iPhoneアプリが消えない・削除できない原因と対処方法とは?

この記事は約 6 分で読むことができます。

iPhoneでのアプリ削除&復元(復活)方法機能制限やロックでアプリ削除できない時の解決方法も。ios11、ios12~のアプリ削除に関する機能も紹介。バツが出ない・〇〇を共有、と表示される場合の対策~勝手にアプリ削除されない防止対策も。

iPhone,アプリ削除

iPhoneのアプリを削除(アンインストール)する方法

当記事では、iPhoneアプリが削除・アンインストールできない時の対処法について解説していきます。

まずは、iPhoneのアプリを削除(アンインストール)するにはどうすれば良いのかを確認していきましょう。

使わないアプリ・不要なアプリを削除することで、iPhoneの容量を確保することができたり、ホーム画面を整理したりすることができます。

アプリの削除手順(基本手順)

iPhoneのアプリを削除する基本的な手順は、「ホーム画面から削除」「設定から削除」の2種類があります。

それぞれの手順を簡潔に説明します。

ホーム画面から削除

削除手順

①アプリアイコンを「アイコンが小刻みに震えるまで」長押しする

iPhone,アプリ,削除

②アイコン左上隅に表示された「×」をタップ→「削除しますか」で「削除」をタップする

③ホームボタンを押し、通常のホーム画面に戻す

 

iPhoneX以降のシリーズには「ホームボタン」が無いため、画面下から上へスワイプするか画面右上に表示されている「完了」をタップしてください

設定から削除

もう一つの方法が「設定から削除」する方法です。

設定から削除する手順

①「設定」アプリ→「一般」→「iPhoneストレージ」の順にタップする

 

iPhone,設定,iPhoneストレージ

 

②削除したいアプリを選択して、「Appを削除」をタップする

 

iPhone,アプリ,Appの削除

 

③メッセージが表示されるので、「Appを削除」をタップする

 

iPhone,アプリ,削除する

標準アプリの削除方法

購入時からiPhone内に搭載されている「標準アプリ」は、これまで削除することができませんでした。

しかし、iOS10以降では標準アプリの一部を削除できるようになりました

削除できる標準アプリ

  • FaceTime
  • iTunes Store
  • 天気
  • 計算機
  • ビデオ
  • マップ
  • ボイスメモ
  • ミュージック
  • メール
  • 連絡先 etc.

標準アプリの削除方法は、通常の削除方法と同様です。





削除してしまったアプリの復元・古いアプリの復活方法

ここからは、削除してしまったアプリ現在App Storeで配布されていない古いアプリを復活させる方法について解説していきます。

現在App Storeで配布中のアプリ

現在App Storeで配布されているアプリに関しては、通常通りApp Storeを経由して再インストールすることができます。

App Storeで検索して、復活させたいアプリを探してみてください。

現在App Storeに無い古いアプリ

削除したアプリが「現在App Storeで配布されていない」場合、「検索→再インストール」することができません。

しかし、この場合でもアプリを復元させる方法があります。
それは、App Storeの「購入履歴」から再インストールする方法です。

購入履歴から再インストールする手順

①「App Store」を起動し、「アカウント」をタップする

 

iPhone,AppStore,アカウント

 

②「購入済み」をタップする

 

AppStore,アカウント,購入済み

 

③「このiPhone上にない」をタップ→復元・再インストールしたいアプリを探し、「雲のアイコン」をタップする

上記の手順で操作することで、App Storeから消えてしまったアプリを復元させることができます。





iPhoneアプリ削除でよくある問題

iPhoneアプリの削除に関してよくある問題・トラブルについてまとめていきます。

現在アプリ削除で困っていることがある・疑問に思っていることがある方は、ぜひ参考にしてみてください。

アイコン長押し→「×(バツ)」が出ない

「アプリのアイコンを長押ししても、「×」が表示されない」という場合、そのアプリは「標準アプリ」の可能性が高いです。

以下の標準アプリは削除することができないので確認しておきましょう。

削除できない標準アプリ

  • App Store
  • iPhoneを探す
  • Safari
  • Wallet
  • カメラ
  • 設定
  • 写真
  • 電話
  • 時計
  • ヘルスケア
  • メッセージ

【iOS12機能制限】アプリの削除ができない

アプリが削除できない場合、「機能制限」によってアプリ削除が許可されていない可能性があります。

「Appの削除」を許可する手順【iOS12】

①「設定」アプリ→「スクリーンタイム」の順にタップする

 

iPhone,設定,スクリーンタイム

 

②「コンテンツとプライバシーの制限」をタップする

 

iPhone,設定,コンテンツとプライバシーの制限

 

③「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップして、「Appの削除」を許可にする

 

iPhone,設定,iTunesおよびApp Storeでの購入 iPhone,スクリーンタイム,Appの削除

【iOS11~】使っていないアプリを一括削除するには?

「iOS11」から、使用頻度の低いアプリを自動的に削除してくれる機能が追加されました。
この機能によって、アプリを手動で削除しなくても、iPhoneの容量を確保できるようになりました。

設定方法

①「設定」アプリ→「iTunes StoreとApp Store」の順にタップする

 

iPhone,設定,iTunes StoreとApp Store

 

②「非使用のAppを取り除く」をONにする

 

iPhone,設定,非仕様のAppを取り除く

「○○(アプリ名)を共有」と表示される

アプリアイコンを長押ししてアプリを削除しようとすると、「○○(アプリ名)を共有」と表示されてしまうことがあります。

これは、iPhoneの「3Dタッチ」機能が起動しているためです。

アイコンを強く押し込んでしまうと3Dタッチ機能が起動してしまうので、アプリを削除するときは、「強く押し込まずに長押し」する必要があります。

【完全削除】アプリのダウンロード済みデータが残るのが嫌!

アプリのダウンロード済みデータがiPhone内に残ってしまうのが嫌な方は、以下の手順でアプリを完全削除しましょう。

「完全削除」手順

①「App Store」を起動して、「アカウントマーク」をタップする

②「購入済み」をタップする

③「このiPhone上にない」をタップして、完全削除したいアプリを左にスワイプし、「非表示」をタップする

 

AppStore,購入済み,非表示

  iPhoneアプリを完全削除して履歴を初期化する3つの方法とは?!

【削除防止・ロック】アプリを勝手に削除されないようにしたい

「ポケットの中で勝手にアプリが削除されてしまった」「子どもが勝手にアプリを削除してしまった」という問題に悩んでいる方もいるようです。

アプリが勝手に削除されないようにするためには、「機能制限」を活用しましょう。

上記で説明した手順で操作して、「Appの削除」を「許可しない」の状態にしましょう。

App Store表示が英語になった時の対処

端末の初期化やiOSのアップデート時に、App Storeが「英語表示」になってしまうことがあるようです。

英語表示になったら、設定から日本語に戻しましょう。

日本語への変更

①「設定」アプリ→「iTunes StoreとApp Store」をタップする

②「Apple ID」をタップする→「Apple IDを表示」をタップする

 

iPhone,設定,Apple ID iPhone,Apple ID,Apple IDを表示

 

③「国または地域名」から「日本」を選択する

 

iPhone,Apple ID,国または地域名





まとめ

今回は、iPhoneでアプリを削除・アンインストールできない時の対処法について解説してきました。

アプリを削除できなくなった・iPhone容量を確保するためにアプリを削除しないといけないという方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

  iPhoneアプリをつい削除してしまう!ロックすることは出来るのか?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す