothデバイスとiOS機器が上手く接続できない場合の原因と対処方法をご紹介します。

Bluetooth機器が多すぎる

iOSデバイスの周辺に起動中のBluetooth機器が複数あると、電波が干渉して上手く接続できない事があります。

その際は、以下のように対処してください。

他のBluetoothデバイスの電源を切る

まずはカーオーディオ以外のBluetoothデバイスの電源を切り、iOSデバイスとカーオーディオのみがBluetoothの電波を発している状態にします。

この状態でカーオーディオと接続し、無事に接続できたら他のBluetoothデバイスの電源を入れ直してあげれば、大丈夫です。

iOSデバイスの調子が悪い

iOSデバイス側の調子が悪いと、当然ですが上手く接続出来無いことがあります。

そんなときは、以下のような対処が可能です。

iOSデバイスを再起動する

iOS自体の調子が悪い場合は、軽いものであればデバイスを再起動することで回復することがあります。

方法は以下の通り。

再起動のやり方
  1. iPhone / iPadのスリープボタンを長押しする
  2. 画面に「スライドして電源OFF」と表示されるので、それをスワイプ。
  3. 画面が完全に消えたら、スリープボタンをAppleマークが表示されるまで長押しする。

iOSデバイスのBluetoothがOFFになってしまっている

iOSデバイスの設定で、何かの拍子にBluetoothがOFFになってしまっている場合があります。

まずは、以下の方法で確認してみましょう。

Bluetoothの状態の確認方法
  1. iOSデバイスの画面下から指でスワイプして、コントロールセンターを表示する。
  2. コントロールセンターの上部にあるアイコンのうち、BluetoothのマークがONになっていることを確認する。
    • OFFの場合はタップするとONに切り替わります。

iOSデバイスが機内モードになってしまっている

前述のBluetoothのOFFと似たようなケースで、機内モードがONになってしまっている場合があります。

機内モードとは、iOSデバイスの電波の送受信を一時的にストップするモードで、その名の通り、飛行機の離着陸時などに使うモードです。(最近では、離着陸時でも電波をOFFにしなくて良いケースもありますが……。)

こちらもBluetoothと同じ方法で確認することが出来ます。

機内モードの状態の確認方法
  1. iOSデバイスの画面下から指でスワイプして、コントロールセンターを表示する。
  2. コントロールセンターの上部にあるアイコンのうち、飛行機のマークがOFFになっていることを確認する。
    • ONになっていた場合は、タップしてOFFに切り替えます。

ペアリングに失敗している

一旦ペアリングに成功しても、その後何らかの理由で上手く接続できなくなっている事があります。

そんな時は、Bluetooth機器の接続をiOSデバイスから削除して、再度ペアリングを行うことで調子が良くなる事があります。

機器の故障を疑う

ソフトウェア的な不調や電波の混雑といった理由でない場合、iOSデバイスやBluetoothデバイスの故障を疑う必要があります。

Bluetoothデバイス側の故障が疑われる場合

例えば、iOSデバイスで他のBluetoothデバイスには正常に接続できるといった場合、問題のあるBluetoothデバイスが故障している可能性が濃厚です。

その場合は、デバイスの製造メーカーや販売店などに問い合わせ、修理などの対応方法を確認してください。

iOSデバイス側の故障が疑われる場合

どのBluetoothデバイスにも上手く接続できなかったり、他のiOSデバイスでは問題なく接続できる場合は、問題の起こっているiOSデバイスの故障が疑われます。

iOSデバイスの故障の場合は、Appleのサポート窓口へ問い合わせ、必要に応じて修理や交換の手続きをするのが最適解です。

Appleサポート窓口

こちらの窓口へ問い合わせれば、対処方法の説明や、修理・交換等の案内までしてくれるので楽です。

問い合わせ方法も電話だけでなく、チャットやメールも使えるので、みなさんの使いやすい方法でアクセス出来ますよ。

まとめ:便利だけれど、意外と不安定な部分もあるBluetooth。

というわけで、今回は車のBluetooth機能とiOSデバイスが接続できない場合を例に、よくある原因と対処方法をご紹介しました。

特に長時間車に乗っている方の場合、BluetoothでiOSデバイスと上手く接続できないと、好きな音楽を楽しめないなど、色々と不便が起こってきます。

思わず焦ったり、イライラしてしまいがちですが、まずはそっと深呼吸。

冷静に原因を探って、適切な対処を行ってくださいね。

それでは、快適なiPhoneライフを♪

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す