iPhone5s/6シリーズ対応のおすすめMVNO SIMカードを徹底比較!

この記事は約 5 分で読むことができます。

ども、Apple Geekです!今回は某MVNO社の元トップ営業マンがおすすめする、iPhoneシリーズ対応のおすすめMVNOをご紹介します。トップ15社の中から徹底比較したデータを元に高機能&格安MVNOを厳選してご紹介していきます。

iphone mvno

 

各キャリアでSIMフリーが義務化されたことにより、これまでの「キャリアと機種を一緒に購入する」という常識がなくなりましたね。

これによって、キャリアはMVNO(仮想移動体サービス事業者)で格安契約し、機種はネットショップなどで格安購入するといった、自分にマッチしたサービスを受けられるようになりました。

⇒ MVNOについて知らない場合はこちら
⇒ SIMフリーとは何か?初心者でも3分で理解できるメリットデメリット

Sponsored Links


iPhoneに対応しているMVNOは?

MVNOとは、簡単に要約すると「携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことをいいます。

iPhoneに対応しているMVNOは有名どころで15社あります。

  1. DMM mobile
  2. OCN モバイル ONE
  3. IIJmio(みおふぉん)
  4. U-mobile(ユーモバイル)
  5. UQ mobile
  6. 楽天モバイル(通話SIM)
  7. b-mobile
  8. NifMo(ニフモ)
  9. ServersMan SIM LTE
  10. ぷららモバイルLTE
  11. ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE
  12. BB.exciteモバイルLTE
  13. hi-ho LTE typeD
  14. mineo (マイネオ)
  15. SkyLinkMobile

対応しているMVNOはどこがおすすめ?

上記15社の中から最もクチコミが多く価格コスト&機能サービス内容が良いものを厳選して5つご紹介します。

プランは一般的な「最大容量+音声通信付き+対応端末所有済み」をモデルに各社で比較したデータを記載しています。

一応すべてチェック済みですが、対応iPhoneは再度各社へご確認をお願いします。

  DMM OCN ぷらら
モバイルLTE
ワイヤレス
ゲート
IIJmio

データ通信
プラン

7G 15G 制限なし 8G 5G
契約タイプ 音声通信
付き
音声通信
付き
音声通信
付き
音声通信
付き
音声通信
付き
端末有無 対応端末
持っている
対応端末
持っている
対応端末
持っている
対応端末
持っている
対応端末
持っている
月額料金 2,580円
+通話代
1,944円
+通話代
3,736円
+通話代
3,500円
+通話代
2,220円
+通話料

 

 DMM mobile(最安月額660円~)


⇒他のプランで月額料金をシュミレーション

通信速度は5つの中で最もスピーディーです。どちらかと言えばデータ通信専用にしたい方へおすすめです。

 OCN


⇒他のプランで月額料金をシュミレーション

通話やメール専用にガラケーを持っていて、データ通信専用にスマホを使い方におすすめです。

 IIJmio(みおふぉん)


⇒他のプランで月額料金をシュミレーション

月々の通話料が半額になるので、通話もデータ通信も使用する方におすすめです。

 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE データ通信は無制限ですが、通信速度が3Mbpsなのが少しネックです。通信速度を気にする場合は、7GB/月150Mbpsで2792の円プランがおすすめです。

通話もOKなので090、070で始まる番号を持つことができ、MNPでの乗り換えも容易にできます。

 ワイヤレスゲート

ワイヤレスゲート
⇒他のプランでシュミレーション

全国40,000箇所以上の公衆無線LANスポットを使い放題という他にはない強いサービスを持っています。コストパフォーマンスも最高なので、データ通信には特化しています。

無制限&速度が速いのは?

容量無制限で速度が速く、IPhoneに対応しているものは現状ではゼロに等しいです。

容量無制限だと、唯一「ぷららモバイルLTE」が対応していますが、その分速度が劣ります。

各キャリア共に顧客の囲い込みが不可能になった今、これからどんどん革新的なサービスをリリースして競争するしかないため、今後のサービスに期待したいですね!

まとめ

SIMフリーが義務化されたことで、Softbank/au/docomoの大手はもちろん、これに多数のMVNO企業が加わり顧客の奪い合いという競争がはじまっています。

より格安で速度も容量も向上するようなサービスや予想すらできない便利な付加価値が生まれてくる可能性は無限大です。

現状では、iPhone対応のMVNOで1番のおすすめは、DMM mobileだと思います。

自分の用途に合わせてぜひMVNOも乗り換え先の選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

執筆者:Apple Geek

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す