iPhone

iPhone6sの画面強度とは?史上最強のガラスで割れ減少に繋がるか。

2015年9月19日

ども、Apple Geekです!今回はiPhone6sの画面強度について解説していきます。

iphone6s display

iPhone唯一の欠点である画面の割れやすさは多くのiPhoneユーザーにとって悩みの種でした。

発売と同時に画面を割ってしまう人が毎年恒例のようにツイートされていますが、果たして新iPhone6s/6 PLUSの画面強度は強化されたのでしょうか?

画面について徹底調査した結果をご紹介していきます。

[the_ad id="12721"]

ボディは鉄の鎧に進化した!

aroi

まず、iPhone6sのボディ自体が大幅に強化されています。

過去のiPhoneシリーズではボディに6,000シリーズのアルミ合金を使用してきました。

ちなみにこの6,000番台のアルミは、家庭用のアルミたわし等に使われるレベルなのでiPhone6のボディが曲がるといった事件が多発して話題を呼んでいました。

しかしiPhone6sで使用されているのは、7,000シリーズのアルミ合金です。

これは飛行機や電車のボディに使用されているレベルなので、かなり丈夫であることは容易に想像できると思います。

まさに鉄の鎧です。

iPhone6とiPhone6sのボディ強度を比較した面白い実験動画はこちら。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いくら画面強度が増したとはいえ、地面に落とせば割れるリスクは必ずあります。

実際に私も2,3回iPhoneの画面を割っていますが、ある最強の画面保護シールを貼り付けてから地面に落として割れなくなって非常に助かっています。

画面割れの修理は場合によっては相当な金額を払わなければいけないので、事前に保護しておくことをおススメします。

⇒iPhone6s/PLUSの画面割れ強化ガラス製保護フィルムTOP5はこちら

⇒iPhone6s/PLUS画面割れの修理値段が公開!ソフトバンク/au/ドコモ編