iPhoneアプリを完全削除して履歴を初期化する3つの方法とは?!

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPhoneアプリの購入済み履歴からの完全削除方法。削除できない(バツが出ない)アプリの削除方法消したアプリの復活方法も。ios11,ios11.4,ios12で登場したアンインストール方法も紹介。パソコンなしでもOK。iTunes不要。

アプリ,アンインストール,削除

iPhone上でアプリを削除(アンインストール)する方法

まずは、iPhone上にあるアプリを削除(アンインストール)する方法を説明していきます。
基本的には、以下の3つの方法でアプリをアンインストールすることができます。

iPhone画面上で削除する方法

最もなじみにある方法が、この「iPhone画面上で削除する方法」ではないでしょうか。

手順は簡単で、削除(アンインストール)したいアプリを長押しして、アプリ上に表示された「×(バツ)」をタップします。
そうすると、「○○を削除しますか?」と聞かれるので、「削除」をタップしましょう。

iPhone,アプリ,長押し

iPhoneの「設定」から削除する方法

iPhone上にあるアプリは、iPhoneの「設定」アプリから削除することもできます。

「設定」から削除する方法

①iPhoneの「設定」→「一般」の順にタップする

②「iPhoneストレージ」をタップする

 

iPhone,一般,iPhoneストレージ

 

③削除したいアプリをタップして、「Appを取り除く」または「Appを削除」をタップする

 

iPhone,iPhoneストレージ,アプリ選択 iPhone,設定,アプリ削除

この方法では、「Appを取り除く」「Appを削除」のどちらかを選ぶ必要があります。

「Appを取り除く」は、アプリのサイズ分の容量が解放されますが、そのアプリに保存されている書類やデータはiPhone上に保存されたままになっています。
そのため、App Storeからアプリを再インストールすれば、アプリのデータは元に戻ります

一方、「Appを削除」を選択すると、削除するアプリに関連するすべてのデータがiPhone上から削除されます
そのため、再インストールしても、これまでのデータが復元することはありません

iTunesでまとめて削除する方法

iPhoneをパソコンに接続して、iTunesから複数のアプリをまとめて削除することができます。

iTunesでまとめて削除する方法

①iPhoneとパソコンをUSBでつなぐ

②iTunesを開き、「App」をクリックする

③iPhoneの画面と、インストールされているアプリの一覧が表示される

④削除したいアプリにカーソルを合わせて「×」をクリックする。

⑤「完了」→「適用」→「削除」の順にクリックする

【不可】PC版iTunesで「購入済み」履歴からの完全削除方法

上記で説明した3つ目の方法「iTunesでまとめて削除する方法」ですが、この方法の利用を検討している方は注意が必要です。

iTunesの「バージョン12.7」以降iTunes上からのアプリの管理ができなくなってしまいました
そのため、iTunesのアップデートをすでに行ってしまった方は、アプリを削除する場合、iPhone上で削除する方法しか利用することができません。

パソコンなし「購入済み」履歴からの完全削除方法

ここでは、パソコンを使わず、「購入済み」のアプリをiPhone上から完全削除する方法を解説します。

「AppStoreアプリ」から削除する方法

AppStoreアプリから削除する方法

①AppStoreアプリを開いて、「アカウントマーク(人のアイコン)」をタップする

 

iPhone,AppStore,アカウント  

 

②「購入済み」をタップする

 

AppStore,アカウント,購入済み

 

③「このiPhone上にない」をタップする

④削除したいアプリ上で左にスワイプして、「非表示」をタップする

 

AppStore,購入済み,非表示

「Apple IDを新規作成」

Apple IDを新規作成し、利用するIDを切り替えることで、Apple IDごとに購入済み履歴を管理することができます
つまり、新しいApple IDに切り替えれば、これまでの購入済みアプリは消えます。

Q.Apple IDは複数作ることができるのですか?
A.可能です。ただし、「一つのメールアドレスに対してApple IDが一つ」となっているため、新しいメールアドレスを用意する必要があります

Apple IDを新規作成する手順

Apple IDを新規作成する手順は以下の通りです。
今回はiPhoneの「設定」から新規作成する方法をご紹介します。

Apple IDを新規作成する方法

①「設定」→「アカウントとパスワード」→「アカウントを追加」

②「iCloud」をタップする

 

Apple ID,新規作成,iCloud 

 

↓ 

③「Apple IDを新規作成」をタップする

 

