【iPhone/iPad】外付けマイクのおすすめ11選!高音質マイクを厳選

iPhoneやiPadに外付けのマイクを接続することで、録音性能が向上し、会議やインタビューの録音、さらには動画撮影にも便利です。今回はそんなiPhoneとiPadに対応している外付けマイクを11点ご紹介します!

iphone ipad 外付けマウス おすすめ

外付けのマイクを使ってみる

外付けマイク iPhone用

iPhoneと外付けマイク、またはiPadと外付けマイク、これらを合わせて一体何に使うのか。ここではその利用シーンについて解説します。

会議やインタビューなどを録音するため

まず利用シーンとして挙げられるのが会議やインタビューなどの録音です。ボイスレコーダーを用意するまでもないとか、特にインタビューであればボイスレコーダーがあると身構えてしまうということで、iPhoneと外付けマイクが使われることが多いです。

動画撮影用

昨今のYouTuber人気と、iPhoneのカメラの画質のキレイさが相まって、iPhoneで動画を撮って投稿することもあるようです。その際、本体のマイクでは集音声の点で物足りない、うまく音が拾えないということがあり、外付けのマイクを使う方が多いようです。

本体内蔵マイクの代わり

もう一つ利用シーンとして考えられるのが、本体マイクの代用です。特に、iPhoneやiPad自体の内蔵マイクが不具合を起こしてしまい、それが本体の問題であり、修理が必要という場合です。修理にせば問題の根本原因を叩くことができますが、手元から1週間あまりiPhoneやiPadがなくなってしまうのは嫌だという場合に、修理に変わる選択肢として外付けマイクが使われています。

外付けマイクの種類

では外付けマイクの種類をご紹介します。

種類

では種類をご紹介します。

コンデンサーマイク

まずはコンデンサーマイク。

コンデンサーマイクは周囲360度関わらず音を拾えるマイクとなっています。

そのため様々なシーンで利用することができるので、色々なユーザーに人気です。

ダイナミックマイク

次はダイナミックマイク。

ダイナミックマイクはその名の通り、少々大きめのマイクとなっています。

また、ダイナミックマイクは集音声にも富んでおりYouTuberなどに人気です。

指向性

では指向性をご紹介します。

全指向性

まずは全指向性。

全指向性とは360度全方向の音を拾う性質のことを言います。

マイクロホンは基本的に全指向性なものが多くなっています。

単一指向性

次は単一指向性。

単一指向性とは後ろの音を集音しにくくなっているマイクです。

前からの音を集めやすくなっているので、集中して音を拾いたい方におススメです。

さらに、単一指向性は楽器用として使われることが多いです。

双指向性

次は双指向性。

双指向性は前方向と後方向の両者から集音をする性質です。

ただ、横方向からの音を拾うことには長けていません。

iPhone/iPad対応の外付けマイクの選び方

ここでは外付けマイクの選び方を解説します。どういう目的でマイクを使うのかをイメージしておきましょう。

音質重視ならLightningポート対応のものを!

マイクの持つ録音性能には大きく分て「モノラル」と「ステレオ」の2種類あります。モノラルは集音した音を一個のまとまりとして処理します。そのため音の奥行きや左右の違いがありません。一方ステレオは左右手前と後ろの区別があるため、音に臨場感があります。本体マイクの代用であればモノラルでもいいです。しかし、会議の録音や演奏の録音、動画の撮影ではステレオを選ぶようにしましょう。

大勢での会議の録音なら全指向性(無指向性)