apple関連 iOS iPhone

AirDropの名前を変更するには?変更しないと危険な場合も

AirDropを使う際に本名が表示されて困ったことはありませんか?

設定方法によっては知らない人にフルネームを知られてしまう危険性もあります。

この記事では、AirDropの名前の変更方法や受信制限を変更する方法をご紹介します。

AirDropの名前を変更するには?変更しないと危険な場合も

AirDrop(エアドロップ)の名前を変更する方法

AirDropの名前は初期設定ではiPhon○○と機種名になっています。AirDropをしようと思っても、相手の名前が同じ場合は困ってしまいますよね。

そこでAirDropの名前を変更する方法を順番に紹介していきます。

そもそもAirDropってどんな機能?

AirDropはApple同士の場合、写真や画像、連絡先などのコンテンツをオフラインでも共有することができる機能です。

また、LINEなどを使って写真や画像を共有する場合、オリジナルサイズで共有できませんが、AirDropの場合はオリジナルサイズで共有が可能なのも特徴です。

BlueToothとWi-Fiを有効にするだけで簡単に使える

AirDropはオフラインで利用できますが、コンテンツを共有するにはBlueToothとWi-Fiを有効にしておく必要があります。

Wi-Fiの電波がなくてもWi-Fiの設定が必要なので、忘れないようにしましょう。

大前提!AirDropの名前は〇〇だった!

現在、AirDropを使わなくてもLINEなどのコミュニケーションツールを使ってコンテンツを簡単に共有できてしまうので、AirDropに表示される名前がどうなっているのか知らない方も多いと思います。

結論から言うと、AirDropに表示される名前は、AirDropをしようとしているデバイスに設定している名前が表示されます。

iPhoneでもiPadでもMacでもデバイスに名前を設定でき、その名前がAirDropを利用する際に表示される仕様になっています。

インターネット共有でも端末の名前が表示される

現在多くのキャリアではインターネット共有(テザリング)を無料で利用可能です。

インターネット共有でもiPhoneなどに設定している

【AirDrop】iPhone・iPadの名前を変更する方法

では、iPhone/iPadの名前を変更する手順をご紹介します。

  • 設定アプリを起動し一般をタップ

  • 「情報」をタップ

  • 「名前」をタップ

  • 変更したい名前を入力する

基本的にはどんな名前でも設定は可能です。

ただ、前述した通りインターネット共有でも他人のデバイスに表示される可能性があるためバレたら恥ずかしいと感じるような名前の使用は控えましょう。

【AirDrop】Mac・Macbookの名前を変更する方法

次に、MacでAirDropの名前を変更する手順をご紹介します。

  • メニューバーのアイコン>「システム環境設定」をクリック(LaunchPad のシステム環境設定からでも可)

1、2

  • 「共有」のアイコンをクリック

  • 画面上部のコンピュータ名を確認

※ここに表示されているコンピューター名が現在設定されている名前です。

変更したい名前を入力するだけで、簡単にMacの名前を変更することができます。

自分のiPhoneとMacでコンテンツの共有をする場合、AirDropよりもiCloudで共有できるファイルアプリ(MacではiCloud Drive)の方が便利ですが、オフラインでも利用できるのはAirDropのメリットです。

