未分類

【iPhoneユーザー必見!】エアドロップで送信履歴は残るか

iPhone同士で画像・動画を簡単に送りあうことのできるエアドロップですが、送信履歴は残るのでしょうか?

今回はエアドロップで送信履歴は残るのか解説していきます。また、エアドロップについても詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

エアドロップで送受信した時の履歴は残るか

結論からいうと、エアドロップで送受信した履歴は残りません。

もちろんエアドロップした写真・動画などのデータは相手の端末に保存されますが、いつどの端末にエアドロップしたなどの情報の履歴は残らないようになっています。

履歴は残らないものの、相手に送受信したことがバレる場合もあります。

それは、相手に間違えて送ってしまった場合です。エアドロップはiPhone同士でできる機能ですが、もちろん近くにいるiPhoneなら誰でも送ることができます。

エアドロップをされた場合、受け取るか受け取らないかは相手の判断によるため、間違えて送ったデータが個人情報を含むものだったりといった危険もあります。

エアドロップは送受信した履歴は残りませんが、知らない人に送ってしまうといった危険性があることを覚えておきましょう。

誤送信を防ぐための方法

誤送信を防ぐための方法を解説していきます。

エアドロップには、受信しない・連絡先のみ・すべての人の設定があります。すべての人の設定にしている場合、見ず知らずの人に送ってしまう危険があります。

エアドロップの設定をするには、設定→一般→AirDropで設定することができます。

また、エアドロップをする際に誰に共有するか提案されますが、そこに表示されるユーザー表示させないようにしておくことによって、誤送信を減らすことが可能です。

ユーザーを表示させないようにするには、設定→Siriと提案→共有時の提案をオフでOKです。

iPhoneの名前を本名から変更しておく

エアドロップで誤送信を防ぐことはもちろんですが、送受信する際も注意が必要です。

エアドロップでは、送受信する際にiPhoneの名前が表示されます。本名を設定しているという人もいるかもしれませんが、今の時代見ず知らずの人に本名がバレるというのは大変危険です。

iPhoneの名前を変更するには、設定→一般→情報→名前から設定することができます。

iPhoneでは行動履歴が残る

エアドロップの送信履歴は残らないことが分かりましたが、iPhoneでは行動履歴が残るのはご存じでしょうか?

行動履歴とは、最近行った場所やその頻度が記録されており、いつでも見返すことができます。同意なしにAppleに行動履歴が送られることはありませんが、行動履歴はマップの予測サービスなどに利用されます。

行動履歴を見る方法と、行動履歴を削除する方法を解説していきます。

行動履歴をみる

行動履歴を見る方法を解説していきます。

行動履歴を見るには、設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス→利用頻度の高い場所で見ることができます。

開くと履歴の一覧が表示され、マップで詳細を確認することも可能です。

行動履歴を削除

行動履歴はデフォルトでオンとなっているので、削除をしたいという人もいるでしょう。

行動履歴を削除するには、履歴を削除でOKです。

今後行動履歴が保存されたくない場合は、利用頻度の高い場所をオフにすると行動履歴が取得されなくなります。オフにすると充電が長持ちしだしたといった声もあり、意外なメリットもあるようです。

エアドロップの設定方法

エアドロップを使う前の設定方法を解説していきます。

  1. 画面右上を下にスライドしコントロールセンターを開く
  2. WiFi・Bluetoothをオンにする(青がオン)
  3. 枠内を長押ししAirDropを選択
  4. 受信先を連絡先のみ・すべての人のどちらか選択

これでエアドロップは使えるようになりました。ちなみに3.のエアドロップの設定は、設定→一般→AirDropから連絡先のみ・すべての人を選択することも可能です。

すべての人を選択した場合、近くにいるiPhoneユーザーすべて検出されます。連絡先にないユーザーに送る場合はこちらの設定にするといいでしょう。
連絡先のみを選択した場合、連絡先にいる近くのiPhoneユーザーが検出されます。連絡先にいるユーザーに送る場合はこちらの設定にするといいでしょう。セキュリティ面でもこちらの設定がおすすめです。

