iPhone対応!車で使える低音Bluetoothスピーカー人気ランキング2016!

この記事は約 6 分で読むことができます。

iPhoneで音楽を楽しむのは、もはや定番。でも、自分の車のオーディオがiPhoneに対応していないという理由で、イマイチ楽しめていないという方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな方の為に車で使えるBluetoothスピーカーをご紹介します。

車 スピーカー

車の中でもワイヤレスで使いたい!

車の中で音楽を聴く時、カーオーディオがiPhoneに対応していれば、そこに接続して好きな音楽を楽しむことが出来ます。

しかし、全ての車がiPhoneに対応しているわけではありません。

最初からiPhoneに対応していなかったり、かつては対応していたものの、最新版のiOSでは対応できていなかったりする場合も意外と多いものです。

また、こうした機器はLightningケーブルでiPhoneを有線接続する必要があるので、いちいち繋げたり外したりが面倒というケースもあるでしょう。

そこで今回は、車の中で使えるiPhone対応のBluetoothスピーカー、その中でも特に低音を重視した製品を取り上げていきます。

低音は音楽の中でも土台となる重要な存在。

是非この記事を読んで、自動車ライフをより快適にしてみてください。

Sponsored Links


 LERVING BTS-01 Bluetoothスピーカー

bluetooth スピーカー

 

主なスペック

  • サイズ:直径74mm(円形)
  • 連続再生時間:約5時間
  • 防水機能:なし
  • 防塵機能:なし
  • 出力:不明
  • 最大伝送距離:不明
  • 重量:約260g

直径74mm、手のひらサイズに大迫力の重低音を奏でるスピーカーを内蔵した製品です。

円形かつスピーカーが上を向いているので、車内で自分の耳よりも低い位置に置くこともできます。

連続再生時間は短いものの、Bluetoothだけでなく3.5mmミニジャックやMicro SDにも対応しているので、iPhone以外を使った再生も行うことが可能。

なお、ハンズフリー通話機能も備えてはいますが、応答用のボタンが本体裏(下部)にある為、あまり実用性は高くありません。(また、運転中の使用は地域の条例によって対応に差がある為、ここではお勧めはしません。)

筐体も金属製で頑丈なので、持ち運んで使うだけでなく、車の中に常設しておくスピーカーとしてもお勧めです。

 OmakerM5

omaker m5

主なスペック

  • サイズ:不明
  • 連続再生時間:約7時間
  • 防水機能:IPX7
  • 防塵機能:なし
  • 出力:10W(5W*2発)
  • 最大伝送距離:約10m
  • 重量:約230g

コンパクトなボディにIPX7の防水性能と堅牢性を備えた、アウトドアでも使える便利なBluetoothスピーカーです。

スピーカーは5Wのスピーカーを2発積み、合計10Wの高出力。

低音から高音までしっかり大音量で再生してくれます。

また、屋内外それぞれに最適化されたモードを搭載しているので、置く場所によって切り替えれば、最適な音質で音楽を楽しむことが出来るでしょう。

連続再生時間はもう少し欲しいところですが、その分出力は高いので、音量重視の方にはオススメです。

 Anker プレミアムステレオスピーカー Bluetooth 4.0 (A3143)

anker プレミアム

主なスペック

  • サイズ:約210x60x60mm
  • 連続再生時間:8時間
  • 防水機能:なし
  • 防塵機能:なし
  • 出力:20W(10W*2発)
  • 最大伝送距離:約10m
  • 重量:約617g

Ankerから発売されている高級仕様のBluetoothスピーカーです。

出力は10W*2発の合計20W。家庭でも車でも十分すぎる高出力使用となっています。

連続再生時間も8時間程度なので、日常の使用であれば問題なし。

強いて言えば、重量がやや重いことと、据え置きが前提のデザインなので、車の中ではやや置き場所に工夫が必要という点でしょうか。

その他、有線接続(ライン入力)に対応しているほか、他のAnker製品と同様の18ヶ月保証が付いているので、他社製品より保証期間が長いのもポイントです。

 Lendoo Hi-Fi Bluetoothスピーカー

lendoo hi-fi

主なスペック

  • サイズ:約187×62×47mm
  • 連続再生時間:不明
  • 防水機能:なし
  • 防塵機能:なし
  • 出力:10W(5W*2発)
  • 最大伝送距離:不明
  • 重量:約544g(梱包重量)

5W*2発、合計10Wのスピーカーを搭載したステレオモデルです。

この機種の特徴は、操作ボタンとスピーカーが本体の上に集中配置されていること。

これにより、車内で自分の耳寄り下の位置にスピーカーを置いても、必要以上に音量を上げることなく使用することが出来ます。

サイズも大人の手の平と同じか少し大きいくらいなので、2発のスピーカーを搭載したステレオモデルとしては、必要なスペースも小さいのではないかと思います。

また、ハンズフリー通話機能も搭載されているので、自宅に居る時も作業をしながらこのスピーカーで応答することが可能です。(運転中の使用については、地域の条例等によって対応が異なるので、ここではお勧めはしません。) 

やっぱりLERVING BTS-01 Bluetoothスピーカーがオススメ!

bluetooth スピーカー

 

車の中でも快適音楽ライフを!

というわけで、今回は主に車の中で使うことを想定して、オススメのiPhone対応Bluetoothスピーカーをご紹介しました。

この記事が、カーオーディオがiPhoneに対応していないという方の役に少しでも立てれば幸いです。

なお、本文中でも軽く触れていますが、ハンズフリー機能を搭載した機種でも、運転中の使用については地域の条例により違反とされる場合もあります。

もしそうした用途で使用される場合は、事前にお住まいの地域とお出かけになる地域の関係機関に問い合わせを行い、問題がないか確認されるのがお勧めです。

それでは、快適な音楽ライフを!

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎音質最高!iPhoneのbluetoothスピーカーおすすめランキング2016年版




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す