[iPhoneユーザー必見!]エアドロップで送信履歴は残るか

iPhone端末同士でスムーズに写真や動画のデータを送受信することができるエアドロップ。

そんなエアドロップでは送信履歴を見ることができます。

そこで今回はiPhoneユーザーのエアドロップで送信履歴は残るのかを解説していきます。

エアドロップで送受信した時の履歴は残るか

結論、エアドロップで送受信した時の履歴は残りません。

iPhone端末上に送受信した写真や動画などのデータは勿論残るようになっています。

しかし、エアドロップをいつ使ってどの端末へ送信したのかまでは残らないようになっています。

そもそもエアドロップの通信は暗号化されてiPhone2つを行き来するので、表面上の履歴は残らない仕組みです。

しかし、iPhoneでエアドロップを使う際に注意点があります。

それは意図せずデータが第三者に送信されてしまう恐れがあることです。

例えばエアドロップの設定で「全員」を指定していた場合、周囲にいるiPhoneユーザーにもエアドロップで送信されてしまうことになります。

受け取るかどうかは相手の判断なので、最悪大事なデータを第三者のiPhone上に保存されてしまうなんてことも。

危険性こそありますが、エアドロップには送信履歴は残りません。

旦那が浮気!相手のiPhoneLINEトーク履歴の転送方法

エアドロップで誤送信防止のために共有メニューで表示される友達を削除

では先ほどのエアドロップでの誤送信を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

対策法の1つとして共有メニューで表示される友達を削除してしまう方法があります。

手順は

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「Siriと検索」→「共有時の提案」をOFFにする

でOK。

「共有時の提案」をOFFにしておけば共有メニューから友達のアイコンが消えるようになっています。

しかしこの方法はiOS14以降限定となっています。

iOS13以前のiPhoneでは一時的な対策となりますが、

  1. iPhoneのメッセージアプリを開く
  2. 共有した友達とのトーク画面を開く
  3. メッセージを長押しし「その他」をタップ
  4. ゴミ箱アイコンをタップし、メッセージを削除する

でOK。

一時的な対策にはなりますが、これでエアドロップで誤送信を防ぐことができるようになっています。

iPhoneでは行動履歴が残る

iPhoneでエアドロップの送信履歴は残りませんが、行動履歴は残ります。

どのような行動履歴が残るのかを見ていきます。

行動履歴をみる

まず行動履歴とはiPhone位置情報サービスを活用したものです。

正式には「利用頻度の高い位置情報」といわれています。

つまり、自分がどこで何を見ていたのかをiPhoneの行動履歴として保存されているということです。

この行動履歴を見るには

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」をタップ
  3. 「利用頻度の高い位置情報」をタップ

でOK。

これでiPhoneの行動履歴一覧が表示され、確認することができます。

さらに1つ1つ項目をタップしてみるとマップを見ることができ、詳細情報を確認することもできます。

行動履歴を削除

iPhoneを常に使っているとはいえ少々不安になってしまうこともあるでしょう。

その際には

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」→「利用頻度の高い位置情報」をタップ
  3. 「履歴を消去」→「履歴を消去」をタップ

で行動履歴を削除しておきましょう。

また手動で行動履歴を削除するのが面倒な場合は

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」→「利用頻度の高い位置情報」をタップ
  3. 「利用頻度の高い位置情報」をOFFにする

でOK。

これで自動的にiPhoneの行動履歴がたまらないようにすることができます。

エアドロップの設定方法

では実際にiPhoneのエアドロップを設定していきましょう。

設定手順は

  1. ホーム画面を上にスワイプ
  2. コントロールセンターを開く
  3. 「Wi-Fi」・「Bluetooth」をONにする
  4. エアドロップの送信先を「連絡先のみ」か「すべての人」に設定する
  5. 設定画面を開く
  6. iCloudアカウントにサインインする

でOK。

これでiPhoneのエアドロップを使うことができるようになりました。

[iPhone]エアドロップの使用方法