連絡先のみを選択した場合、iCloudにサインインをしなければいけません。設定を選択してiCliudのサインインを済ませましょう。

[iPhone]エアドロップの使用方法

エアドロップの設定し終わったら、エアドロップを使用してみましょう。

エアドロップの送信方法・受信方法について解説していきます。

送信方法

エアドロップでは写真・動画だけでなく色んなデータを送ることができます。今回は、写真を例に出しエアドロップする手順を解説していきます。

  1. 写真アプリを開く
  2. エアドロップしたい写真を選択
  3. 左下にある共有ボタンをタップ
  4. AirDropを選択
  5. 共有したい相手・デバイスを選択
  6. 相手がエアドロップを許可するまで「待機中…」の表示
  7. 相手がエアドロップを許可すると「送信済み」、エアドロップの送信完了

これで、エアドロップで写真の送信完了です。エアドロップで相手が許可しない場合は「辞退」と表示されます。

また、送信が完了する前にもう一度アイコンをタップすると、エアドロップの送信をキャンセルすることができます。万が一違う人に送りそうになったらこの方法でキャンセルしてください。

受信方法

エアドロップでの受信方法について解説していきます。

エアドロップの受信方法は、相手から送られてきたデータを「受け入れる」か「辞退」するか選択すればOKです。

データを受け取るためには「受け入れる」を選択すればOKで、自動でiPhoneにデータが保存されます。写真を受け取った場合は写真アプリが自動で開き、受け取った写真をチェックすることができます。

データを受け入れたくない場合は「辞退」を選択すればOKで、iPhoneにデータは共有されなくなります。知らない人からのエアドロップは辞退を選択しましょう。

[Mac]エアドロップの使用方法

エアドロップはiPhone同士だけでなく、様々なApple製品で使用することができます。

今回はMacのエアドロップの送信方法・受信方法を解説していきます。

送信方法

Macから他のデバイスにエアドロップで送信する方法を解説していきます。

  1. Finderからエアドロップを開く
  2. 共有できるユーザー・デバイスが表示される
  3. 送りたいファイルをユーザー・デバイスアイコンまでドラック&ドロップ

これで、Macからエアドロップで送信完了です。

ドラック&ドロップする以外にも、ファイルを右クリックで表示されるメニューから共有→AirDrop→送信先を選択でエアドロップで送信することができます。

受信方法

Macのエアドロップ受信方法を解説していきます。

  1. Finderからエアドロップを開く
  2. 画面下の「このMacを検出可能な相手」から連絡先のみ・全員のどちらか選択
  3. ファイルを受け付ける・受け付けないかを聞かれるので「受け付ける」を選択

これで、Macでエアドロップを受信することができます。

また、先ほど紹介した手順はエアドロップ画面を開いた状態の説明でしたが、エアドロップ画面が開いていない場合は通知ボックスから辞退・受け入れるか選択して受信することもできます。

エアドロップで名前の変更

エアドロップで名前を変更する方法を解説していきます。

iPhoneの名前を変更するには、設定→一般→情報→名前から設定することができます。

エアドロップでは、送受信する際にiPhoneの名前が表示されます。本名を設定しているという人もいるかもしれませんが、今の時代見ず知らずの人に本名がバレるというのは大変危険です。

なので、本名を設定している場合は名前を変更すると安心です。

エアドロップでできること

エアドロップでどんなことができるのか、解説していきます。

エアドロップでできることは、写真・動画の共有・連絡先の共有・位置情報の共有・AppStoreのアプリの共有・Safariでの閲覧ページの共有をすることができます。

