Androidエミュレーターのおすすめをご紹介!安全性は?

今や多数開発されているアンドロイドエミュレーターですが、その数の多さにどれを選べばよいものか判断が難しくなっています。本記事では、動作が軽いものや便利な機能を搭載しているおすすめのエミュレーターをご紹介します。また、安全性や違法性にも触れていきます。

おすすめのアンドロイドエミュレーター

「エミュレーター」とは、「特定の機能などを模倣的に動かすハードウェア・ソフトウェア」のことを言います。本記事で取り扱うアンドロイドエミュレーターについては、Androidの機能・アプリケーション等をパソコンで動かすことのできるソフトウェアを指します。エミュレーターの使用用途は快適なゲームプレイやアプリ・システムの開発、テストなどさまざまですが、いずれにせよ豊富な機能や動作の軽さが重要となります。これらの点に焦点を当て、おすすめのアンドロイドエミュレーターをご紹介します。

ゲームが軽い&安定性抜群な「BlueStacks」

「BlueStacks」はWindows、Macパソコンでのゲームプレイに力を入れているアンドロイドエミュレーターです。数々の企業との連携により、他エミュレーターではプレイできないゲームや制限されてしまう機能の実現を可能にしています。安定した軽い動作で、かつ再現性も高いと言えるでしょう。マクロ機能やRoot化など、エミュレーターのグレーな点は敢えて搭載されていないため、「エミュレーターを使いたいけどグレーゾーンに疑問を感じている」という人にもおすすめできるエミュレーターとなっています。なお、無料版では広告が表示されます。過剰なものではありませんが、どうしても気になる場合には有料版を購入しましょう。

操作が簡単で機能も充実している「NoxPlayer」

「NoxPlayer」はBlueStacks同様、Windows、Macパソコンでのゲームプレイに力を入れています。操作性がAndroid端末に似ており、エミュレーターに慣れていなくても直感的に操作することができます。多くの機能が実装されているにもかかわらず動作も軽いため、非常に人気の高いエミュレーターとなっています。マクロ機能、Root化などが利用でき非常に便利ですが、一歩間違えれば違法行為に抵触してしまう恐れもあるため、十分に知識をつけたうえでの利用が推奨されます。なお、利用は無料ですが広告が表示されます。

機能が豊富で動作も軽い「LDPlayer」

「LDPlayer」もゲームプレイに特化したアンドロイドエミュレーターとなっています。NoxPlayerに劣らず機能が充実しており、動作も軽いため多くのユーザーに利用されています。NoxPlayerに似た操作感でありながらNoxPlayerよりも動作が軽いと評判が良く、動作が重いと感じたNoxユーザーのLDPlayerへの移行も多く見られます。LDPayerはWindowsパソコンのみに提供されているため、Macでエミュレーターを用いてゲームをしたい場合は前出のBlueStacks、NoxPlayerを利用しましょう。こちらも、無料で利用できる代わりに広告が表示されます。

開発者向けエミュレーター「Genymotion」

 

「Genymotion」は、個人利用・機能限定版であれば無料で利用することができます。ゲーム等を楽しむには他エミュレーターに一歩劣ってしまうところがありますが、WindowsだけでなくMac、Linuxでも動作する点やOSのバージョンを選択できる点、XperiaやGalaxy等さまざまな端末を選択できる点など、Genymotion独自の特徴を持っています。これらの特徴は、システムやアプリケーション等の開発者にとって非常に魅力的なものとなっており、開発にあたって動作確認やテストを行う際に用いられることの多いエミュレーターとなっています。

その他のアンドロイドエミュレーター一覧

前項でご紹介したおすすめエミュレーターの他にも、数多くのアンドロイドエミュレーターが提供されています。前出のエミュレーターにピンとこない、使用感が求めているものと違う、というケースもあるかと思います。そこで、前項に名前が挙がらなかったエミュレーターを、使用用途や機能に触れつつご紹介します。

MEmu

「MEmu」は圧倒的に軽い動作が売りのアンドロイドエミュレーターで、ゲームプレイに特化しています。他エミュレーターを使っていて重さを感じているなら、一度導入してみても良いかもしれません。機能も充実していますが、前出のゲーム特化型エミュレーターであるBlueStacksやNoxPlayer、LDPayerに比べ、ゲームによっては再現性や安定性に一歩劣るところがあります。

Windroy

「Windroy」は非常に軽い、シンプルなアンドロイドエミュレーターとなっています。MEmu以上の軽さを誇っており、「とにかくパソコンが重い」という人には最適と言えるでしょう。その反面、初期状態ではgoogle playストアが利用できず、他エミュレーターに比べ導入からアプリ使用までに多少手間がかかってしまうところがあります。また、現在は公式サイトにアクセスできず開発・サポートが終了していると考えられ、今後Androidが発展していくに伴い、利便性が損なわれてしまうとも考えられます。

