【iPhone】iCloudのサインイン要求がしつこい時の対処法

iPhoneを使っている時に、「iCloudにサインイン」しつこいほど何度も表示されることがあります。この記事では「iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の原因や対処法やiCloudからサインアウトできない時の対処法を解説をしていきます。

「iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の原因

まずは、「iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の原因の解説をしていきます。「iCloudにサインイン」と表示される原因は、Apple IDに関するトラブルが起きている可能性があります。

サインイン情報がおかしくなっている可能性

「iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の原因の1つ目は、iCloudにサインインしている情報に不具合が起きている場合です。iPhoneは一度サインインすればサインイン情報は残るようになっていますが、その情報自体に何かしらのトラブルが起きている可能性があります。

Apple IDが原因の可能性

iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の原因の2つ目は、Apple IDにトラブルが起きている場合です。Apple IDとiCloudは直接関連しているので、Apple IDの情報が認識されていなくて「iCloudにサインイン」を求められることがあります。

「iCloudにサインイン」の表示がしつこい場合は、Apple IDに登録している情報や支払い情報の更新などが必要になる場合もあります。

「iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の対処手順

では、「iCloudにサインイン」の表示がしつこい場合の対処法を解説していきます。

「設定」から改めてサインイン

「iCloudにサインイン」の表示がしつこい時の対処法で最も簡単なものは、設定アプリから改めてサインインし直すことです。表示がしつこい場合なので、必ずしも改善できるものではありませんが、簡単にできることなので必ず一度行ってみましょう。

設定アプリを開き「プロフィール名」>「iCloud」を順にタップ

設定アプリからサインインをし直す手順は、設定アプリを「プロフィール名」をタップ、そして、「iCloud」と進めます。

Apple IDとパスワードを求められた場合は、入力してログイン

iCloudを開いた際にApple IDとパスワードの入力を求められれば入力をしてサインインをしましょう。Apple IDやパスワードの入力を求められない場合はサインアウトしてからサインインをする必要があります。

iCloudからサインアウトしてサインインし直す

「iCloudにサインイン」の表示がしつこい場合は、iCloudにサインインした際に何かしらのエラーでうまく認識がされていない場合があります。iCloudからサインアウトしてサインインし直すことで改善することがあります。手順は以下の通りです。

設定アプリ>ユーザー名>iCloud>サインアウト>データをiPhoneにコピー>サインイン

万が一iPhoneにデータのコピーをし忘れた場合でも、iCloud上にデータをアップロードしてあればサインインし直すことで同期されます。データの消失が気になる方は注意して行いましょう。

利用中のアプリのアップデート