Skypeの画面共有ができない!音声やブラウザ・動画の共有も

リモートワークやオンライン飲み会をしていてSkypeの画面共有ができないことはありませんか。ここではSkype野画面共有ができないときやSkypeの音声やブラウザの調子が悪いときの対処法や原因について紹介しますので、是非参考にしてみてください。

Skypeの画面共有ができない・真っ黒になる時の対処法

Skypeでオンライン会議やリモート打ち合わせを行っていて資料を共有したり、見せるためにSkypeの画面共有機能を利用したことはありませんか。オンラインでの会議や打ち合わせではこの画面共有機能はとても便利な機能の一つとなっていますが、Skypeの画面共有をしたのに正常に表示されない場合や真っ黒な画面になってしまうことがあります。ここではSkypeの画面共有ができない場合や真っ黒画面の場合の対処法についてチェックしていきましょう。

①Skypeを最新版にアップデート

まずSkypeの画面共有ができない場合がSkypeのアプリケーションの不具合の場合があります。不具合やバグがあると画面共有ができず、真っ黒な画面が表示されてしまうこともあります。もし画面共有できない場合には、Skypeのアプリケーションを最新バージョンまでアップデートして改善するかを試してみましょう。

②Skypeを管理者権限で実行(起動)

またSkypeのアプリケーションを利用する権限が足りないことでも画面共有ができないこともあります。Skypeのアプリケーション自体がパソコンやデバイスのアクセス権限が足りず、画面共有できないこともあります。なのでSkypeのアプリケーションを起動する場合には、管理者権限でSkypeのアプリケーションを起動させてみてください。

③Skypeを互換モードで実行(起動)

またSkypeのアプリケーションとパソコンやデバイスのバージョンが合っていないことでもSkypeアプリケーションの機能が利用できないこともあります。その結果画面共有もできず、真っ黒画面が表示されてしまうこともあります。その場合はSkypeのアプリケーションを起動する際に互換モードで起動させてみると良いかもしれません。互換モードとは古いバージョンのOSに合わせてアプリケーションを起動させる機能ことで、これによって正常にアプリケーションが動作することもあります。

④Skype以外の開いているアプリを終了

パソコンやスマートフォンで起動しているアプリケーションが邪魔をして画面共有ができないこともあります。これは他のアプリケーションが起動していることで制限されてしまい、正常に画面共有できなくなってしまう場合があります。その場合はSkypeのアプリケーション以外には、ソフトウェアを終了させてSkypeだけを起動させることで正常に画面共有できることもあるので、まずは不要なソフトウェアを停止させましょう。

⑤ストレージの空き容量を増やす

またアプリケーションが原因ではなく単純にパソコンやタブレットのリソース不足によって画面共有できないこともあります。Skypeのアプリケーションの推奨環を満たしていないとSkypeのアプリケーションの動作に不具合が発生してしまうこともあります。その場合は、ストレージやメモリといったリソース容量を確保してあげる必要があります。特に画面共有ではストレージ容量を利用することがあるため、ディスク容量やドライブ状況を確認して必要に応じて、空き容量を確保するようにしましょう。

⑥相手のSkypeのバージョンを確認