【Android】Chromeが重い/フリーズする時の対処法

スマホをいつも通り使っているつもりが、いつの間にかWebページを開くのが遅く感じたり、アプリの立ち上げるのに重たく感じることがあり、動作が重くなるのは非常にストレスを感じます。この記事では、AndroidでChromeが重い時の原因や対処法を紹介します。

Chromeの動作が重い/固まる原因〜Android〜

AndroidでChromeが重い時や固まる時の原因は様々です。まずはChromeが重い時の原因について紹介をしていきます。

原因①メモリが足りていない

AndroidスマホでChromeが重い/固まる原因の1つ目は、Androidスマホのメモリが足りてないことです。そもそものAndroidスマホのメモリが足りていない場合もあれば他のアプリがメモリを使っていて足りてない場合があります。

原因②Chromeのバージョンが古い

AndroidスマホでChromeが重い/固まる原因の2つ目は、Chromeのバージョンが古いことです。Chromeのアップデートを行なっていないこと不具合が起こることがあります。

原因③キャッシュの蓄積

AndroidスマホでChromeが重い/固まる原因の3つ目は、Chromeにキャッシュが蓄積していることです。キャッシュはWebページを高速に開くために必要なものですが、キャッシュが溜まりすぎることでChromeの動作が重くなることがあります。

原因④AndroidやChromeの不具合

AndroidスマホでChromeが重い/固まる原因の4つ目は、スマホ本体やChromeアプリの不具合です。不具合に対する原因も様々です。

原因⑤通信環境が不安定

AndroidスマホでChromeが重い/固まる原因の5つ目は、通信環境が不安定になっていることが原因です。ネットにつなぐので当然通信環境が必要です。不安定なフリーWi-Fiを拾っていたり、4Gや5Gの回線の繋がりにくい場所などだとChromeが重いことがあります。

原因⑥スマホのスペック不足