おしゃれな雰囲気の画像の撮り方!白・黒加工のやり方も!

Instagramなどには数多くのおしゃれな雰囲気の画像が投稿されていますが、どうやって撮影をしているのでしょうか。撮り方がわかれば一気におしゃれさんになることができます。今回はおしゃれな雰囲気の画像の撮り方や白・黒加工のやりかたについてもご紹介していきます。

おしゃれな雰囲気の画像の撮り方は?

Instagramにはおしゃれな雰囲気の画像がたくさん投稿されていますが、その撮り方がわからない方も多いと思います。

そこでおしゃれな雰囲気の画像の撮り方について解説していきます。

スマホのズームは使わないのが撮り方のコツ

まずは、スマホのズームは使わないのが撮り方のコツです。

遠くのモノを撮影する際、なるべくスマホのズームを使って近くにして撮影したいと思います。

しかし、手動でズームにするよりもスマホに搭載されているデジタルズームを使ったほうがよりよくおしゃれな雰囲気の画像を撮影することができるようになるのです。

そもそもズームには、

  • アナログズーム
  • デジタルズーム

の2つの種類があり、一般的なカメラに使われているアナログズームは画像の解像度に影響がありません。

つまり、手動で拡大をしても綺麗に雰囲気のある写真を撮影することが可能です。

ただ、スマホにあるデジタルズームでは手動で近づけば近づくほど解像度が荒くなってしまう特徴があります。

そのため、ズームを使って近づくよりも自分自らが被写体に近寄る撮り方が正しいといえます。

撮りたい物によって撮り方を変える

また、撮りたい物によって撮り方を変えるのもポイントの1つです。

Instagramには数多くの雰囲気のある写真が投稿されていますが、すべての写真が同じ方向から撮影されているわけではありません。

モノによって撮り方を変えるのが雰囲気のある画像を撮る秘訣です。

まず、花の場合は背景を無機質なものに変えてみましょう。

花が主体となって画像に映らなければなりませんので、背景がごちゃごちゃしているのはNG。

壁や木目などを背景にするのがいいでしょう。

コスメ

次に、コスメの場合は使っているシーンが想像しやすいように手持ち撮影をおすすめします。

例えば、化粧品やバームなどは実際に手に持って手ごと撮影してしまうのがポイント。

特に女性の場合は、ネイルをしていることが多いため手元を見せることでより雰囲気のある画像に仕上がります。

食べ物

次に食べ物の場合は、立体感やつやを出しましょう。

なるべく「美味しそう」に見せるのがポイントですので、立体感は必ず出すようにしてください。

また、後光がさすようにして画像を撮影するのがポイントです。

雰囲気のあるカップル写真の撮り方