Apple ID,新規作成,設定

④これ以降、画面の案内に従い「生年月日」「名前」「メールアドレス・パスワード」「携帯電話番号」を入力していく

⑤「利用規約」に同意する

⑥登録したメールアドレス宛に「アカウント確認」が届くので、メールにあるリンクをタップし、パスワードを入力する

Apple IDを新規作成するメリット・デメリット

Apple IDを新規作成することで、アプリの購入履歴を別々に管理することができます
また、iCloudの「無料分の容量(5GB)」をアカウントの数だけ利用できるという利点もあります。

一方で、違うApple IDアカウントを利用したい場合、毎回「サインイン作業」が必要になってしまったり、管理自体が面倒くさくなってしまうというデメリットも考えられます。

iCloudから不要なアプリを消す方法

iCloudの容量がいっぱいになってしまった方のために、iCloudから不要なアプリデータを消す方法をご紹介します。

iCloudから不要なアプリを消す手順

①「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」の順にタップする

②「ストレージを管理」→iCloudにバックアップされているアプリの中から削除したいアプリをタップする

 

iPhone,iCloud,ストレージ管理 

 

③「書類とデータを削除」「データを削除」などをタップする

 

iCloud,ストレージ管理,書類とデータを削除

iPhoneを初期化で消去できるアプリデータ・できないアプリデータ

iPhoneを初期化することで、すべてのダウンロード済みアプリを画面上から削除することができます。

ただし、アプリのデータはApple IDと紐づけられているため、「AppStore→アカウント→購入済み」にはデータがしっかり残っています

iPhone上から完全にアプリを削除する場合は、iPhoneを初期化する前に、「購入済み」にあるアプリのデータを削除しておく必要があります。

  iPhoneのデータ消去!完全強制初期化する方法を解説!

消去(非表示)したアプリを復活させる方法

ここでは、消去(非表示)したアプリを再び使用できるようにする方法を解説します。

すでに消去しているアプリを復活させる方法は、主に以下の3つがあります。

AppStoreからインストールする

最も単純な方法は、AppStoreから再びインストールする方法です。

復活させたいアプリの名前を覚えている場合には、AppStoreで検索をしてインストールしましょう。

AppStore購入済みから復活させる

「復活させたいアプリの名前が思い出せない!」という場合には、「購入済み」から復活させましょう。

「購入済み」から復活させる方法

①「AppStore」→「アカウント(人のアイコン)」の順にタップする

②「購入済み」から自分が復活させたいアプリを探して再インストールする

Q.「購入済み」から非表示にしたアプリを復活させることは可能ですか?

「購入済み」から一度非表示にしたアプリも、再びインストールすることは可能です。

非表示にしたアプリをインストールする手順

①「AppStore」→「アカウント(人のアイコン)」の順にタップする

②「ユーザー名」をタップする

③下にスクロールすると「非表示の購入済みアイテム」があるのでタップする

 

iPhone,AppleStore,非表示の購入済みアイテム

 

④非表示にしたアプリがあるので、復活させたいアプリを再インストールする

 

非表示の購入済みアイテム,アプリ,復活

以前のApple IDでサインインしてからインストールする

新しいApple IDにアカウントを切り替えることで、実質的にiPhone上のアプリを消した場合には、以前使用していたApple IDにサインインすることで、復活させたいアプリを再び使用することができます。

削除できない(バツが出ない)アプリがあるときの対処方法

最後に、削除できない(アプリを長押ししても×が出ない)アプリがあるときの対処方法をご紹介します。
もし、削除したいアプリに×が出ない場合には、以下の原因を疑い、適切な対処を行ってください。

原因①iPhoneの(一部)標準アプリは削除できない

そもそも、あなたが削除しようとしているアプリが、「Safari」「メッセージ」などの、「iPhoneのプリセットアプリ(標準アプリ)」である可能性が考えられます。

iPhone標準アプリは基本的に削除することができないので注意です。

原因②iPhoneのバグ

iPhoneに何らかの軽微な不具合が発生している可能性があります。

一度iPhoneを再起動してみましょう。
再起動することで、問題が解決する可能性があります。

原因③iOS10より古いOSを使っている

先ほど、プリセットアプリ(標準アプリ)は削除できないと説明しましたが、iOS10以降のOSでは、「メール」や「ミュージック」などの標準アプリを削除する機能が追加されています。

iPhoneを購入したときすでにインストールされていた「メール」「ミュージック」を消したいけれど、×が出ない場合は、iOSのバージョンが古い可能性があります。

iOSをアップデートしてみましょう。

まとめ

今回は、iPhoneにあるアプリの削除について解説してきました。

「iPhone上のいらないアプ完全に消したい!」「一度削除したアプリを復活させたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

  iPhoneへ機種変更!データ移行方法を解説(バックアップ復元)

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す