AirDropの受信制限する方法

制限

AirDrop(デバイス)の名前を変更できても、受信制限をしていないと知らない相手から勝手にコンテンツを送りつけられる危険性があります。

ご自身の身を守るために、AirDropの受信制限を設定する手順はしっかりと覚えておきましょう。

iPhone・iPadのAirDrop受信制限設定

iPhone/iPadでは、コントロールセンターで簡単にAirDropの受信制限をすることができます。

コントロールセンターを開くのはシリーズによって若干違いがあるので注意しましょう。

  • ホームボタンなし:画面右上から下にスワイプ
  • ホームボタンあり:ホームボタン上から上部にスワイプ

コントロールセンターが開いたらWi-Fiアイコンをタップ

  • AirDropのマークをタップ

  • 「受信しない」または、「連絡先のみ」に設定する

「すべての人」に設定されていると、知らない人が勝手にコンテンツを送りつけてくることで不快な気分にさせられてしまうことがあります。

今一度どのような設定になっているか確認してみましょう。

設定アプリから受信制限する方法

設定アプリからでも以下の手順で受信制限は可能です。

  • 設定アプリ>一般>AirDrop>設定する

Mac・MacbookのAirDrop受信制限設定

Macでは、FinderからAirDropの受信制限が可能です。

  • 「Finder」をクリック

1

  • サイドバーの「AirDrop」をクリック

2

  • このMacを検出可能な相手」をクリック

※ここに現在の設定状態が表示されます。

3

  • 「なし」または、「連絡先のみ」に設定する

通知センターでAirDropの有効/無効と設定も可能に

メニューバーに通知センターアイコンが表示されているMacOSを積んだMacの場合は、通知センターからでも設定が可能です。

  • 通知センター>AirDrop>設定する

【AirDropの名前を変更するには?】名前を変更しない危険性

AirDropおよびデバイスの名前の変更は必須ではありませんが、危険な目に遭う可能性が生じます。

AirDropの名前を本名にしておくことで生じる3つの危険性もしっかりと理解しておきましょう。

本名が漏えいする

デバイスの名前を本名にしてあり、AirDropの受信設定を「すべての人」にしてあると、知らない人に本名を知られてしまう危険性が生じます。

不特定多数がいる状況なら本人まで特定される可能性は高くありませんが、本名が知られてことでSNSなどから特定される危険性もあるので、極力本名からは変更しましょう。

迷惑画像を送り付けるAirDropテロが問題に

AirDropに関しては、電車など不特定多数がいる状況で不快に感じるような写真や画像を勝手に送りつける【AirDrop痴漢】が社会問題になっています。

AirDrop痴漢の加害者がすでに摘発されたという事例もあるため、自分の身を守るために、この記事で紹介した方法でしっかりと名前の変更と設定の変更をするようにしましょう。

AirDropを使った迷惑行為

AirDropを使った迷惑行為は痴漢だけではありません。AirDropナンパや勧誘など、さまざまな迷惑行為が確認されています。

おすすめのAirDropの名前

ここまでは、AirDropの名前の変更方法や受信制限の設定方法をご紹介してきました。

急に名前を変更した方がよいと言われても、どんな名前にしたらいいのか悩んでしまう方もいると思います。

最後に、おすすめの名前のパターンをいくつかご紹介します。

①ニックネームやイニシャル

AirDropの名前の設定で困ったら、とりあえずニックネームやイニシャルを設定しておくのが無難です。

本名をバレてしまうようなニックネームの場合はおすすめできませんが、イニシャルなら本名がバレることはありません。

②顔文字や絵文字

AirDropの名前は、顔文字や絵文字の設定も可能です。

iPhoneにデフォルトで登録されている顔文字以外にもネットで探せばさまざまな顔文字が公開されています。

  • 【顔文字候補】(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡・(。•ω- 。) ⌒♡・etc...
  • 【絵文字候補】😄・👍・😎・🐥・🙊・👶・etc...

③面白いAirDropの名前

AirDropの名前は、普段AirDropを使うことがなければ他人に見られることはありません。

なので、いっそのこと自分が面白いと思う名前に変更するのもおすすめです。

芸人さんのネタでもいいし、気になったコンテンツのネタでもいいので、気にならなければネタ系に走るのもおすすめです。

④好きな言葉や名言

AirDropの名前には、好きな言葉や名言を設定するのもおすすめです。

Apple創成者のスティーブ・ジョブスの「Stay Hungry,Stay Foolish」などの格言になるような言葉や、漫画スラムダンクの「諦めたらそこで試合終了」などの名言などもおすすめです。

⑤好きな歴史上の人物

AirDropの名前を変更する場合、好きな歴史上の人物の名前に変更するのもおすすめです。

坂本龍馬や織田信長などの歴史に名を残すような武将の名前でもいいですし、アインシュタインやエジソンなどの偉人の名前もおすすめです。

まとめ

AirDrop、写真、iPhone、移行いかがでしたでしょうか?AirDropに表示される名前の変更方法をご紹介していきました。

本名にしておくと、個人情報の漏洩やAirDrop痴漢の被害遭う危険性も生じます。この記事を参考に、一度自信のAirDropの設定を見直してみてください。