iPhoneのアプリを完全に削除する方法!削除時の注意点とは?

iPhone アプリの購入済み履歴からの完全削除方法。削除できない(バツが出ない)アプリの削除方法消したアプリの復活方法も。iOS11, iOS11.4, iOS12 で登場したアンインストール方法も紹介。パソコンなしでもOK。iTunes も不要。

iPhone 上でアプリを削除(アンインストール)する方法

まずは、iPhone 上にあるアプリを削除(アンインストール)する方法を説明していきます。
基本的には、以下の3つの方法でアプリをアンインストールすることができます。

【方法1】iPhone 画面上で削除する方法

最もなじみにある方法が、この「 iPhone 画面上で削除する方法」ではないでしょうか。

手順は簡単で、削除(アンインストール)したいアプリを長押しして、アプリ上に表示された「×(バツ)」をタップします。
そうすると、「○○を削除しますか?」と聞かれるので、「削除」をタップしましょう。

iPhone,アプリ,長押し

【方法2】iPhone の「設定」から削除する方法

iPhone 上にあるアプリは、 iPhone の「設定」アプリから削除することもできます。

「設定」から削除する方法

1. iPhone の「設定」→「一般」の順にタップする

2. 「 iPhone ストレージ」をタップする

 

iPhone,一般,iPhoneストレージ

 

3. 削除したいアプリをタップして、「 App を取り除く」または「 App を削除」をタップする

 

iPhone,iPhoneストレージ,アプリ選択 iPhone,設定,アプリ削除

この方法では、「 App を取り除く」「 App を削除」のどちらかを選ぶ必要があります。

「 App を取り除く」は、アプリのサイズ分の容量が解放されますが、そのアプリに保存されている書類やデータは iPhone 上に保存されたままになっています。
そのため、 App Store からアプリを再インストールすれば、アプリのデータは元に戻ります

一方、「 App を削除」を選択すると、削除するアプリに関連するすべてのデータが iPhone 上から削除されます
そのため、再インストールしても、これまでのデータが復元することはありません

【方法3】iTunes でまとめて削除する方法

iPhone をパソコンに接続して、iTunesから複数のアプリをまとめて削除することができます。

iTunes でまとめて削除する方法

1. iPhone とパソコンを USB でつなぐ

2. iTunes を開き、「 App 」をクリックする

3. iPhone の画面と、インストールされているアプリの一覧が表示される

4. 削除したいアプリにカーソルを合わせて「×」をクリックする。

5. 「完了」→「適用」→「削除」の順にクリックする

アプリの完全削除における注意点

アプリを削除したくても、削除できない(アプリを長押ししても×が出ない)場合があります。
もし、削除したいアプリに×が出ない場合には、以下の注意点を確認し、適切な対処を行ってください。

【注意点1】PCのiTunesで履歴からの完全削除ができない

上記で説明した 3 つ目の方法「 iTunes でまとめて削除する方法」ですが、この方法の利用を検討している方は注意が必要です。

iTunes の「バージョン 12.7 」以降 iTunes 上からのアプリの管理ができなくなってしまいました
そのため、 iTunes のアップデートをすでにおこなってしまった方は、アプリを削除する場合、 iPhone 上で削除する方法しか利用することができません。

【注意点2】iPhone の(一部)標準アプリは削除できない

コメントを残す