iPhoneでメールを相手に拒否されると送信側にどんな通知がいく?

この記事は約 5 分で読むことができます。

迷惑なメールや嫌いな相手からのメールを受信拒否したいけど、拒否したことが相手に分かってしまうのは困る……。そんなお悩みを解決します。

iphone

iPhoneに限らず、メールについて意外と多いのが「迷惑なメールを拒否したい」というケース。

それに応えるかたちで、携帯キャリアや端末メーカー各社は、メールの受信を拒否する機能を提供しています。

これで、迷惑メール対策はバッチリ……といかないのが世の常。

業者から送られてくる広告メールなどは、この機能でスパっと拒否してしまえば問題ありません。

しかし、顔見知りの相手から贈られてくるメールを拒否したい場合、相手との人間関係もありますので、意外と面倒。

特に気になるのが、「受信拒否した相手にそれがバレるような通知が行くのか?」という点ではないでしょうか?

そこで今回は、大手携帯キャリア3社の提供するキャリアメールを中心に、受信拒否した場合に相手に通知が行くのかどうかを調べてみました。

Sponsored Links


ドコモの場合

docomo01

ドコモでは、ドコモメールという名称でキャリアメールが提供されています。

iPhoneからは、「メール」アプリから送受信することが可能です。

このドコモメールで特定の相手からのメールを受信拒否すると、拒否された側にはどんな通知が返るのでしょうか?

エラーメールが返る

ドコモメールでは、受信拒否された相手からメールが送られてきた場合、送信者へ通常のエラーメッセージを流します。

これは、「指定されたアドレスが見つからないけど、入力ミスってませんか?」という旨の内容になっているので、送信者には受信拒否されたのか、それともアドレスが変更されたのか区別が付きません。

ただし、共通の知り合いから間接的に受信拒否がわかってしまうケースもあるので、周囲への根回しもきちんと行っておきましょう。

auの場合

au01

auでは@ezweb.ne.jpというドメイン名のメールアドレスを利用することができます。

こちらは、iPhone側の設定により、「メール」アプリと「メッセージ」アプリのどちらかで利用することが可能です。

ここでは、「メール」アプリで利用している場合を想定して調べてみました。

デフォルトではエラーメッセージが返る

auの場合、初期設定では送信者に「宛先不明」のエラーメールが返ります。

この辺りはドコモと同じですね。

なお、ガラケーではこの設定を「送信する←→送信しない」と相互に変更することができますが、スマートフォンの場合はこれができません。(ガラケー時代に「送信しない」に設定していた方は「送信する」に変更することができますが、その後元に戻すことはできません。)

よって、ドコモと同様、エラーメッセージが返ってきても、送信者には受信拒否されたのかアドレスが変更されたのかが区別できません。

ただし、共通の知り合いから間接的に受信拒否したことがわかってしまう事はあり得るので、周囲への根回しは忘れずに行っておきましょう。

SoftBankの場合

softbank01

SoftBankでは、iPhoneを利用する場合に2種類のメールアドレスが付与されます。

ここでは、My softbankから受信拒否設定を行った場合の対応をご紹介します。

エラーメッセージは返らない

SoftBankの場合、ほかの2社とは異なり、送信者へエラーメッセージなどの通知は行われないようです。

ただし、送信者が宛先メールアドレスの入力を間違えた場合は、通常通り「宛先不明」のエラーメッセージが返ってくるので、ちょっと詳しい人であれば自分が受信拒否されていることがわかってしまいます。

また、送信者はメールを送信することはできますが、エラー表示もなく、あなたからの返信もないので、メールを無視されているのとほぼ同じ状態です。

それが良くない方向にはたらいてしまうケースもあるでしょうから、拒否する相手によっては対応に注意が必要でしょう。

SMSの場合

sms-iphone

iPhoneでは、「メール」アプリでやり取りするEメールの他に、「メッセージ」アプリでやり取りするSMSというメッセージサービスがあります。

このSMSはiPhoneで簡単に受信拒否設定ができるのですが、拒否した相手にどのような通知が行くのかは、意外と知らないポイントです。

そこで、おまけとしてこれについても調べてみました。

iPhone本体で拒否設定すると通知やエラーメッセージは返らない

結論からいうと、iPhoneでSMSの受信拒否設定を行った場合、相手には何の通知もメッセージも返りません。

ただし、エラーが返らないということは、送信側にとってはメッセージを無視されているのと同じ状態となります。

また、iPhone本体でSMSの受信拒否を行うと、電話なども一括して拒否されてしまうので、拒否していることがバレにくいかというと微妙なところ。

キャリアのSMS受信拒否サービスではエラーメッセージが返る場合がある

iPhone本体だけでなく、一部のキャリアではキャリアの設定サイトへアクセスして、SMSの受信拒否設定を行うことも可能です。

ドコモの場合、この方法で受信拒否をすると、送信者に「送信できませんでした」というメッセージが表示されるので注意が必要です。

SoftBankについては、HPを確認した限りでは送信者への通知の有無は確認できませんでした。SoftBankをお使いの方は、事前に同社の窓口へ問い合わせて確認されることをお勧めします。

(auについてはiPhone本体側の設定のみで、キャリア側では拒否設定できないようです。)

まとめ:顔見知りを拒否するのなら根回しは必須

というわけで、今回は「メールの受信拒否をすると、相手にその通知が行くのか?」という気になるポイントを解説してみました。

総じていえることは、顔見知りを受信拒否するなら周囲への根回しを忘れずにという点。

共通の知り合いを通じて受信拒否したことがバレてしまうと、せっかくの気遣いが水の泡になってしまう上、相手ともより気まずくなってしまいますから。

また、わざわざ言うことではありませんが、トラブルなどに巻き込まれている場合は受信拒否が最善策とはならない場合もあります。そんな時は、1人で抱え込まないで、適切な専門家に相談してくださいね。

それでは、快適なiPhoneライフを!

この記事と一緒によく読まれる記事




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す