iPhone 13全モデルにLiDARセンサー搭載?Proには1TBが?

Wedbush証券アナリストのダニエル・アイブス氏は、iPhone 13シリーズの全モデルに「LiDAR」スキャナが搭載され、iPhone 13 Proには1TBのストレージが登場するという推測を再確認しました。

iPhone 13全モデルにとLiDARスキャナが搭載!?Proは1TBストレージ搭載?

Apple社のiPhone 13のラインナップでは、「iPhone 13 Pro」や「iPhone 13 Pro Max」に、1TBもの大容量内蔵ストレージを搭載したモデルが登場する可能性が示唆されています。

また、iPhone 13ラインナップの全モデルに「LiDAR」スキャナが搭載されるのではないかと、Wedbush証券のアナリスト、ダニエル・アイブス氏が投資家向けのメモに記したと明かされました。

iPhone 13に1TB搭載との最初の予測は3月にアイブズ氏が!

アイブズ氏はこの3月には、iPhone 13に1TBのストレージオプションが搭載されるという最初の予測を発表して話題になりました。

Appleのリーク情報提供者であるジョン・プロッサー氏もまた、以前に1TBのiPhoneが登場する可能性を予測していました。

現行機種の2倍!iPad Proと同等の1TB・2TBの構成!

1TBのオプションは、現在発売のiPhone 12シリーズで提供されている中の、最高512GBの2倍となります。よってiPhoneラインナップは、1TBと2TBの両方の構成で提供されているiPad Proと同等になります。

新フォーマットのProRawファイル利用に1TBは大きな魅力!

Apple社はiPhone 12で、RAW画像とiPhoneの画像処理を組み合わせた新しいフォーマットであるProRawを発表しました。

ProRAWファイルは、一般的なHEIFファイルやJPEGファイルに比べて、10倍から12倍のサイズになります。

iPhoneを日常的に使用している写真家など、よりプロライクに利用するなユーザーにとっては、1TBの容量を持つiPhoneは大きな魅力となることでしょう。

iPhone 13の全モデルに「LiDAR」センサーが搭載との噂!

アイブスはまた、iPhone 13 miniから、ハイエンドのiPhone 13 Pro Maxまで、iPhone 13の全モデルに「LiDAR」センサーが搭載されるというWedbushのレポートを再確認しています。

LiDARセンサーはAR技術の基礎となる次世代のキーテクノロジー!

LiDARセンサーの使用例は、現状ではかなり限られており、カメラ機能としては低照度の写真撮影やAR(拡張現実)にしか使われていません。

しかしこのカメラ機能技術を、果敢にも全モデルへ搭載するApple社の「狙い」は、もうすでに次世代のiPhoneのカメラ機能に向け、フォーカスを合わせているかのようです。

iPhone 13シリーズでは全モデルのカメラ機能に超高性能「手ブレ補正」標準搭載!

当サイトでもすでにお伝えしましたが、iPhone 13の全モデルでのカメラ機能に、光学式手ブレ補正機能用のVCMが搭載されるとの情報が確定的です。

iPhone 12 Pro Maxに搭載されたこの技術も、Apple社のiPhoneシリーズでは、デファクトスタンダードな機能となり、iPhoneにおけるカメラ機能は増々充実の一途をたどっています。

まとめ