メルカリの手紙が気持ち悪いと言われる理由は?お礼の手紙について解説

みなさんはメルカリのお礼の手紙を送ったり貰ったりしたことはありますか?実は手紙を貰った一部の人から、「気持ち悪い」という声も出ています。

今回は、お礼の手紙が気持ち悪いと言われる理由について解説します。合わせて、印象のいい手紙を送る方法についても紹介します。

メルカリの手紙とは?

メルカリの手紙ってなんでしょうか?

商品を発送するときに同封するお礼の手紙

メルカリの手紙は、商品を発送するときに一緒に同封する購入してくれた感謝を伝える手紙のことです。

みなさんもメルカリで商品を購入したとき、お礼の手紙を貰ったという人もいるのではないでしょうか。もらうと嬉しいですよね。

手書きで手紙を書いているという人も多く、手書きだからこそ気持ちが伝わりやすいということもあります。

手紙がついていれば取引の印象が良くなり、リピーターがついたり高評価がつきやすくなります。

送るか送らないかは完全に自由

メルカリの購入してもらったお礼の手紙は送るか送らないかは完全に自由です。

購入してくれた感謝の気持ちにお礼の手紙を書く人もいれば、購入されたら手紙は書かずに商品のみ発送する人もいます。お礼の手紙を送るか送らないかは個人の自由ですが、送った方が購入してくれた人に感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

購入してくれた感謝の気持ちを伝えるためにも、一言手紙をかいてみてはいかかでしょうか。

メルカリのお礼の手紙が気持ち悪いと言われる理由は?

一方で、メルカリのお礼の手紙を貰った一部の人から、気持ち悪いという声も出ています。

なぜ気持ち悪いと言われるのか、その理由について解説します。

【理由①】文章が異常に長い

まず1つ目の理由は、文章が異常に長いという理由です。

思い入れのある商品などをメルカリで購入してくれた相手には、ついつい感謝の言葉以外にもその商品の思い出についても話したくなってしまうのかもしれません。

購入のお礼を伝える程度の文章なら印象がいいですが、商品の思い出話や自分の話などを長文で書かれると、どうしたらよいか困りますし気持ち悪いですよね。

【理由②】取引以外で手紙が送られてくる

2つ目の理由は、取引以外で手紙が送られてくるという理由です。

メルカリは匿名発送ができますが、普通郵便の発送だと住所がわかってしまいます。住所は取引に使うのが普通ですが、取引は終わったのに手紙が送られてきたら、たとえ感謝の手紙だとしても気持ち悪いとしか感じないでしょう。

実際にメルカリを使用した人から、取引以外で手紙が送られてきたという声が少なからずあります。

メルカリの取引以外で住所を使用するのは規約違反となってしまうので、注意してください。

【理由③】下心を感じる手紙が同封されている