iPhoneのGPSで居場所を追跡する仕組みと回避策

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPhoneのGPSで居場所を追跡する仕組みと回避策

iPhoneのGPSの追跡機能について紹介します。紛失時や待ち合わせ、SNSアプリで便利に使える一方、ストーカーなどの被害にあう可能性も!安全に使うための設定方法を解説しています。

iPhoneのGPSを使った追跡の仕組み

iPhoneにはGPSが搭載されており、地図やゲーム、写真に至るまでGPSを使って個人の居場所を特定しています。

GPS衛星受信機(スマホやタブレット)によってiPhoneの位置情報は特定できるのです。

GPSはGPS衛星として宇宙に打ち上げられており、地球上の位置を特定しています。

位置情報の精度をあげるために、同範囲内で4機が稼働しており、GPS衛星は常に「位置」と「時刻」の情報送る電波を発しているのです。

GPSを使うにはGPS受信機が必要で、ここで言うGPS受信機スマホタブレットPCが該当します。

GPS衛星から現在地を割り出す方法

GPS衛星から現在地を割り出す方法

iPhoneやiPad、MacBookで位置情報をONまたは位置情報を必要とするアプリを起動すると、端末はGPSからの電波を受信します。

次に受信にかかった時間電波速度をかけることで、GPS衛星と端末までの距離を割り出して現在地を特定しているのです。

そしてこの計算は稼働している4機全てで行うため、同じ計算を4回行なっています。

4回繰り返すことで、位置情報を特定する精度をあげています。(さらに精度をあげるためには多くのGPS衛星を使う)





iPhoneのGPS追跡機能は危険?

GPSはもともとアメリカの軍事用機器として開発されたものですが、スマホやナビとして使われている今、なくてはならないものとなりました。

地図だけでなく、この機能をうまく利用しているのが紛失時に役立つ「iPhoneを探す」、待ち合わせや災害時に相手に自分の居場所を送る「友達を探す」などのアプリです。

とても便利なアプリですが、知らないうちに自分の居場所を相手に送っていると言う状況にもなりかねません。

実際にストーカーや浮気、不倫調査に使われていることも事実です。

ただし、自分でしっかりと管理、設定を行うことでセキュリティを守ることができるので、自分のiPhoneの設定やパスワードの見直しをしましょう。

GPSでバレずに追跡できるアプリはある?

相手にバレずに追跡できるアプリはないと考えてください。

GPSを使った追跡はiPhone所有者の許可が必要です。

実際にアプリを使って追跡しようとすると相手のパスワード連絡先承認が必要になります。

相手の承認なしに居場所を特定する行為は「不正アクセス禁止法違反」「不正指令電磁的記録供用罪」に問われるため、勝手に追跡できるアプリ、相手に知られずに追跡できるアプリはありません。

犯罪やストーカー、浮気調査に使われるケースは個人情報を教えてしまっていたり、知らないうちにiPhoneの設定を変えられた、端末を持たされていたことによって行われています。





GPSで居場所を追跡する方法

GPSで居場所を追跡するにはアプリが使われます。

  1. iPhoneを探す
  2. 友達を探す
  3. GPSを使った追跡アプリ

Appleが開発したGPSで追跡できるアプリは「iPhoneを探す」「友達を探す」の2つで、もともとiPhoneに入っているアプリです。

そのほかにもペットの居場所確認、子供の居場所確認、友達や恋人同士の居場所をシェアするためのアプリなど、目的によって異なるGPSを使ったたくさんのアプリがあります。

追跡できる端末の条件
iPhoneを探す・Apple IDが分かる
・Appleパスワードが分かる
・追跡端末の「iPhoneを探す」設定がONになっている
友達を探す・相手の電話番号やメールアドレスでリクエストを承認した
・AirDropでリクエストを承認した
・相手の端末の「友達を探す」がONになっている
GPSを使った追跡アプリ・同じGPSを使ったアプリがインストールされている
・アカウントなどを通して認証・承認ができる など