Andy

「Andy」はWindows、Mac向けの、多機能さを売りにしているアンドロイドエミュレーターです。多機能でありながら操作がさほど難しくなく、直感的に操作できるところが魅力となっています。しかし、更新は2018年で止まっていてサポートされておらず、動作が安定しないという意見も見られます。現在も継続して発展している他エミュレーターに比べると、売りにしている多機能さも今後さらに劣っていくとみられ、多機能エミュレーターとして強くおすすめするには難しい状況となっています。

Android-x86

「Android-x86」は、エミュレーターではなくオペレーティングシステムの1つです。比較的性能の低いパソコンにも導入することができる点が魅力の1つとなっています。また、継続的に開発が続けられており、機能や快適さの面でも満足に足るスペックを持っていると言えるでしょう。しかし、あくまでもエミュレーターではなくOSのため、導入が少々複雑で、比較的マニア向けであると言えるでしょう。

KoPlayer

「KoPlayer」は、Windows、Mac向けのゲームプレイ特化型アンドロイドエミュレーターです。機能・操作感・軽さなど、いずれも充実していて不便さを感じづらいつくりになっています。その反面、他エミュレーターに比べ突出した特徴がなく、無難な印象に留まってしまっているため、強くおすすめするには一歩足りないエミュレーターとなってしまっています。

Remix OS/Remix OS Player

「Remix OS player」は、前出のAndroid-x86をベースに作られたパソコン向けのOSである「Remix OS」から派生して作成された、ゲームプレイ特化型のアンドロイドエミュレーターです。インストール・アンインストールが簡単に行える点は魅力ではあるものの、独自のUIであり操作感が他エミュレーターと異なる点や、導入に求められるスペックが高めである点などがデメリットとなっており、万人受けするエミュレーターとは言い難いと言えるでしょう。

Android Studio

「Android Studio」は、Googleにより提供されているAndroidアプリ用の開発環境です。Windows、Mac、Linuxでの利用が可能です。あくまでも開発環境であるため開発者向けの仕様となっており、初心者がエミュレーターとして使用するには適していません。また、開発者向け環境としても前出のGenymotionに比べ動作が重く、かなりの容量を必要とする点から、気軽に使うことが難しくなっています。高スペックパソコンを使用していて、Googleからの提供である信頼性に重きを置く開発者に向けては非常に有用な環境であると言えるでしょう。

Xamarin

「Xamarin」は、Microsoftより提供されているAndroid、iOSアプリの開発環境です。Windows、Macでの利用が可能となっています。Android Studio同様に開発環境のため、単にゲーム等を楽しむためのエミュレーターとしては適していません。C#言語を用いたアプリ開発に最適な環境の1つと言えるでしょう。

AMIDuOS

「AMIDuOS」は、シンプルで直感的な操作のしやすいWindows向けアンドロイドエミュレーターです。動作も速く軽いため使用感は決して悪くありませんが、他エミュレーターに比べ機能や利用できるアプリが少ない点がデメリットとなっています。30日間は無料で利用できるものの、その後は有料となってしまうところも踏まえると、どうしても他エミュレーターに一歩劣ってしまいます。

アンドロイドエミュレーターの違法性

エミュレーターの違法性やグレーな部分を疑問視する声は少なくありません。今や多くのユーザーに親しまれており、ゲーム・アプリ開発など多岐に渡り利用されているアンドロイドエミュレーターですが、その利用は果たして違法ではないのでしょうか。アンドロイドエミュレーターの違法性・安全性を解説していきます。

【違法性】①違法ではない

結論として、アンドロイドエミュレーター自体やその利用は違法ではありません。AndroidOSはオープンソースで開発されたものであり、これは誰であっても使用や再配布、改変等ができることを示しています。そのため、アンドロイドエミュレーターの利用は合法です。ただし、一歩間違えると法律に抵触してしまう使い方もできてしまうものであることを理解し、モラルを持って利用するようにしましょう。また、アプリによってはエミュレーターの機能が利用規約に違反してしまう場合もあります。意図せず違反行為をしてしまわないように、注意が必要です。

【違法性】②安全性は保証できない

アンドロイドエミュレーターが違法ではないことはすでにご説明しましたが、安全性についてはどうでしょうか。エミュレーターの中には有名なメーカーが作っているものや以前から多くのユーザーに親しまれているものもありますが、当然ながらそうでないものも存在します。中にはアンチウイルスソフト等に弾かれてしまうものもあるため、そのようなエミュレーターについては必ずしも安全であるとは言えません。利用したいエミュレーターについて事前にしっかりと調査し、安全性が確認できてから導入することをおすすめします。

まとめ

本記事では、さまざまなアンドロイドエミュレーターの特徴と違法性・安全性についてご紹介しました。エミュレーターを使えば大画面で、快適にアプリ等を楽しむことができますが、違法行為や安全性への注意が必要となってきます。最低限のモラルとリテラシーは身に着けたうえで、快適にアンドロイドアプリを楽しみましょう。