iPhoneを水没して画面がおかしい!対処方法とは?

iPhone が水没しちゃった!画面も真っ暗!そんな時の対処方法をご紹介します。

梅雨から秋頃にかけて、気になってくるのがゲリラ豪雨や台風。

防水機能をもたない iPhone にとって、水は大敵です。

読者のみなさんの中にも、気付いたら iPhone が濡れて故障していたという経験をもっている方も多いと思います。

今回はそんな水没時の対処法、そして、ちょっとホラーなあの現象についても解説します。

iPhone が水没したときの対処方法

この項でご紹介するのは、あくまでも「事態をこれ以上悪化させない為の対処方法」です。

  • iPhone を完全回復させる方法ではありません。
  • Appleが推奨しているわけではないので、試す場合は自己責任でお願い致します。

最優先で iPhone の電源を切る

  1. 乾いたタオル等で表面の水分をそっと拭き取る
  2. 電源を切る

水分を取り除いてSIMカードを取り出す

  1. カバーを付けている場合は外す
  2. クリップ等でSIMトレーを開け、SIMカードを取り出す。
    • 取り出したSIMとトレーは乾いたタオルでそっと水気を取る
  3. ティッシュを細くよじった「こより」でイヤホンジャックやLightningコネクタの水分を吸い取る。

iPhone を完全に乾かす

  1. ジップロックの中に iPhone と乾燥剤を入れて、数日間放置する。
    • 乾燥剤はお菓子の袋に入っている物を数個用意します。(スマートフォン専用の乾燥剤も販売されています。)
    • ジップロックに入れる時は、空気を出来るだけ追い出すようにしましょう。
  2. 数日後、完全に内部の水分が抜けたら、電源を入れてデータのバックアップを取る。

データのバックアップ方法

iphone6-ios9-settings-icloud-backup

ここまでご紹介した方法でめでたく電源が入るようになっても、残念ながら完全回復ではありません。

取りきれなかった水分が回路を腐食させたり、水に含まれていた不純物(水道水の塩素や雨水の埃等)が残り悪さをする可能性もあるのです。

そこで、 iPhone が正常に動いている内に、内部データのバックアップを取ってしまいましょう。

バックアップ方法(PCのiTunesを使う方法)

  1. PCでiTunesを起動させ、 iPhone をLightningケーブルで接続します。
  2. Windows版ではメニューバーの「コントロール」の下辺りに iPhone のマークが出ますので、それをクリック。
  3. 画面中段「バックアップ」の項目内にある、「 iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れる。
    • このパスワードを忘れるとデータを復旧できなくなるので、必ず忘れないように気をつけてください。
  4. 同じ項目ないの「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを開始します。

注意点

  • iPhone が起動すらできない状態の場合は、残念ながらバックアップを取ることはできません。内部のデータは諦めてください。
  • iTunesのバージョンアップにより、操作方法が変わる場合もあります。その際は、Appleにお問い合わせください。

iPhone を修理に出す

Appleサポート

前述のように、乾燥剤等で iPhone が一時的に回復しても、それがいつまでもつかはわかりません。

また、次に故障した際には、いよいよ再起不能となる可能性もあります。

そうしたケースを防ぐためにも、故障箇所が増えない内に修理を行っておきましょう。

水没で iPhone を修理する場合、修理方法は3通りあります。

Appleの窓口を利用して修理する

コメントを残す