iPhone6s/PlusとiPhone6のスペックを比較!革新的な新機能9選とは?

この記事は約 7 分で読むことができます。

ども、Apple geekです!今回は遂に2015年9月9日の新製品発表会で発売が決定したiPhone6s/6s Plusで新しく追加される機能と従来のiPhone6のスペックの比較をご紹介します。

iPhone6s Force Touch

遂に9月25日に発売が決定したiPhone6sと6s Plusに今世界中が注目していますね。

今回はApple新製品発表会で公式発表された待望の新機能を元に従来のiPhone6のスペックと比較していきます。

Sponsored Links


IPHONE6S/6S PLUSで追加される注目のスペック

まずはこちらの比較表をご覧ください。

 iPhone 6siPhone 6s
Plus
iPhone 6iPhone 6
Plus
容量16/64/128GB16/64/128GB
ディスプレー4.7型液晶5.5型液晶4.7型液晶5.5型液晶
画面解像度1334×750
ドット
1920×1080
ドット
1334×750
ドット
1920×1080
ドット
画素密度326ppi401ppi326ppi401ppi
コントラスト比1400:11300:11400:11300:1
サイズ67.1×138.3
×7.1mm
77.9×158.2
×7.3mm
67×138.1
×6.9mm
77.8×158.1
×7.1mm
重量143g192g129g172g
CPUApple A9、M9Apple A8、M8
カメラ12メガ/F値2.28メガ/F値2.2
インカメラ5メガ/F値2.21.2メガ/F値2.2
動画撮影4K/30fps、
HD(イン)
フルHD/60fps、
HD(イン)
指紋認証○(第2世代)
販売キャリアドコモ、au、ソフトバンク、
SIMフリー
ドコモ、au、ソフトバンク、
SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)?
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)?
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
900MHz(8)/AXGP(41)?
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
900MHz(8)/AXGP(41)
最大通信速度 下り150Mbps
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac MIMO対応
(2.4/5GHz)
802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz)
SIMサイズnanoSIMnanoSIM
コネクターLightningLightning
通話時間(3G)14時間24時間14時間24時間
連続待受時間10日16日10日16日
ネット利用時間
(3G/LTE)
10時間
/10時間
12時間
/12時間
10時間
/10時間
12時間
/12時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
11時間
/50時間
14時間
/80時間
11時間
/50時間
14時間
/80時間
カラバリシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドシルバー、ゴールド、スペースグレイ

引用元:http://weekly.ascii.jp/

 

Force Touch(3D感圧タッチ)の搭載

Force Touch

Force TouchはApple Watchや新型Macbookなどにも搭載されている、感圧タッチ入力機能のことです。

Apple WatchのディスプレイまたはMacboocのトラックパットをユーザーが指で押す力の違いを判別することで、操作の流れを自在に変えることができます。

例えばApple Watchの場合だと、ディスプレイを強く押すと”文字盤が切り替わり”軽く押すと”マップで住所検索”などです。

電話の応答可否といった2者択一のシーンで感圧タッチによる操作などが可能になり、あらゆる場面で時間短縮できることが考えられます。

従来のForce Touchからさらに進化!?

Apple Watchと新型Macbookに搭載されているForce Touchは押す力の強弱を感知するシステムでしたが、iPhone6sに搭載されるForce Touchでは一味違います。

改良型のForce Touchを搭載か

現在搭載されているForce Touchでは、指の押す力を直接感知するシステムに対して、改良型Force Touchではディスプレイに指がどれくらい触れるかを感知するシステムに進化するそうです。

これによりさらに正確に感知できるようになり、タッチ&スライド操作による複雑な入力がさらに可能になるとのことです。

ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチのまま

iPhone6 Plus

ディスプレイのサイズは従来と同じ4.7/5.5インチモデル。

カメラ機能が大幅に進化!

iphone6s camera

iPhoneには今までもソニー製のイメージセンサーが搭載されてきましたが、今回のiPhone6sでは大幅に進化を遂げています。

iPhone6では8MPの800万画素だったものが6sで12MPの1200画素に進化し、一眼レフもビックリの画質が実現します

画素数はiSightカメラが12メガ(従来は8メガ)、FaceTimeカメラが5メガ(同じく1.2メガ)です。

マイクの追加と通話品質の向上

iphone6s maic

 音声のクオリティーを向上するために、スピーカーの近くにマイクを追加することが予想されています。

A9プロセッサーと2GB RAMの搭載

トリプルコアA9プロセッサー搭載によって、従来の1GBから2GBへ容量が進化し、動作はiPhone6と比較して数段軽快になるでしょう。

過去にないレベルのパフォーマンスと電力効率により、高性能と低消費電力の両方を確立することが可能になります。

iPhone6sに搭載される2GB RAMについてはこちら

ケーシングの構造改良による本体強度の向上

詳しくは明かされていませんが、フレームの構造を改良することで本体強度を向上させ、落下による故障のリスクを減少させる狙いがあるようです。

また、Apple Watch Sportのケース素材に使用されたApple独自開発の7000シリーズアルミニウムのアロイ」が採用されました。

この7000シリーズアルミニウムのアロイは、標準的な合金より60%も強く頑丈でステンレスと比較して密度が低いため軽量化にも成功しています。

5.5インチモデルへのサファイアディスプレイの搭載

サファイア

 サファイアはダイヤモンドの次に硬い天然素材と言われていますが、iPhone6/6Plusに搭載されることはありませんでした。

サファイアディスプレイ

現在はApple Watchのディスプレイに使用されていますが、製造の難易度が非常に高いために有力なパートナー企業が見つかっていないとのことです。

どうやらiPhone7でも搭載の可能性は低いと思われます。

Apple Payに向けたTouch IDの認識精度の向上

Touch ID

iPhone6/6Plusから搭載された指紋認証システムですが、正確に読み込まなかったりする問題が一部ありました。

今回の6sでは、Apple Pay市場に対応するためにも認識精度を向上したとの話です。

ジェスチャーコントロールのサポート

ジェスチャーコントロールとは、本体端末に触れることなく操作をすることができる機能のことを指します。

おそらくsiriでの音声入力機能が進化することが予想されます。

iPhone6s/6sPlusは9月12日から各キャリアでオンライン予約が開始されるとのことですが、発売が今から楽しみですね!

【追記】9月10日

ディスプレイにゴリラガラス4を採用

サファイアガラスの搭載を期待していましたが、結局ゴリラガラス4を搭載することになりました。

ゴリラガラス4はサファイアガラスには劣るものの、iPhoneを1mの高さから落下するテストで80%の画面割れ削減に成功したという情報です。

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す