iPhoneのiOSとは何?Androidとの違いを比較!

AndroidはGoogle社によって開発されたOSで、特許はGoogle社が取得していますが、ライセンス料金はかからないため、各メーカーが自社製品にAndroidを搭載することが可能となっています。

そのため、iOSはApple社製品のみに搭載されているのに対し、Androidは「SamsungのGalaxyシリーズ」「ソニーのXPERIA」など、様々なメーカーのスマホに搭載されています。

Android端末のバリエーションは非常に豊富になっている一方で、それぞれの連携は苦手としています。

iPhoneとアンドロイド(Android)どちらが良い?

「iPhoneとアンドロイド、結局どっちが良いの?」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではiPhoneとアンドロイドスマホの違いや特徴について比較していきます。

iPhoneとアンドロイドの違い

iPhoneとアンドロイドでは「OSが違う」「メーカーが違う」ということはすでに説明しました。

その他にも「端末の価格」「使いやすさ」に違いがあります。

端末の価格

基本的には、「iPhoneは高額 / Androidは安価な端末もある」と理解することができます。

シリーズが新しいiPhoneであれば、端末価格は10万円を超えてきます。
一方、アンドロイドはメーカーや端末によっても異なりますが、「Galaxy S9(64GB):約48,000円~」「Zenfone 5(64GB):約47,000円~」など、iPhoneよりは安い価格設定となっているものが多いです。

使いやすさ

iPhoneとアンドロイドは「使いやすさ」にも違いがあります。

iPhoneには「操作方法が分かりやすい・難しい操作がいらない」という特徴があります。
一方、アンドロイド「カスタマイズ性が高い」という特徴を持っています。

iPhoneのメリット・デメリット

iPhoneには、「スマホ初心者でも扱いやすい」「他のApple製品と連携できる」といったメリットがあります。

直観的に操作できるように作られているので、機械が苦手という方におススメです。
また、「Apple Watch」などと連携することで、それぞれの端末の良さをさらに引き出すことが可能です。

一方、iPhoneには「高額」「自分好みにカスタマイズすることが難しい」というデメリットがあります。

アンドロイドのメリット・デメリット

アンドロイドのメリットには、「端末が比較的格安」「自分好みにカスタマイズできる」といったものがあります。

最も魅力的なポイントは、性能はiPhoneとそれほど変わらないのに「端末が安い」という点です。
スマホにお金をかけたくないという方は、アンドロイドがおすすめです。

一方、アンドロイドのデメリットには、「設定がiPhoneよりも複雑」「Apple製品と連携するのが難しい」といった点があります。

  iPhone iOSとAndroidスマホのシェアを比較

iOSのバージョンアップデートはするべき?メリット・デメリット

時折iOSのバージョンアップデートを行うと、バグや不具合が発生することがあります。

  iPhone/iPadのiOS10アップデートによる不具合まとめ速報

そのため、「iOSのアップデートをするべきかどうか」悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

基本的には、iOSのアップデートが届いた場合、「アップデートするべき」です。
iOSのアップデートには、様々なメリットがあるからです。

iOSアップデートのメリット

  • 新機能の追加
  • 端末のパフォーマンス改善(反応速度の向上・セキュリティ強化など)
  • 不具合の改善
  • アプリの対応(最新のiOSでないと対応しないアプリもある)

ただ、iOSをアップデートすることで、不具合が発生したり、端末の速度が遅くなってしまうケースもあるので、アップデートの判断は慎重に行いましょう。

  iPhone iOSが勝手にアップデートされる?正しいアップデート講座

まとめ

今回は、「iOS」や「Android」などのOSについてまとめてきました。

iOSやAndroidの違い、その他のOSの違いなど、気になる方は当記事を参考にしてみてください。

iPhoneとアンドロイドのどちらを選べばいいか悩んでいる方は、iPhoneって実際どうなの?性能、料金プラン、Androidと比較して徹底解説!の記事もチェックしてみて下さい!

コメントを残す