iPhoneのアラームをイヤホンだけで鳴らす方法は?

皆さんはiPhoneのアラームをイヤホンだけで鳴らすことはできますか?

実はiPhoneのアラームをイヤホンだけで鳴らすことはできるんです。

そこで今回はiPhoneのアラームをイヤホンだけで鳴らす方法について見ていきます。

iPhoneのアラームはイヤホンを付けても本体スピーカーから鳴る!

まず大前提としてiPhoneのアラームはイヤホンを付けても本体スピーカーから鳴るんです。

イヤホンをしていても周囲にアラーム音はスピーカーから漏れてしまうんです。

これはマナーモードにしていても防ぐことはできません。

アラームをイヤホンだけから鳴らす方法!他のアプリを活用しよう

ではアラームをイヤホンだけから鳴らす方法を見ていきましょう。

ただアラームをイヤホンだけから鳴らす方法として純正の時計アプリでは設定不可能。

そのため他のアプリを活用する方法しかありません。

おすすめのアラームアプリを紹介!

ではおすすめのアラームiPhoneアプリをご紹介していきます。

アラーム & タイマー

おすすめのアラームアプリとしては

  • アラーム&タイマー

があります。

これは初期設定さえしてしまえば一生使えるアプリになっているのでお勧めです。

目覚まし2.0

次のアラームiPhoneアプリは目覚まし2.0。

目覚まし2.0は週間スケジュールにも対応しているアプリになります。

目覚まし2.0の特徴としては

  • Bluetoothイヤホンでも実行される
  • バックグラウンド機能あり
  • スヌーズ間隔の設定が可能
  • アラーム音を徐々に大きくできる

です。

イヤホン目覚まし時計

次のアラームiPhoneアプリはイヤホン目覚まし時計。

イヤホン目覚まし時計はイヤホンでアラーム設定をするためだけのアプリなんです。

特徴としては

  • 完全無料
  • Bluetoothイヤホンでも実行される
  • バックグラウンド機能がある
  • スヌーズ間隔の設定が可能

です。

アラームアプリを使う際の注意点!動作確認をしておこう

ではiPhoneでアラームアプリを使う際の注意点を見ていきましょう。

アラームアプリを使う際の注意点はいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

マナーモードやおやすみモードになっていないか確認

まずiPhoneでアラームアプリを使う際の注意点はマナーモードやおやすみモードになっていないか確認しましょう。

これは

  • マナーモード有効中
  • おやすみモード有効中
  • イヤホン接続中

であるとサードパーティー製のアプリであれば無音になってしまうんです。

そのためアラームやタイマーを実行させるためにはこのモードたちをOFFにする必要があります。

マナーモードに関してはiPhoneの側面にある「着信/サイレントスイッチ」を前方向にずらしましょう。

これでオレンジ色が隠れた状態になったと思います。

これでOK。

おやすみモードに関しては

  1. コントロールセンターを起動
  2. 月マークをタップ

でOFFにすることができます。

これでOFFにすることができるのでやっておきましょう。

アラーム音量の調整方法

次のiPhoneでアラームアプリを使う際の注意点はアラーム音量の調整方法。

アラーム音量の調整方法としては2つあり

  • 着信・通知音量
  • アプリの音量

にリンクする方法があります。

どちらに属しているのかによって操作が異なってきます。

先ほどのアラーム & タイマーでは「着信・通知音量」がアラーム音量として反映されています。

そのためアプリの音量が0でもアラームを鳴らすことが可能です。

一方おこしてMEというアプリでは「アプリの音量」がアラーム音量に反映されています。

そのためアプリ音量を上げておかないとおこしてMEでは音量がならないことになってしまいます。

アラームを鳴らしたくないなら「バイブのみ」設定もアリ!