iPhone の迷惑メールフォルダの役割とは? 4 つの原因と対策方法!

今回は迷惑メールフォルダの役割や迷惑メールが来る 4 つの原因と対策方法をご紹介します。

なぜか急に届く大量の迷惑メール

ブロックしても全く効果の無いメールにストレスを感じている方も多いでしょう。

そこで今回は迷惑メールフォルダの役割や迷惑メールが来る 4 つの原因と対策方法をご紹介していきます。

iPhone の迷惑メールフォルダの役割

上記アイコンではメールリストに迷惑メールフォルダが存在します。

例えば SoftBank だと i.softbank.jp のメールです。

この迷惑メールフォルダの役割は、 iCloud が自動でスパム判定したメールを受け取ってくれることです。

また、受信ボックスに入ってきた迷惑メールを手動で迷惑メールフォルダへ移動することができます。

迷惑メールは 30 日で削除される

ちなみに迷惑メールフォルダ内のメールは 30 日経過した時点で全て削除されるサイクルになっています。

稀に友達からのメールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっている場合があるので、定期的にチェックしておくことをおススメします。

手動移行すると登録されるのか

迷惑メールに手動で移動しても次回以降も振り分けされるわけではありません。

特定のメールアドレスからのメールを迷惑メールへ自動で振り分けたい場合は、各キャリアの迷惑メール設定から対象アドレスを登録する必要があります。

iPhone の迷惑メール設定方法|au / docomo / SoftBank 編

迷惑メールの設定方法は各大手キャリアが公式サイトにて説明してくれています。

アドレスによって異なる対応があるようなので、お使いのキャリアのサイトを確認してみてください。

設定内容を確認した上で、対応してみてください。

iPhone に迷惑メールが届く 4 つの原因とは?

迷惑メールが届く原因は主に以下の 4 つが挙げられます。

  1. 懸賞サイト
  2. 出会い系サイト
  3. メルマガ会員登録
  4. 無差別に送ってくる

業者間で個人情報が違法に取引されている可能性があります。

実際にメールアドレスをインターネット上からツールで吸い上げて販売する悪徳業者が存在することは確かです。

最近、どこかでメールアドレスを入力したか思い出してみてください。

また、無差別に予測してメールを送りつけてくる業者もあります。

1 発でブロックする方法とは?

この手の迷惑メールは何回ブロックしても全く効果がないケースがほとんどです。

この場合は、メールアドレスを変更してしまえば 1 発です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

迷惑メールって本当に邪魔者ですよね。

メールアドレスを変更すると何かと大変ですが、毎日送られてくる迷惑メールへのストレスを考えたらマシだと思います。

1 回アドレスを変更したら、次からメールアドレスの入力を行う際は細心の注意を払いましょう。

関連記事

コメントを残す