iPhoneを水没して画面がおかしい!対処方法とは?

スポンサーリンク

iPhone が水没しちゃった!画面も真っ暗!そんな時の対処方法をご紹介します。

梅雨から秋頃にかけて、気になってくるのがゲリラ豪雨や台風。

防水機能をもたない iPhone にとって、水は大敵です。

読者のみなさんの中にも、気付いたら iPhone が濡れて故障していたという経験をもっている方も多いと思います。

今回はそんな水没時の対処法、そして、ちょっとホラーなあの現象についても解説します。

iPhone が水没したときの対処方法

この項でご紹介するのは、あくまでも「事態をこれ以上悪化させない為の対処方法」です。

  • iPhone を完全回復させる方法ではありません。
  • Appleが推奨しているわけではないので、試す場合は自己責任でお願い致します。

最優先で iPhone の電源を切る

  1. 乾いたタオル等で表面の水分をそっと拭き取る
  2. 電源を切る

水分を取り除いてSIMカードを取り出す

  1. カバーを付けている場合は外す
  2. クリップ等でSIMトレーを開け、SIMカードを取り出す。
    • 取り出したSIMとトレーは乾いたタオルでそっと水気を取る
  3. ティッシュを細くよじった「こより」でイヤホンジャックやLightningコネクタの水分を吸い取る。

iPhone を完全に乾かす

  1. ジップロックの中に iPhone と乾燥剤を入れて、数日間放置する。
    • 乾燥剤はお菓子の袋に入っている物を数個用意します。(スマートフォン専用の乾燥剤も販売されています。)
    • ジップロックに入れる時は、空気を出来るだけ追い出すようにしましょう。
  2. 数日後、完全に内部の水分が抜けたら、電源を入れてデータのバックアップを取る。

データのバックアップ方法

iphone6-ios9-settings-icloud-backup

ここまでご紹介した方法でめでたく電源が入るようになっても、残念ながら完全回復ではありません。

取りきれなかった水分が回路を腐食させたり、水に含まれていた不純物(水道水の塩素や雨水の埃等)が残り悪さをする可能性もあるのです。

そこで、 iPhone が正常に動いている内に、内部データのバックアップを取ってしまいましょう。

バックアップ方法(PCのiTunesを使う方法)

  1. PCでiTunesを起動させ、 iPhone をLightningケーブルで接続します。
  2. Windows版ではメニューバーの「コントロール」の下辺りに iPhone のマークが出ますので、それをクリック。
  3. 画面中段「バックアップ」の項目内にある、「 iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れる。
    • このパスワードを忘れるとデータを復旧できなくなるので、必ず忘れないように気をつけてください。
  4. 同じ項目ないの「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを開始します。

注意点

  • iPhone が起動すらできない状態の場合は、残念ながらバックアップを取ることはできません。内部のデータは諦めてください。
  • iTunesのバージョンアップにより、操作方法が変わる場合もあります。その際は、Appleにお問い合わせください。



iPhone を修理に出す

Appleサポート

前述のように、乾燥剤等で iPhone が一時的に回復しても、それがいつまでもつかはわかりません。

また、次に故障した際には、いよいよ再起不能となる可能性もあります。

そうしたケースを防ぐためにも、故障箇所が増えない内に修理を行っておきましょう。

水没で iPhone を修理する場合、修理方法は3通りあります。

Appleの窓口を利用して修理する

AppleがHPに設けている問い合わせ窓口から修理手配をする方法です。

製造メーカー自ら修理を行うので、当然修理後も正規品として扱われます。

Apple正規サービス・プロバイダの店舗で修理する

Appleが認定した正規サービスプロバイダーの店舗で修理を依頼する方法です。

こちらも正規の修理となりますので、完了後も正規品として扱われます。

非正規の修理店で修理する

最近ではApple非正規の修理店舗も存在します。

修理費用の安さやスピード対応が魅力ですが、非正規修理の為、利用後は iPhone に何かトラブルが発生してもAppleの保証を受けられなくなります。

また、総務省の登録修理業者制度に登録していない店舗で修理すると、内容によっては電波法に抵触する可能性もあります。

これらの中から、ご自身にあった方法を選ぶと良いでしょう。

なお、Appleの窓口や正規サービスプロバイダー経由でも、水没の状況により修理料金が高くなる場合があります。

詳しくは、Appleの修理窓口や正規サービス・プロバイダへお問い合わせください。

  • 参考:Appleサポート窓口
    • https://getsupport.apple.com/



【注意】水没時の間違った対処

案内・女性

案外やりがちな、 iPhone が水没したときに「絶対にやってはいけないこと」を紹介します。

iPhone に電源を入れる/充電する/PCに繋ぐ

iPhone 内部が濡れている時に電気を流すと、回路がショートして一瞬でお釈迦になってしまう場合があります。

そうなるとデータを復旧できなくなる場合もありますので、絶対にこれらの行為はしないようにしましょう。

iPhone 本体を振る

本体を振ると水が外に出てくれそうな気がしますが、 iPhone 本体は気密性が高いので、その程度では水はあまり排出されません。

それどころか、内部の濡れていない箇所に水が回り、事態を悪化させてしまう可能性もあります。

iPhone をドライヤーで乾かす

これは賛否両論ですが、ドライヤーでは内部までドライヤーの熱が通らず、実はしっかり乾燥できない場合があります。

iPhone の一部だけが熱くなりすぎるという危険性もあります。

iPhone を電子レンジで乾かす

もはや説明不要、論外ですね。

発火、丸焦げは当たり前なので、絶対にやらないでくださいね。

SIMカードを入れっぱなしにする

携帯電話番号の情報を収めたSIMカードは、水没後すぐに抜いておかないと巻き添えを食らう場合があります。

こちらも忘れがちなので要注意。


余談:真っ暗な画面から聞こえる声…Siri?その原因が解明

siri

夏ですので、ちょっとだけ余談を。

iPhone が水没した後、突然画面が暗くなってSiriのピコーンという起動音がする場合があります。

ちょっと怖いですが、これはきちんと原因があります。

iPhone の液晶部分だけ壊れてしまった

水没により回路がショートしたりして、液晶に関わるパーツが損傷を受けることがあります。

そうすると、液晶は当然消えてしまうのですが、他の部分が無事なので、何かの拍子にSiriが起動してしまうことがあるのです。

VoiceOver機能が動作している

iPhone では視覚に障害がある方向けに、声だけで iPhone を操作できる機能を搭載しています。

それが、「Voice Over」。

この機能がONになっていると、画面が真っ暗なのにSiriが起動する場合があります。

3本指で何度か画面をタップすると回復しますので、 iPhone をしっかり乾燥させてから試してみましょう。


まとめ

いかがでしたか?

今回は、 iPhone が水没してしまった時にやってはいけないこと、そして修理までの応急処置方法を中心に解説しました。

でも、こうした事態はできれば避けたいもの。

これから秋にかけては出掛ける機会も増えますし、これを機に防水ケースなどを導入してみるのも1つの手ではないでしょうか?

Apple geek laboでは、防水ケースに関する記事もアップしていますので、こちらも是非参考にしてみてくださいね。

では、快適な iPhone ライフを!

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎iPhone画面割れの修理値段はおいくら?ソフトバンク/au/ドコモ編
▶︎画面が割れない!?人気のiPhone6強化ガラス製保護フィルムTOP3!
▶︎【最安値】iPhoneの画面が真っ暗になる不具合の修理料金を比較!


コメントを残す