「err_cache_miss」とは?原因と対処法を解説!

パソコンを触っているとerr_cache_missというエラーコードが表示されたことはありますか?そんなerr_cache_missとはいったい何なのか。またerr_cache_missが表示される原因と対処法について解説します。

err_cache_missが表示される原因

ではerr_cache_missが表示される原因を見ていきましょう。

急にerr_cache_missが表示されると怖いですが原因を知ると意外と冷静になれますよ。

 

err_cache_missとはそもそも「前に入力した情報の再送信をページが求めている」状態です。

casheは文字通り「キャッシュデータ」を指します。

「キャッシュ」とはそのWebサイトの一時的な表示データのことです。

なので簡単に言うとChromeがキャッシュを取得するのを失敗しているということなんですね。

Google Chromeでインターネットブラウジングをしているときに突然「フォーム再送信の確認」と「err_cache_miss」がエラーメッセージとして表示されるケースがあります。

戻るボタンをクリックした際に表示される

このエラーが出る原因としてはページに備わっている「戻る」ボタンではなくブラウザの「戻る」ボタンをクリックしてしまった時やフォームに情報を入力して送信するページで送信を行おうとしたときなどに発生します。

すべての原因の根本は「戻る」にあるんですね。

なので戻るときはしっかりと注意して戻る必要があります。

 

err_cache_missエラーが発生するとページの閲覧がスムーズに行えなくなるほか情報を入力する必要のあるページの時にまともに情報を入力できなくなるなどのデメリットが生じます。

なのでerr_cache_missは一刻も早く対処する必要があるんですね。

err_cache_missの対処法5選

ではerr_cache_missの対処法5選を見ていきましょう。

対処法は5つもあるのでどれかを試せば治る可能性があります。

なので多少面倒でもやっていきましょう。

【対処法】①Chromeをアップデート

まずはGoogle Chromeを最新版にアップデートすることでerr_cache_missが解決できることがあります。

Chromeは基本自動アップデートのためバージョン確認や手動アップデートは行わないです。

しかし何らかの原因でバージョンが古くなっている可能性があります。

古いバージョンのChromeを利用する場合そのバージョンに起因する原因でエラーが発生する可能性があります。

Chromeのバージョンアップを確認して新しいバージョンを公開されている場合には新しいバージョンに更新しましょう。

新しいバージョンでは様々な不具合が解消されておりエラーが解消されることが期待できます。

またバージョンアップ後にもエラーが表示される場合にはバージョンアップに加えて設定からキャッシュンを削除することも効果的です。

Google Chormeのバージョンを確認する方法はGoogle Chromeの右上のアイコンをクリックしましょう。

そして「ヘルプ」→「Chromeについて」を開きます。

するとバージョン情報とアップデートが必要な場合にはアップデート情報は表示されているのでそれで確認ができます。

ここで最新版でない場合は最新版にアップデートしておきましょう。

【対処法】②ページを再読み込みする

またページを再読み込みするのもいい方法です。

エラーが表示されたページの「再読み込み」ボタンをクリックしましょう。

ページの再読み込みで正しくページが表示される可能性があります。

5秒でできる操作なのでちゃちゃっとやってしまいましょう!

【対処法】③閲覧履歴を削除

キャッシュは以前の閲覧履歴を蓄積したデータです。

もしこれらのデータに不具合がある場合には新しいキャッシュの取得にも影響を及ぼしてしまいます。

その結果エラーが表示されてしまう原因となってしまいます。

その場合は一度Chromeの設定から閲覧履歴などキャッシュを削除してみるのもいいですね。

キャッシュを削除するとWebページ訪問時に再度キャッシュの取得が行われます。

内容がリセットされて正常なキャッシュを取得できる可能性があります。

次は閲覧履歴を削除する方法です。

あらかじめGoogle Chromeに保存されているキャッシュデータを削除することで予防することができるんですね。

キャッシュデータを削除する方法はGoogle Chromeの閲覧履歴から削除することができます。

Google Chromeの右上のアイコンをクリックして「履歴」を開きます。

「履歴」の「閲覧データの削除」をクリック。

これで削除が完了しました。

キャッシュされた画像とファイルを削除するのは時間がかかるかもしれませんがこれで治るかもしれないのでやってみる価値ありです。