【解除方法】iPhone2台持ちでも同期させない!写真共有オフに

皆さんはiPhone2台持ちをしたことはありますか?iPhone2台持ちをしたことがある方はわかると思いますが勝手に同期されてしまいますよね。そこで今回はiPhone2台持ちでも同期させない方法、写真共有をオフにする方法を見ていきます。

iphone同士、またはiphoneとipadを同期させないメリット

まずはiphone同士、またはiphoneとipadを同期させないメリットを見ていきます。

iphone同士、またはiphoneとipadを同期させないメリットには様々ありますよね。

 

まず同期させないメリットとしては同期することで区別がつきにくくなり混乱してしまう恐れを避けることができます。

同期してしまうと内容が似通ってしまうので同期させないほうがいいんですね。

また閲覧したり行動履歴がすべて残ってしまうのもあります。

やましいことはしていなくても自分の行動履歴が残ってしまうのは嫌ですよね。

それを同期先のiPhoneなどに残ってしまうのはそれこそ個人情報が漏洩してしまう一番の原因になりかねないので同期させないほうが賢明です。

 

また同期させないことで端末によって使用目的がはっきり分けることができるということです。

例えばiPadは読書やイラスト、iPhoneでは電子マネー決済やSNS、メッセージアプリを使うなど端末によって使用目的がはっきり分かれているとアプリを同期させたくないなんてことになります。

こうなると同期させないほうが得策ですよね。

【解除方法】iPhone2台持ちでも同期させない方法

ではiPhone2台持ちでも同期させない方法を見ていきましょう。

同期させないメリットはたくさんあるので一度やっておいて損はありませんよ。

写真を同期させない方法

まずは写真を同期させない方法です。

これはiCloudの設定になりますがiCloudの設定から写真の同期を解除することができます。

では早速解除をやっていきましょう。

まずiPhoneのホーム画面から「設定」→「Apple ID」をタップ。

次に「iCloud」をタップした後iCloudを使用しているAppの一番上にある「写真」をタップしましょう。

ここで設定をすべてオフにしましょう。

オフにする項目は

  • iCloud写真
  • マイフォトストリーム
  • 共有アルバム

です。

これで写真を同期させないようにする設定し解除が完了しました。

 

因みに「設定」→「写真」からでも同じくオフにすることができます。

iCloudからオフにすると不便にはなりますが同期を防ぐことができます。

アプリ・メモを同期させない方法

またアプリ・メモを同期させない方法を見ていきましょう。

まずは同期させたくない端末で以下の設定を行います。

設定は「設定」から画面上部のユーザー名をタップ。

次に「iTunesとApp Store」をタップし自動ダウンロード項目にある「App」をオフにしましょう。

これを設定すると同じApple IDで管理しているデバイスでアプリをダウンロードした際に勝手に同期されることはありません。

アプリではなく音楽自体の同期を外す場合は「ミュージック」をオフにしてみましょう。

これでアプリやメモの同期解除が完了です。

 

これでApple IDを1つにまとめることでわずらわしさが無くなったり逆に同じ情報にアクセスしたい場合は非常に便利ですよね。

【解除したい】iphoneとipadを同期させない方法は?

ではiphoneとipadを同期させない方法を見ていきましょう。

iPhoneとiPadで同期したくない場合は以下の方法を試してみましょう。

iphoneとipadを同期させない方法

ではiphoneとipadを同期させない方法を見ていきますがその前に二台持ちのメリットを見ていきます。

iPadではiPhoneでは実現不可能な大画面ですよね。

大画面でYouTubeを見たりすると結構臨場感があって楽しいですよね。

ただiPadでは画面が大きすぎて仕事などには向いていませんよね。

なのでiPhoneで仕事をするなどiPhoneとiPadの2台分けて楽しむというのがメリットですよね。

 

さらにはバッテリー寿命が長くなるなんてこともメリットしてあげられます。

これは2台持っていることで充電する回数が減りますよね。

そうなればバッテリー劣化の原因である充電回数を圧倒的に減らすことができます。

 

充電を繰り返せば繰り返すほどバッテリーの寿命がどんどん短くなっていきます。

なので家ではiPad、外ではiPhoneと使い分けることで充電回数を節約することができます。

そうすれば劣化を抑えることができます。

そもそもバッテリーが長持ちすると

  • バッテリーの減りの心配がなくなる
  • 買い替えの費用が浮く
  • バッテリー交換代が浮く
  • モバイルバッテリーを持ち歩かなくてもよくなる

などメリットがあります。

これら以外にもバッテリー寿命が長くなることでその人の使う状況によって様々なメリットがあると思います。

なのでバッテリー面でもメリットがあります。

 

ではiphoneとipadを同期させない方法を見ていきます。

ハンドオフ機能を停止

まずはハンドオフ機能を停止をしていきます。

このハンドオフ機能を停止することで連動を解除することができます。

ハンドオフ機能とはiPhoneでしていた作業の続きをiPadでできる機能になります。

このハンドオフ機能は意外とオンにした記憶が無くても勝手のオンになっている場合があります。

なのでこのハンドオフ機能をオフにしましょう。

これでiPhoneとiPadの同期が完了しました。

基本的にはiphone2台持ちの時と同じ!

ハンドオフ機能をご紹介しましたが基本的にはiphone2台持ちの時と同じです。

iPhoneであろうがipadであろうが操作は大して変わりません。

iPadではハンドオフ機能が追加されているイメージで大丈夫です。

なのでiPhone同士の同期をキャンセルする手順にハンドオフをオフにする手順が加わる感覚ですね。

2台持ちの人におすすめの設定

では2台持ちの人におすすめの設定を見ていきましょう。

1台持ちとは違って設定などを変える必要があるのです。

では2台持ちの人におすすめの設定を1つ1つ見ていきましょう。

iCloud・アプリの同期