未分類

【Twitter】スペースは鍵垢でもホストできるの?やり方を解説

Twitterでは、テキストではなく音声によって会話する機能のスペースは基本的には公開アカウントで作成することとされています。しかし、非公開アカウント(鍵垢)でも作成する裏ワザがあるので紹介します。幽霊ユーザーの盗聴防止などの参考にしてください。

Twitterのスペースは鍵垢だとホストはできないの?

鍵垢すなわち非公開にしているアカウントでは、スペースの利用に関しては制約がかけられます。鍵垢でのスペースの利用法の概要は以下のとおりです。

  • 鍵垢ではスペースを作成は不可。すなわち、ホストできない。
  • 他のアカウントのスペースに参加して発言するのは可能
  • 他のアカウントのスペースのリスナーになることは可能

鍵垢でスペースを作成できないことは、Twitterのヘルプセンターではっきりと説明されています。

鍵垢でもスペースのホストをするやり方を紹介!

Twitterの公式説明では、鍵垢ではスペースのホストになれない、すなわち、スペースを作成できないことになっています。

しかし、鍵垢でもスペースのホストをする裏ワザ的なやり方があります。以下で2つのやり方を紹介します。

一瞬鍵を外してスペースを開く

スペースを開いたアカウントの属性を変更しても、スペースの運営には影響を及ぼさないようです。この特性を利用して鍵垢でもスペースホストとなれるのです。

具体的には、スペースを作成するときだけ公開設定に変更(鍵を外す)して、スペース作成を完了したらすぐに非公開設定(鍵を付ける)に戻すのです。鍵を付け直してもスペースが閉じられたりすることはありません。

鍵を外してスペースを開く方法

スペースを作成する時のみ、鍵を外して公開アカウントに変更し、その後スペースを開く手順は以下のとおりです。

Twitterアプリを起動→プロフィールを選択→設定を選択→設定とプライバシーを選択→プライバシーとセキュリティを選択→オーディエンスとタグ付けを選択→ツイートを非公開にするのトグルをオフ

これで、鍵が外れるので、次にスペースを作成します。手順は以下のとおりです。

Twitterアプリのトップ画面を選択→ツイートボタンを選択→スペースボタンを選択

スペースが作成出来たら、以下の手順で、再び鍵をかけます。

Twitterアプリのトップ画面を選択→プロフィールを選択→設定を選択→設定とプライバシーを選択→プライバシーとセキュリティを選択→オーディエンスとタグ付けを選択→ツイートを非公開にするのトグルをオン

アプリを開いた瞬間ツイートボタンを押す

Twitter画面のツイートボタンからスペースアイコンを選択すれば、スペースが作成できます。実は、鍵垢であっても、Twitterを開くと同時にツイートボタンを選択すればスペースを作成できる場合があるのです。

これは、裏ワザらしい方法なので、ちょっとタイミングが難しいかもしれませんが、根気よくトライすればできるようになります。

ツイートボタンを押してスペースを開く方法

鍵垢でTwitterアプリを起動するのと同時に、ツイートボタンを長押しすることでスペースボタンを表示dせきるようになります。手順は以下のとおりです。

  • Twitterアプリを起動し、鍵垢でログインしてからアプリを閉じる
  • 再びTwitterアプリを起動し、起動と同時にツイートボタンを長押しする
  • 成功すればスペースマークが表示される
  • タイミングが難しいので、スペースボタンが表示されない時は再度トライする

鍵垢でスペースに参加することはできるの?

非公開アカウントでは、スペースは作成できず、ホストにもなれません。しかし、参加することは可能です。ただし、参加といっても、単にスペースでの他ユーザーの会話をリッスンすることもあれば、会話に加わって発言することも可能です。

ここでは、他のユーザーがホストしているスペースに参加して会話に加わる方法を説明します。

他の人が開いたスペースに参加することができる

鍵垢でTwitterにログインしているユーザーでも、他の人が開いたスペースには参加することができます。

スペースはその機能として一般公開されています。そのため、スペースのホストのフォローワー以外やTwitterにログインしていないユーザーでもリスナーとして参加して、スペースでの会話を視聴することが可能なのです。

リクエストが承認されると話せるようになる

次のページへ >