【使いやすさ】iPhone7・7Plusの大きさの違いを5,6,5s,6s,SEと比較!

この記事は約 9 分で読むことができます。

iPhone7の大きさ(インチ数・画面サイズ、センチ・厚み・重さ)を他のiPhone6,7プラス,8,Xなどと比較。iPhone7を格安(3万円台)で一括購入する方法、iphoneと合わせると普通の半額以下の月額料金になる格安simの紹介も

【比較一覧】iPhone7前後の歴代iPhoneの大きさ(センチ / インチ)

 画面サイズ(インチ)画面幅画面高さ厚さ重さ
iPhone 74.7インチ67.1mm138.3mm7.1mm138g
iPhone 7 Plus5.5インチ77.9mm158.2mm7.3mm188g
iPhone 84.7インチ67.3mm138.4mm7.3mm148g
iPhone 8 Plus5.5インチ78.1mm158.4mm7.5mm202g
iPhone X5.8インチ70.9mm143.6mm7.7mm174g
iPhone 64.7インチ67.0mm138.1mm6.9mm129g
iPhone 6 Plus5.5インチ77.8mm158.1mm7.1mm172g
iPhone 6S4.7インチ67.1mm138.3mm7.1mm143g
iPhone 6S Plus5.5インチ77.9mm158.2mm7.3mm192g
iPhone SE4インチ58.6mm123.8mm7.6mm113g
iPhone 54インチ58.6mm123.8mm7.6mm112g
iPhone 5S4インチ58.6mm123.8mm7.6mm112g

iPhone7のケースは他のiPhoneでも使える?

表を見ると分かる通り、iPhone7とiPhone8の画面サイズは全く同じです。

そのため、機種本体のサイズもほとんど変わりません。

厚さや幅、高さに若干の違いはありますが、現在市販されているiPhone7用のケースはiPhone8でも使用することが可能です。

iPhone7・iPhone8で使えるケース

【Spigen】 iPhone8  / iPhone7 対応 TPUケース

Seigen,iphone,ケース

チェックポイント!

ワイヤレス充電にも対応している衝撃吸収性に優れたケース!

薄く、しなやかでiPhoneにつけやすく、それでいて衝撃吸収に優れている特殊TPU素材を採用しているため、「薄さが欲しいけど、衝撃吸収性能も捨てがたい」という欲張りさんにぴったり!

iPhone7プラス・iPhone8プラスで使えるケース

【Eouine】iPhone7Plus/8 Plus対応 カードポケット付き手帳型ケース

iPhone,7,8,ケース

チェックポイント!

便利な大量収納可能なカードポケットつき手帳型ケース

便利な回転式カードポケットだけでなく、衝撃に強いTPU素材を使用しているため、かなり機能性に優れている手帳型ケースです。

カラーバリエーションも豊富で、ストラップホールもついているので個性あふれるiPhoneケースを楽しむことができます。

【買い得】iPhone7買うならAmazonが安い

「iPhoneを買う」と聞くと、AppStoreやキャリアでしか買えないという印象がありませんか?

実はiPhoneは格安でアマゾンで買うことができます。

アマゾンで購入すればアマゾンのポイントも手に入れられるので、かなりお得にiPhone7を購入することができます!

アマゾンのiphone7の価格

アマゾンにおけるiPhone7の価格
 iPhone7(32GB)シルバーiPhone7(32GB)ブラック
 iPhone,7,AmazoniPhone,7,Amazon
値段¥ 36,800¥ 55,800
リンク

iPhone8・iPhoneXはまだ「割高」

今この記事を見ているあなたは、それほどiPhoneの最新機種の機能や性能に魅力を感じていないのではないでしょうか。

もしそうであるなら、iPhone8やXに無理に機種変更する必要はありません

なぜならiPhone7は、日常的に使うには十分すぎる性能を持っているからです。

 

「でも最新機種の方が安心じゃない?」

「古い端末だからすぐ使えなくなりそう。」

という不安があるのなら、安心してください。

アップルはiPhoneのアップデートを頻繁に行っており、約6年前のデバイスであるiPhone5Sでさえも、いまだにサポートしています。

つまりついこの間出たばかりのiPhone7のサポートが早々になくなることはまずありません。

 

そういった点で、iPhone8、iPhoneXはかなり割高です。

魅力を何も感じない機種を「最新だから」という理由だけで購入すると、かなりの損をしていることになります。

iPhone8やXもアマゾンで購入することはできますが、iPhone7で十分だと思う人はよく考えましょう。

iPhone SEのスペックをiPhone6sと比較!防水機能

iPhone7一括購入+格安SIMが最強・最安

なぜ格安SIMがおすすめ?iPhone一括購入のメリットは?

