AirDropの名前を変更するには?変更しないと危険な場合も

Apple製品同士のiCloudの写真などのデータ転送に便利なAirDrop機能ですが、利用時にMacやiPhoneの名前を変更していますでしょうか。利用時に名前を変えていないと危険な理由や、名前の確認や変更方法、受信設定などについて解説いたします。

AirDropの名前を変更するには?変更しないと危険な場合も

AirDropの名前を変更する方法

AirDropを利用する際は、まずはどのiPhoneやiPad、Macパソコンとデータを連携するのかを選択する画面が表示され、対象の送信先デバイスの名前を選択することでデータを送る事が可能です。データを受け取る時も、送ってきた相手の名前を確認して、データを受け入れるかを選択します。

iPhoneやiPad、Macパソコンでの名前は、初期設定では多くの場合、本名で設定されている事が多いです。ここでは、あなたのiPhoneやiPad、Macパソコンの名前がどのように表示されるのかを確認する方法と、表示される名前を変更する方法についてご紹介いたします。

今まであまり気にしていなかったという方や、これからAirDropを使う方は、必ず確認して、設定・変更しておくことをおすすめします。

【AirDrop】iPhone・iPadの名前を変更する方法

iPhoneやiPadのAirDropで表示される名前の変更方法について、ここではiPhoneの画面の画像を使ってご説明しますが、iPadもほとんど同じ手順です。

①まずは、iPhoneやiPadで設定アプリを起動しましょう。

②「一般」をタップしてください。

③「情報」をタップしてください。

④「名前」をタップしてください。 ※ここに表示されている名前が現在設定されている名前です。

⑤変更したい名前を入力してください。

 

上記の手順で簡単にiPhone・iPadのAirDropで表示される名前を確認し、必要に応じて変更することができます。

【AirDrop】Mac・Macbookの名前を変更する方法

Macのパソコンを利用してAirDropでデータを受け渡しする際に、Macパソコンの名前が表示されるようになっています。そのため、Macの名前も把握して、必要に応じて変更しておく必要があります。以下の手順で確認と変更を行いましょう。

画面左上にある、Appleマークのアイコンをクリックしてください。

②上から2行目の「システム環境設定」をクリックしてください。

1、2

③「共有」のアイコンをクリックしてください。

④画面上部のコンピュータ名を確認してください。 ※ここに表示されている名前が現在設定されている名前です。

⑤変更したい名前を入力してください。

上記の手順で簡単にMacのAirDropで表示される名前を確認し、必要に応じて変更することができます。

AirDropの受信制限する方法

制限AirDropの設定で、データを受信する際の送信元を制限する事が可能です。

AirDropはApple製品同士であれば簡単にiCloudの写真や動画などの大量のデータを転送できるため、とても便利な機能です。しかし、受信制限をしておらず、誰でもデータをあなたのデバイスに送信できる状態になっていると、本名が漏えいしていたり、見知らぬ人から不快なデータが送られてきて嫌な思いをしてしまう事件が発生する可能性があります。

簡単ですぐにできる設定ですので、この機会にしっかりと受信制限の設定をしておき、名前が漏えいしたり、不快な思いをしないように対策しておきましょう。

iPhone・iPadのAirDrop受信制限設定

iPhoneやiPadのAirDropの受信制限の設定について、ここではiPhoneの画面の画像を使ってご説明しますが、iPadもほとんど同じ手順です。

iPhoneの画面上で、画面下から上に向かってスワイプし、コントロールセンターを表示し、Wi-Fiのマークを押し込みます。

②AirDropのマークをタップします。

③「受信しない」または、「連絡先のみ」を選択する。

「受信しない」に設定した場合、AirDropの際に相手のデバイスが検出されなくなります。普段あまりAirDropを利用しないという方は「受信しない」に設定しておくのが最も安全です。ただし、利用する際に毎回設定しなおす必要があります。

また、「連絡先のみ」を設定した場合は、連絡先として登録している人にしか検出されることがありません。毎回AirDropを利用する度に設定をするのが面倒な方は「連絡先のみ」に設定しておくことをおすすめします。

※「すべての人」に設定した場合は、誰でもあなたのiPhoneやiPadの名前を検出でき、AirDropでデータを送信する事が可能な状態です。

【AirDrop】mac・macbookのAirDrop受信制限設定

Macパソコンでも以下の手順で受信制限設定が可能です。

①Macの株にあるメニューバーの「Finder」をクリックします。

1

Finderのウィンドウ左側の「AirDrop」をクリックします。

2

Finderのウィンドウ下の方の「このMacを検出可能な相手」をクリックします。※ここに現在の設定状態が表示されます。

3

④「なし」または、「連絡先のみ」を選択する。

iPhone・iPad同様に、「なし」に設定した場合、AirDropの際に送受信の対象として検出されなくなり、「連絡先のみ」を設定した場合は、連絡先として登録している人にしか検出されません。

※「すべての人」に設定した場合は、誰でもあなたのMacパソコンの名前を検出でき、AirDropでデータを送信する事が可能な状態です。

【AirDropの名前を変更するには?】名前を変更しない危険性

AirDropの受信制限の設定やデバイスの名前を変更する方法を紹介しましたが、なぜAirDropを利用する際に名前を変更したり、受信制限の設定をしておく必要があるのでしょうか。ここでは、もしAirDropを頻繁に利用する人が名前を変更しないことで起こってしまう可能性があるトラブルについて紹介いたします。

本名が漏えいする

AirDropをよく利用する人がデバイスの名前を変更しないと、周囲の知らない人に本名が漏えいしてしまう可能性があります。iPhoneやMacパソコンの名前の初期設定の状態では、本名になっているケースがよくあります。そのため、AirDropの受信制限設定をしていないと見知らぬ他人のAirDropの送信先として、あなたのiPhoneやMacパソコンが候補として検出されてしまい、本名が漏洩してしまいます。

迷惑画像を送り付けるAirDropテロが問題に

AirDropの受信制限の設定をしていないことで、知らない人から迷惑画像や写真を大量に送信されてしまうという被害が発生することがあります。AirDropは便利な機能である一方で、悪用される可能性があり、受信制限設定や名前を変えていない相手に、故意に迷惑画像や写真を送る人がいるのも事実です。簡単な設定で防ぐ事ができる被害なので、必ず設定しましょう。

痴漢に遭うことも