【要注意?!】iPhone6/5のタッチパネルが反応しない不具合の原因!

この記事は約 3 分で読むことができます。

ども、Apple Geekです!今回はiPhone6/5シリーズで液晶タッチパネルが反応しない不具合の原因と解決方法についてご紹介していきます。

iphone液晶

iPhoneを使用していると、「ある日突然ディスプレイがタッチ操作に反応しなくなった」という症状が生じることが稀にあります。

タッチ操作に反応しなくなったどころか、画面が乱れだしてiPhoneが1人でに電話をかけたりLINEメッセージを送ったり、恐ろしい操作を始めたりも。(筆者は経験済み)

一時的なものであれば問題ないのですが、永遠に続く場合はあまりにもストレスに耐えかねるので早急な対策が必要です。

いったいこの原因は何なのでしょうか?

実際にApple Storeで検証して原因と解決方法を調べてきたのでご紹介します。

Sponsored Links


液晶画面が浮き上がる?

Apple Storeで検証した結果、iPhone端末を何回も落としたり、小さな衝撃が加わって積み重なったことが原因で液晶画面が浮き上がり、液晶画面と内部の接続に問題が生じてしまうということでした。

確かに、よ~く液晶画面を横から見てみると微妙ながら浮いているのが見えました。
iPhone液晶浮き上がる

こ、これはいつの間に・・・。(汗)

一時的なものであれば、iPhoneの近くに静電気などが発生していることが原因の1つに挙げられますが、今回のような永遠にタッチ操作がバグっている状態は明らかに「画面の浮き」が原因の可能性が高いです。

どうすれば治るのか?

iphone液晶1

この症状を治す方法は2つあります。

1.応急処置

1つは、スリープボタンを押して「スライドロック解除」を繰り返す方法です。

しかし、これはあくまで応急処置なのでまたすぐにタッチ操作が誤動作し始めます。

2.修理する

Appleケアやソフトバンク/au/docomoなどの保証サービスに加入している場合は修理しましょう。

ただ、ソフトバンクの安心保証パックは最初に全額一括で支払わないといけないので私の場合は最初に約3万円支払いました。

後から3分の2の料金が月々の料金から天引きされるとはいえ、これは非常に痛いです。また、auやdocomoに関しても保証内容は良いとは言えませんよね。

Appleケアに加入していれば1番良いですが、皆さんそれぞれで契約内容も違ってくると思うので、最も格安なベストで修理する方法を選ぶ必要があります。

こちらの記事で詳細に解説しているので読み進めてください。

追記:2015/1008

iPhone6sが発売されたと同時に、さらにタッチパネル動作の不具合に関する問い合わせが多発しています。

「落としてもいないのに反応が悪い!」という場合は以下の原因が考えられます。

それは、ガラスフィルムの装着です。

ガラスフィルムは厚みがあるため、稀に四隅のタッチ操作が効かなくなることがあります。

プロに学ぶ!iPhone6s/PLUS強化ガラス保護フィルムの貼り方とは?

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す