iPhoneのGPSを使った追跡は、相手の承認や個人情報(IDやパスワード)を知らないとできない仕組みになっています。





iPhoneのGPSで追跡されない設定方法

①位置情報サービスをOFFにする

設定方法

①設定

②プライバシー

③位置情報サービス

④位置情報サービスをOFFにする

位置情報を切ることで、iPhoneの場所が完全に特定できなくなります。

GPSの受信をしないので、地図アプリでも場所の特定ができなくなってしまいます。

紛失時の「iPhoneを探す」や「友達を探す」でもiPhoneを探すことができません。

完全に場所の特定ができないようにしたい、アプリ起動時に毎回設定をするのが面倒ではない方におすすめの設定です。

②「自分の位置情報を共有」をOFFにする

設定方法

①設定

②プライバシー

③位置情報サービス

④自分の位置情報を共有

⑤自分の位置情報を共有をOFFにする

位置共有サービスをOFFにする方法です。

位置情報の共有ができないだけで、地図GPSを利用したアプリの利用はできます。

「友達を探す」アプリを利用しない方はOFFにしても問題ありません。

友達を探すアプリを使うときは設定を変えればいいので、セキュリティを守るためにもここの設定はOFFにしておくことをおすすめします。

③各アプリの位置情報サービスを見直す

設定方法

①設定

②プライバシー

③位置情報サービス

④アプリごとの設定を変える

iPhoneのアプリごとに位置情報設定ができます。

「(位置情報を)許可しない」もしくは「このApp使用中のみ許可」の2パターンから選べます。

毎回位置情報の設定をしないで、アプリをスムーズに使うには「このApp使用中のみ許可」設定がおすすめです。

GPSを使う必要がないアプリは「許可しない」に設定しておきましょう。

そしてプライバシーを守るためにも、位置情報を利用するアプリを使っていないときは、アプリを切るようにしてください。

位置情報の取得にはバッテリーを使うので、ここの見直しをすることによって電池温存にも効果的です!

④Appleパスワードを変更・教えない

Apple パスワードの変更方法

①設定

②一番上の名前をタップ

③パスワードとセキュリティ

④パスワードの変更

「iPhoneを探す」アプリはApple IDパスワードさえ知っていれば、iPhoneでGPSによる追跡をされてしまいます。

誰かにIDとパスワードを教えてしまった方や、追跡されている心配がある方は定期的にパスワードの変更をしてください。

そしてApple IDとパスワードは教えないようにしましょう。





iPhoneのGPSを使った追跡についてのQ&A

iPhoneが故障してもGPSで追跡はできる?

iPhoneが故障しているときはGPSで追跡はできない

iPhoneが故障しているとき、GPSで追跡はできません。

故障の度合いにもよりますが、紛失したiPhoneが故障しているときは最後にネットに繋がった時点の位置が表示されます。

電波が届かない地下水中山の中にあるときも最後に電波を拾っていた、通信できていた場所が表示される仕組みです。

また、GPSに不具合が出た時も追跡ができないことがあります。

GPSを使った位置情報が間違っている時は、iPhoneの再起動ネットワーク設定を見直してみてください。

iphoneに位置情報の履歴は残る?

iPhoneの位置情報「利用頻度の高い場所」をONにしていると、行った場所の履歴が残ります。

いつ、何時何分に、どこに、何回行っているのか履歴が残っており、データは交通経路の予測や写真を撮った場所の特定に使われています。

履歴を見るには指紋認証が必要ですが、履歴を残す必要がないなら設定をOFFにしておくことをおすすめします。

位置情報の履歴を消す方法

位置情報履歴の確認・削除方法

①設定

②プライバシー

③位置情報サービス

④システムサービス(一番下)

⑤利用頻度の高い場所

⑥履歴を消去

⑦「利用頻度の高い場所」をOFFにする

履歴をタップすると、地図上に行った場所が示されます。

履歴を選んで右にスライドさせることで、1件づつ消去することもできます。

電話番号で居場所を追跡できる?

電話番号ではGPSを使った追跡はできません。

電話番号で、位置情報をの共有リクエストを送ることはできますが承認なしで相手にバレずに追跡することは不可能です。





まとめ

iPhoneのGPSを使った追跡は紛失時や簡単に居場所を伝えることができるなど、たくさんのメリットがあり、GPS機能を使ったサービスは増えています。

一方、使い方によっては犯罪も生まれかねない機能なので、自分の情報はしっかりと守ることが大切です。

iPhoneの位置情報に関する初期設定はほとんどがONになっています。

設定を変えていない方は特に自分のiPhone設定を見直してみてください。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す