DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneを完璧に管理する方法

この記事は約 6 分で読むことができます。

みなさんはiPhoneの管理を何で行なっていますか?iTunes?それともiCloud? この2つはどちらもAppleが提供するソフトやサービスですが、iPhone管理以外にも色々な機能をつけすぎてもはや直感的ではなくなってきています。特にiPhoneのバックアップや復元を行うとき、写真やミュージックなどのデータがiPhoneの基本データを個別に保存されていたりしてかなりめんどくさいことになっています。 そこで今回はiPhoneをiTunesやiCloudよりも簡単に管理でき、そしてさらに便利な機能を搭載したDearMob iPhoneマネージャーをご紹介します。

DearMob iPhoneマネージャーのインストール方法

DearMob iPhoneマネージャーはChengdu Digiarty Softwareが提供するソフト。

公式ページから無料でダウンロードすることができます。

すべての機能をフルで使用するには、有料版を購入しコードを取得する必要があります。

DearMob iPhoneマネージャー

Windows版/Mac版どちらも用意されています。

今回はMac版での操作で、ご紹介していきたいと思います。

DearMob iPhoneマネージャーの便利機能

「iTunesやiCloudがめんどくさいのはわかってるけど、このソフトは何が違うの?」

と思う方のために、これからこのDearMob iPhoneマネージャーの素晴らしい機能をいくつか紹介します。

DearMob iPhoneマネージャーの基本操作

インストールしてiPhoneを接続すると、このような画面が表示されることを確認してください。

iPhoneを接続

左上に接続されたiPhoneの名前、右上にはiPhoneのバッテリー状況が表示されています。

画面を見て分かる通り、iTunesのように表示がごちゃごちゃしておらず非常にシンプルで操作しやすくなっています。

もちろんiTunesの持っている基本機能は、このソフトも搭載しています。

 

例えば、iPhoneの名前の横に表示されている「設定ボタン」をクリックしてみましょう。

iPhoneの情報を表示

すると、接続しているiPhoneの基本情報を見ることができます。

Appleに問い合わせをするときに必要な情報が網羅されているので、いちいち迷うこともありません。

iPhoneの基本情報

写真の管理

このソフトを使うメリットを感じてもらうには、まずは写真のバックアップの簡単さを紹介した方がいいでしょう。

まずは『写真転送』をクリックします。

写真管理をクリック

すると読み込みが開始されるのですが、その速度に驚かされます。

接続したiPhoneには合計で11,259枚の写真が保存されていましたが、それらすべてを読み込むのに10秒程度しかかかりませんでした。

iTunesのように待たされなくて済みそうです。

保存されていた写真の容量

プレビュー画面では、普通のパソコンでは難しい「HEIC形式」の写真も見ることができるようになっていました。

が、驚くのはここから。

この「HEIC形式」の写真はブラウザにアップロードしたり、画像加工ソフトで編集する以前に読み込まれない可能性があります。

そのため「JPEG形式」に変換する必要があるのですが、これがかなりめんどくさいです。

Macの場合「プレビュー」を立ち上げ、「書き出す」を選択後、「フォーマット」をJPEGにして書き出す必要があります。

書き出し画面

ところが、DearMob iPhoneマネージャーは端末内の写真をエクスポートするときに自動的にJPEG形式に変換する機能が搭載されています

これにより、いちいち変換しなければいけない手間が省けるというわけです。

この機能をオンにするには以下の手順を踏みます。

  1. 上部タブバーの『DearMob』をクリックして、『環境設定をクリック』                    環境設定をクリック 
  2. 『写真フォーマットをjpg(HEIC)に変換する』にチェックを入れる               書き出しの設定を行う

またHEIC形式をJPEG形式に書き出すか否かは、書き出すときに選択することも可能です。

  1. エクスポートする写真を選択
  2. エクスポートタブの右側に表示されている▼をクリック
  3. 『HEICをJPGにエクスポート』にチェックを入れる(もしくは外す)            HEICをJPGに書き出す

エクスポート自体も時間はあまりかからず、インポートも高速で行えます。

写真管理に関してはiTunesよりも断然DearMob iPhoneマネージャーの方がわかりやすく、便利です!

ミュージックの管理

続いて『音楽管理』の機能について、ご紹介します。

音楽管理を選択 

こちらの読み込みもあっという間に完了し、iPhoneに保存されている曲を管理することができます。

音楽を選択

このソフトの『音楽管理』機能の優れている点は、iPhoneに保存されている曲をパソコンにエクスポートできるところ。

iTunesではこのiPhoneからパソコンに曲を取り出すことができません。

iPhoneは生きているけど、パソコンが死んでしまって管理できないというような状況に活躍しそうです。

 

エクスポートする方法は簡単です。

パソコンに移行したい曲を選択して、『エクスポート』をクリックするだけ。

エクスポートをクリックする

たったこれだけで、iTunesができない曲のエクスポートが完了してしまいます。

ただし注意点として、Apple Musicでダウンロードした曲はエクスポートできません。

これはApple Music内の曲には製作者の権利を守るために、ダウンロードして自由に編曲できないようにするブロック機能がついているためです。

 

エクスポートもこれだけ簡単でしたが、パソコンからiPhoneへの曲の追加も同様にかなり簡単にできます。

上部タブの『音楽追加』を選択し、iPhoneに追加したい曲のファイル、もしくは曲をまとめたフォルダを選択するだけ!

音楽追加を選択

たったこれだけで、しかもiTunesよりも高速に曲をiPhoneに追加することができてしまいます。

iTunesの動作の重さにイライラしている人には、この簡単さはありがたいのではないでしょうか?

ちなみに私はもう、iTunesでiPhoneの曲管理をしようという気が全く起きません。

データをiPhoneに入れて持ち歩ける『USBメモリー』機能

まずはコレ!iPhoneの中に好きなデータを入れて、USBのようにしてデータを持ち歩けるようにする機能です。

これはiPhone内から操作して閲覧することや削除することができないため、安全にデータを運ぶことができます。

ただ、自分で入れたことを忘れてしまうこともあります。

iPhoneを復元すると、入れたデータも消えますので注意してください。

  1. USBメモリーをクリックUSBメモリーにアクセス
  2. 画面左上の追加をクリックし、転送するファイルやフォルダを選択 iPhone USB

まとめ

いかがでしたか?

iTunesやiCloudのバックアップ、復元、ミュージックの管理などめんどくさい作業が全て快適に行えるため、正直iTunesにほとんど触れていません。

そのため、iTunesの基本操作が怪しくなってきましたが、それほどにこのDearMob iPhoneマネージャーの操作が直感的で、簡単ということなのでしょう。

この操作性で、iPhoneのどのファイルも管理できてしまう感動、是非とも体感してください!!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す