【2021】ChromeでFlashを見る方法!常に許可できる?

皆さんはChromeでFlashを見る方法をご存じでしょうか。

実はChromeでFlashを見る方法があるんです。

そこで今回はChromeでFlashを見る方法を見ていきます。

またFlashを常に許可はできるのでしょうか。

Flashサポート終了で2021年以降はChromeでの再生が不可能に

まずFlashサポート終了で2021年以降はChromeでの再生が不可能になっています。

Adobeでは2021年にFlashサポートを終了しています。

どのバージョンでもFlashサポートを使うことができなくなってしまいました。

それはGoogleの公式が公表しています。

2021年以降にFlash Playerを利用する方法

では2021年以降にFlash Playerを利用する方法を見ていきます。

2021年以降にFlash Playerを利用する方法にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

①Chrome等ブラウザにFlashエミュレーター「Ruffle」を導入

まずはChrome等ブラウザにFlashエミュレーター「Ruffle」を導入する方法です。

「Ruffle」とは2021年以降もFlashを見ることができるように海外のプログラマーさんによって製作されました。

Rustで制作されておりFlashsを補完しているプロジェクトとは別物です。

「Ruffle」はデスクトップ上でswfファイルを閲覧することができます。

他のタイプではWebブラウザの拡張機能として使ったりすることもできます。

注意点は「Ruffle」のブラウザ拡張機能を使ってもFlashそのものをWeb上から削除してしまうと「Ruffle」は効力を持ちません。

そんな「Ruffle」ですが現在は別のメンバーやスポンサーさんを募集しているようですね。

Chrome等ブラウザにFlashエミュレーター「Ruffle」を導入する方法は

  1. Ruffle公式サイトへアクセス
  2. 「Rsleases」から最新版のChromeをクリック
  3. Ruffleがダウンロードされるのでzipファイルを解凍
  4. Chromeの拡張機能を展開
  5. 右上の「デベロッパーモード」をON
  6. 「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」をクリック
  7. 解凍したRuffleを選択

でOK。

これでRuffleの導入が完了しました。

②2021年以降もFlashが利用できるブラウザ「Nitro」を利用

次は2021年以降もFlashが利用できるブラウザ「Nitro」を利用する方法です。

「Nitro」は現在サポートが終了しているFlashをなぜか閲覧することができるんです。

もともとFlashには2021年1月12日に一斉に自動アンインストールされるように仕組まれていました。

しかし「Nitro」を活用すれば再インストールするだけで使えてしまいます。

他のブラウザでは終了しましたとの表示が出ます。

しかし「Nitro」では普通のゲームをすることができていますがこれは謎。

2021年以降もFlashが利用できるブラウザ「Nitro」を利用には

  1. Flashをダウンロード
  2. インストールをして「完了」
  3. https://www.softpedia.com/get/Internet/Browsers/MxNitro.shtmlへアクセス
  4. 「FREE DOWNLOAD」→「External Mirror 1」をクリック
  5. インストールしてブラウザを起動
  6. swfファイルをドラッグアンドドロップ

でOK。

これで2021年以降もFlashが利用できるブラウザ「Nitro」を利用ことができました。

Flashエミュレーター「Ruffle」の導入方法

ではFlashエミュレーター「Ruffle」の導入方法を見ていきます。

Ruffle公式サイトへアクセス

まずはRuffle公式サイトへアクセスしましょう。

公式サイトは→https://ruffle.rs/

Releasesの項からChrome最新版をクリック