それぞれのできることを解説していきます。

1.写真・動画の共有

まずは、写真・動画の共有です。

エアドロップを使用される上で一番利用されているのは、写真・動画の共有です。エアドロップを利用することで簡単に写真・動画をシェアすることができます。

エアドロップはインターネット接続を必要としないので、通信環境が悪い場所でもシェアすることができます。

2.連絡先の共有

続いて、連絡先の共有です。

エアドロップでは連絡先の共有もすることができます。連絡先アプリの電話番号・メールアドレスだけでなく、住所などの情報も送信することができます。

情報を送信・受信できるので、連絡先の交換はエアドロップを使用してみてもいいでしょう。

3.位置情報の共有

続いて、位置情報の共有です。

エアドロップでは位置情報の共有もすることができます。自分がマップで調べた位置情報や、今いる位置情報を共有することもできます。

マップを共有することができるので、お出かけには役に立つでしょう。

4.AppStoreのアプリの共有

続いて、AppStoreのアプリの共有です。

エアドロップではAppStoreでのアプリの共有することができます。アプリはAppStoreのページから共有することができます。

例えばオススメのアプリを紹介したいときなどに、役に立つでしょう。

5.Safariでの閲覧ページの共有

続いて、Safariでの閲覧ページの共有です。

エアドロップではSafariでの閲覧ページを共有することができます。今見ているページを共有することができます。

URLのコピーや検索で探していくのは大変なので、エアドロップで簡単に共有できるというのは便利ですね。

エアドロップで上手く接続されない時に簡単な対処法

エアドロップで上手く接続できないこともあります。

エアドロップで上手く接続できないときは、再起動・デザリングのオフ・エアドロップの設定確認といった簡単な対処法があります。

それぞれの対処法を解説していきます。

再起動

まずは、再起動です。

エアドロップが接続できないなどiPhoneの不具合が考えられる場合は、再起動すると解決する場合があります。

再起動する方法は、電源ボタン・音量ボタン(どちらかでよい)を一緒に押して、一旦電源オフにしてからもう一度電源を付けると再起動完了です。

テザリングのオフ

続いて、デザリングのオフです。

デザリングがオンになっていると、エアドロップを利用することができません。

デザリングをオフにするには、設定→インターネット共有をオフでOKです。これで、デザリングをオフにすることができます。

エアドロップの設定確認

続いて、エアドロップの設定確認です。

WiFi・Bluetoothがオフになっていると、エアドロップを利用することができません。なので、コントロールセンターからWiFi・Bluetoothがオンになっているか確認しましょう。

また、エアドロップは受信しない・連絡先のみ・すべての人の設定を選ぶことができますが、受信しないに設定している場合はエアドロップを使用できません。連絡先のみに設定していると、連絡先にいる人しかエアドロップを使用できません。

エアドロップの設定をするには、設定→一般→AirDropで設定することができます。

エアドロップを使用する際の注意点

エアドロップを使用する際には注意点があります。

エアドロップの注意点は、バージョンの確認・「連絡先のみ」で設定している場合は送信側の登録必須・双方ともWiFiとBluetoothをオンにする必要ありということです。

それぞれ解説していきます。

1.バージョンの確認

まずは、バージョンの確認です。

iPhone・Macのバージョンによってはエアドロップを使用することができないので、バージョンの確認をしておきましょう。以下必要なバージョンを紹介します。

  • iPhone・iPad→iOS7以降
  • Mac→OS X Yosemite以降※Mac同士の共有なら古いデバイスも可

2.「連絡先のみ」で設定している場合は送信側の登録必須

続いて、「連絡先のみ」で設定している場合は送信側の登録必須ということです。

エアドロップで連絡先のみに設定している場合、自分の端末に電話番号・メールアドレスが登録されているデバイスにしか共有することができません。

そのため、「連絡先のみ」に設定している場合は共有したい人の電話番号・メールアドレスを連絡先に登録しておかなければいけません。

3.双方ともWi-fiとBluetoothをオンにする必要あり

続いて、双方ともWiFiとBluetoothをオンにする必要ありということです。

エアドロップでは送る側・受け取る側どちらもWiFiとBluetoothをオンにしなければエアドロップを利用することができません。

どれか1つでも欠けていればエアドロップを利用することができないので、注意しましょう。

iPhoneの写真は復元ツールで復元できる

エアドロップで受け取った写真を、間違えて削除してしまったということもあるかもしれません。

iPhoneで誤って削除してしまった場合は、写真の最近削除した項目から復元することが可能です。削除した項目からも削除してしまった場合、iCloud・Googleドライブから復元するという方法もあります。

また、iPhoneデータ復元といったサービスもあります。写真をどうしても復元したい場合は、こういったサービスを利用するのもオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

結論からいうと、エアドロップで送受信した履歴は残りません。もちろんエアドロップした写真・動画などのデータは相手の端末に保存されますが、いつどの端末にエアドロップしたなどの情報の履歴は残らないようになっています。

エアドロップはiPhoneユーザー同士データを簡単に送ることができる一方、知らない人に大事なデータを送ってしまうといった危険や逆に受け取ってしまうといった危険があります。

最近では卑猥な画像が送られてくるといったエアドロップ痴漢の被害も報告されているため、気を付けなければいけません。

エアドロップ自体は便利なサービスなので、気を付けつつ是非利用してみてください