Macのシステム容量が肥大化−すぐに実践できる対処法をご紹介!

Macパソコンでシステム容量が肥大化した経験はありませんか。Macパソコンをずっと利用していると徐々にシステム容量が肥大化して様々なトラブルになることがあります。ここではMacパソコンでシステム容量が肥大化したい際の対処法について紹介していきます。

システム容量とは

そもそもMacパソコンでシステム容量とは何であるか知っていますか。システム容量とは、Macパソコンでデータを保存することができるリソースのことを言います。Macパソコンで色んなデータを保存したり、様々なアプリケーションをどんどん利用していると徐々にシステム容量が肥大化して大きすぎる状態になってしまうことがあります。ここではそんなMacパソコンのシステム容量が肥大化してしまった際の対処法や確認方法について紹介していきます。

システム容量の確認方法

Macパソコンを利用すると知らない間にシステム容量が肥大化してしまうことがあります。ここでは自分が利用しているMacパソコンがシステム容量が肥大化していないかを確認する方法について紹介していきます。システム容量が肥大化してひっ迫してしまうとトラブルになることもあるので、定期的にMacパソコンのシステム容量を確認しておくとトラブル防止に繋がります。

Finderから確認

Macパソコンのシステム容量を確認する方法としては、まずMacパソコンでMac OS用のファイルマネージャを起動させます。ファイルマネージャとは、Macパソコンでファイルデータを管理するアプリケーションのことです。ファイルマネージャを起動すると画面左上のFinderをクリックして、搭載している「Macintosh HD」を右クリックしましょう。右クリックしたら、「情報を見る」をクリックすることでMacパソコンのシステム容量を確認することができます。特に「空き領域」および「使用領域」をチェックするようにしましょう。

「このMacについて」から確認

またファイルマネージャのFinder以外からでもMacパソコンのシステム容量は確認することができます。Macパソコンでホーム画面よりAppleのロゴをクリックしてください。するといくつかのメニュー項目が表示されるので、その中から「このMacについて」をクリックしましょう。するとMacパソコン情報が表示されるので、「ストレージ」タブをクリックしてください。すると「Macintosh HD」の下にストレージサイズとストレージ利用量が色分けされて表示されるので、どのくらい利用しているかをチェックしてみてください。

対処法をする際の注意点

Macパソコンでシステム容量を確認する方法についてはわかって頂けましたでしょうか。Macパソコンでシステム容量が肥大化していた場合は、パソコンが正常に動作しなくなるためシステム容量が肥大化する前に対策や対処をする必要があります。ここではMacパソコンでシステム容量が肥大化してストレージ容量が大きすぎる場合に対処する際の注意点について紹介していきます。ここで紹介する注意点を知らないとデータ破損や紛失につながる場合もありますので、是非チェックしておくことをおすすめします。

バックアップを取っておく

Macパソコンでシステム容量が肥大化してた場合にデータうを削除したり、移動させる前にまずはMacパソコンでバックアップを取るようにしてください。例えばMacパソコンでシステム容量が肥大化したからといって、すぐに不要なデータを削除したり、不要なアプリケーションを削除すると実はそのデータがないと正しく動作しないソフトウェアがあり、他のデータにも影響を与える可能性もあります。そのためデータを削除したり、整理する前にまずはMacパソコンでiTunesや専用バックアップソフトでデータのバックアップを取ることをおすすめします。

データを削除する際は要注意