AndroidからiPhoneの乗り換え料金を徹底比較!【sofbank/docomo/au】

この記事は約 5 分で読むことができます。

こんにちは、Apple Geek編集部のジョブズンです!今回はAndroidからiPhoneへの乗り換え費用をソフトバンク、ドコモ、auの3キャリアで実際に電話して徹底比較してみたのでご紹介します。

iPhone6

 

市場調査会社で有名なKantar Worldpanelが2015年第1四半期におけるスマートフォンの市場シェアについて、「iPhone6/6Plusの発売が大成功し、日本を除く世界のiPhone販売台数がAndroidの販売台数を1%上回り今後も伸び続ける」と発表しました。

Kantar WorldpanelのCarolina Milanesi氏によれば、

「2015年第1四半期では、Android端末を使っていたユーザーのiPhone 6やiPhone 6 Plusへの乗換えが目立ち、その結果iOSのシェアが増加したとみられています」

とコメントしていて、その証拠にイギリスにおける新規iPhoneユーザーの25.6%がAndroid端末からの乗り換えであることが分かっています。

Androidは世界で圧倒的なシェア数、ここ1,2年で急成長を遂げたこともあり日本国内のiPhoneシェア率を若干上回っていましたが、iPhone6の登場でまたAppleが一歩リードしそうです。

今回は、今まさにiPhoneからAndroidへの乗り換えを検討している方へ向けて「乗り換え費用」を3キャリア別にお届けしていきます!

Sponsored Links



乗り換え費用を徹底比較!

全て税込み価格、1番低いプランで最安の金額をご紹介します。

他社からソフトバンクへ

softbank

  スマ放題プラン
(24h通話無料)
ホワイトプラン
(Sofbankのみ
24h通話無料)
新規加入
手数料
3,240円 3,240円
基本使用料 スマ放題
2,916円/月
ホワイト
1,008円/月
インターネット
接続料
324円/月 324/月
パケット定額 3,780円/月 5,400円/月
パケット制限 2GB/月 5GB/月
機種代金 0円 0円
初月合計金額 10,260円 9,972円
次月から 7,020円/月 6,732円/月

 他社からの乗り換えの場合、上記2つのプランのどちらかで契約すると機種代金が0円になります。(ホワイトのパケット定額標準5400円プランは必須じゃないと機種代は0円になりません。)

選ぶ基準としては、ソフトバンク以外とあまり通話をしない方は「ホワイトプラン」で、他社とも良く通話する方は「スマ放題プラン」がおススメです。

機種がゼロ円で手に入るのは嬉しいですね!

 

他社からドコモへ

docomo

  XIプラン
(カケ放題)
fomaプラン
(無料通話1,000円)
新規加入
手数料
3,240円 3,240円
基本使用料 パケ放題
2,916円/月
パケ放題フラット
934円/月
インターネット
接続料
324円/月 324/月
パケット定額 3,780円/月 5,616円/月
パケット制限 2GB/月 7GB/月
機種代金 オープン価格 オープン価格
初月合計金額 10,260円+機種頭金 10,114円+機種頭金
次月から 7,020円/月+機種代金 6,874円/月+機種代金

 

 

 ドコモは、ソフトバンクに比べて機種代0円のキャンペーンがありません。各店舗によってはキャッシュバックキャンペーンが行われているそうです。

最初にかかる初期費用は店舗によって頭金を支払う必要があるため、多く見積もって2万円は用意しておいた方が安心でしょう。

また、スマホで通信速度の遅いFOMAプランにする人はあまりいないので、通信速度の速いXi(クロシー)プランをおススメします。

 

他社からauへ

au

  カケホデジラ
プラン
LTEプラン
新規加入
手数料
3,240円 3,240円
基本使用料 カケ放題
2,916円/月
LTEプラン
1,008円/月
インターネット
接続料
324円/月 324/月
パケット定額 3,780円/月 6,156円/月
パケット制限 2GB/月 7GB/月
機種代金

iPhone6/Plus
16GBの場合
3,060円/月×24回

2,445円×24回割引
実質負担615円/月
合計14,760円

iPhone6/Plus
16GBの場合
3,060円/月×24回
合計73,440円
乗り換え割引

機種代金
毎月負担額
615円/月×24回

基本使用料
2年間0円
初月合計金額 10,875円 13,788円
次月から 7,635円/月 10,548円/月

LTEプランはガラケー時代の従来のプランなので、おすすめはカケホ&デジラプランです。スマホでLTEプランの人はほぼいません。

各店舗にて、 キャッシュバックキャンペーンをやっているところもあるのでお近くの店舗をチェックしてみましょう。

まとめ

結論から言うと、アンドロイドからiPhoneへの乗り換えでは、3キャリアの中で総合的に1番ソフトバンクが最安値です。

1位ソフトバンク、2位au、3位ドコモの順番です。

やはりiPhone業界の王者はソフトバンクで決まりになりそうですね!

孫正義

もしも他社からのiPhone乗り換えを検討されている場合、Apple Geekはソフトバンクへの乗り換えを推奨します。

参照元:kantarworldpanel
執筆者:ジョブズン

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す