Microsoft Visual c++をアンインストールした時の影響を解説

Windowsの標準機能として導入されているMicrosoft Visual c++。

Microsoft Visual c++はソフトウェア開発に使われています。

そこで今回はMicrosoft Visual c++をアンインストールした時の影響を見ていきます。

【Microsoft Visual c++】複数インストールされる原因

まずMicrosoft Visual c++はWndowsに標準搭載されています。

しかし、中にはMicrosoft Visual c++が複数インストールされていることがあります。

その原因を見ていきます。

ソフトのインストールと同時にインストールされる

まずMicrosoft Visual c++は数多くのソフトウェアを開発するために利用されています。

そのためMicrosoft Visual c++が必要になっているソフトウェアをインストールすると、当時にMicrosoft Visual c++もインストールされるようになっています。

結果、Microsoft Visual c++が複数インストールされてしまうようになってしまいます。

Microsoft Visual c++は手動でアンインストールが必要

自動的にインストールされてしまうMicrosoft Visual c++。

Microsoft Visual c++をアンインストールするには自動ではありません。

1つ1つMicrosoft Visual c++を手動でアンインストールする必要があります。

少々面倒ですが、手動でMicrosoft Visual c++をアンインストールするようにしましょう。

【Microsoft Visual c++】アンインストール時に起きる影響

ではMicrosoft Visual c++を手動でアンインストールした時に起きる影響について見ていきます。

動かすのに必要な場合はソフトが起動しなくなる

まずMicrosoft Visual c++を全てアンインストールしてしまうと、Microsoft Visual c++を利用しているソフトウェアが動かなくなります。

もともとWindowsにMicrosoft Visual c++が標準で搭載されているだけあって、Microsoft Visual c++は非常に重要です。

しかし、そのMicrosoft Visual c++をアンインストールしてしまうとMicrosoft Visual c++を使って制作されたソフトウェアを動作しなくなります。

そのためなるべくMicrosoft Visual c++をPC内に残しておくことを推奨しています。

使っていないソフト関連の場合は削除可能

Microsoft Visual c++はPCの容量を圧迫してしまいます。

しかし、Microsoft Visual c++を消してもMicrosoft Visual c++を利用していないソフトウェアには何ら問題はありません。

全くMicrosoft Visual c++が関係していないソフトウェアに関しては、Microsoft Visual c++をアンインストールしても大丈夫です。

Microsoft Visual c++を使っているソフトウェアを使っている場合は、Microsoft Visual c++の削除は推奨されません。

【Microsoft Visual c++】アンインストールする方法

関連する記事