とことんやすくiPhoneを使用したいのであれば、iPhone7の一括購入+格安SIM契約をオススメします。

格安SIMは通常キャリアで契約する価格よりも、かなり安くiPhoneを利用することができます。

ソフトバンクなどが行っている50GBプランなど、キャリアにしかないプランもありますが、出先でそれほどネットに接続しないという方にはそれで十分でしょう。

またLINEモバイルの格安SIMにはSNSをどれだけしても通信制限にならないプランも用意されています。

iPhone7を一括購入するメリットとして、

  • よくわからないプランに加入する必要がない
  • 割賦契約(ローン)の長期ストレスがない

ということが挙げられます。

分割払いに追われる心配がないので、のびのびとiPhoneを使い倒せるのは魅力ですね。

格安SIMの月額料金比較表

格安SIMの月額料金比較表
 LINEモバイルMineoUQモバイル
月額料金500円〜2450円〜1980円〜
リンク linemobile,ラインモバイルMineo,格安SIMUQモバイル,格安SIM

月額料金はどのくらい安くなる?

例としてソフトバンクのカウントフリープラン「ウルトラギガモンスター+」を見てみましょう。

月間50GBの通信容量に加え、「YouTube」「AbemaTV」「TVer」「GYAO!」「Hulu」と、SNSの「LINE」「Instagram」「Facebook」のデータ通信量がカウントされないというプランになっています。

確かに素晴らしそうなプランなのですが、月額料金が7,480円とかなりお高い・・・。

一方で似たようなLINEモバイルのカウントフリープラン「コミュニケーションフリープラン」は月額1110円から利用でき、「LINE」「Instagram」「Facebook」「ツイッター」のデータ通信量がカウントされません。

動画を出先で見ることはできませんが、SNSしかしない人にとってはまさに神プラン。

動画が出先で見られるかどうかだけで約7倍の差が発生しています。

格安SIMの選び方とおすすめ比較ランキング2018!口コミ評判

iPhone7+ポケットWiFiで激安ネットし放題【裏ワザ】

あなたはこれまでの経験から、何度通信制限に引っかかったことがありますか?

もし頻繁に通信制限に引っかかるようであれば、毎月使いすぎなので出先でのiPhoneの使い方をよく考えるべきです。

 

とはいうものの、使いたいもんは使いたいですし、いざという時に通信制限になっているというのが不便であることに変わりはありません。

そんなあなたにはポケットWiFiがオススメ!

 

格安SIMは最低限度しか出先でiPhoneを使わない人向けのプランが多いですが、ポケットWiFiなら出先でガッツリ使える「ギガ放題」があります。

このプランはなんとどんだけデータ通信量を消費しても、追加料金なし!(3日で10GBを超えなければ)通信制限なし!という最強のプランです。

  • 毎月通信制限かかってイライラする。
  • どこでもiPhoneを好きなようにガッツリ使いたい

という方にオススメです。

【2018年12月】無制限ポケットWiFiおすすめランキングと月額料金比較

【結論】iPhone7スペックは十分で安く買える

iPhoneXなどの最新機種と比べると、やはりiPhone7は劣って見えてしまいます。

しかし大事なのは今あなたはどれだけの機能やスペックを求めているかということ。

確かにiPhoneXの方が処理速度は速いです。で、あなたはそんだけの処理速度が必要な作業をiPhoneでしますか?

確かにiPhoneXの方が高機能です。で、あなたはその機能を使いたいですか?使いこなせますか?

 

自分の身の丈以上のiPhoneを購入することは何の得にもなりません。

所詮携帯電話と考えてみれば、これは自明の事柄なのではないでしょうか。

 

実用性でiPhone7を考えてみると

  • ApplePay搭載でSuicaが使える
  • 耐水性能もしっかり備えている
  • 処理速度も普通

などなど、全く劣っていません。

普段使いで使うことを考えると、別にiPhoneXなどの最新機種である必要性ってないんじゃないでしょうか?

型落ちモデルのiPhone7が買い!!!

ところが、世の中は最新のiPhoneが発売されると、すぐにお祭り騒ぎ。

自分の身の丈にあっているかも考えず、最新のiPhoneを購入する人は多いです。

最新版が発売されると、普段使いに全く何の問題もなかったiPhone7も『旧機種』のレッテルが貼られ、売れなくなります。

これによりiPhone7の価格が通常販売時よりも大幅に下がります。

そう!ここが狙い目です。

みんな新しいiPhoneに飛びつきますが、冷静に考えてみるとiPhone7で十分なはずなんです。

にも関わらず、それを大幅値下げされた状態で購入できるのですから、今こそ!型落ちのiPhone7を購入するべきです!

まとめ

今回はiPhone7の大きさやちょっとした利用方法などをご紹介しました。

ほとんどの人はiPhone7程度のスペックで十分なのではないでしょうか。

iPhoneXのような最新機種が発売されている今だからこそ、iPhone7をかなり安くで買うのにいいタイミングです!

iPhoneデビューしたい学生さんは、最新機種にこだわる必要はないですので、安くなっているiPhone7などを保護者の方にお願いしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ自分の使い方にあったiPhoneの必要スペックをもう一度考えて、購入するようにしてください。

 

iPhone7(32GB)シルバー

iPhone,7,Amazon

 

iPhone7(32GB)ブラック

iPhone,7,Amazon

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す