Pagesの使い方を紹介!iPadやiPhoneの同期方法も解説

Pagesの使い方を知っていますか?iPhoneやiPadでのPagesの使い方やiCloudの同期の仕方、テンプレートの使い方、画像や文字の保存の仕方を解説していきますので、Pagesを使いたい人は参考にしてください。

PagesはMac用のページレイアウトアプリケーション

Pagesというものを知っていますか?PagesとはiPhoneやiPadでも使うことができるアプリケーションです。iPadやiPhoneでどのようにPagesを使うのかの使い方を学んで、使い方を知ってからPagesを使ってみましょう。

使い方を学ぶためにはPagesがどのようなアプリケーションなのかを知る必要があります。Pagesがどのようなことができるアプリケーションなのかを、紹介していきます。

どのようなアプリケーションなのかを学んでみよう

Pagesの使い方を知るには、使い方のマニュアルを見る前に、まずPagesがどのようなアプリケーションなのかを知る必要があります。Pagesは、Apple社が開発した文書作成ソフトとなります。

PagesはMacでしか使うことができないので、Pagesを Windowsで使いたい、Pagesの使い方を知ってWindowsで使いたいと考えている人は、Pagesを使うことができないので注意をしてください。

画像や文字を編集して保存できるアプリケーション

Pagesはどのような使い方をするのかというと、画像や文字を自由に編集して保存することができるアプリケーションです。Pagesはとても簡単に画像や文字を編集して保存することができますし、iPhoneやiPadでも手軽に使うことができますのでおすすめです。

さらにPagesでは使い方を分かりやすくするためにテンプレートも用意されていますので、使い方を把握したい人は、テンプレートを活用してみてください。

元々3つのソフトにまとめられていた1つのアプリ

画像や文字を編集して、保存することができるPagesですが、元々はiWorkというソフトに入っていました。iWorkには、PagesとNumbers、Keynoteという3つのソフトが入っていたのです。

Pagesは、文字や画像を編集して保存することができる文書用ソフトで、NumbersはExcelのように表計算ができるソフト、Keynoteはスライドのようにプレゼンテーション用のソフトとなります。

2011年までにはパッケージで販売されていたソフト

元々PagesはiWorkに入っているソフトで2011年まではパッケージの販売をしていました。それ故画像や文字を編集して保存するという使い方を学ぶことができませんでした。

しかし2013年から少し変わり、画像や文字を編集して保存するという使い方を容易に学ぶことが、Macユーザーは全員できるようになったのです。なぜそうなったのかを解説しますので使い方が知りたいという人はぜひチェックをしてみてください。

現在はMac新規購入ユーザーは全員無料で使用可能

Pagesの使い方はMacユーザーなら全員知ることができます。なぜかというと、一番最初にPagesが発表された2005年から8年経った2013年から、PagesはMacを新規購入したユーザーは無償で使えるようになったからです。

Macの新規購入者でPagesの使い方を学びたいと考えている人は、Pagesの使い方を学んでぜひPagesを活用してみてください。そうすることで便利に使うことができるのです。

PagesとWordは同じような用途アプリケーション

Pagesは画像や文字を編集して保存することができますが、Wordも同じような作業をすることができます。Wordは文章を打ち込んだり、画像を挿入したりすることができるのでとても使いやすいソフトとなっています。

では、WordとPagesだったらどちらが使いやすいのでしょうか。WordとPagesはどちらが使いやすいのかを解説していくのでPagesとどちらが使いやすいか知りたい人は参考にしてください。

どちらが使えるかはどちらを先に使ったかで変わる

WordとPagesだったらどちらが使いやすいのかと言うと、Wordはリリースされてからだいぶ経つのでパソコンを以前から使っていて資料作りにはWordを使っていたという人にとってはWordの方がPagesより使いやすいという人が多いのではないでしょうか。

では、WordとPagesを使うのであればどちらが得なのかを解説していきますので、WordとPagesは、どちらを使えば得かをチェックしましょう。

Pagesを使った方がWordを使うより得という意見

WordとPagesどちらを使えば得なのかというと、Pagesのほうを使うと得ではないかと言われています。

なぜかと言うとWordではPagesのようなファイルを作ることができませんが、PagesではWordで作ったようなファイルを作ることができますので、WordとPagesどちらを使えば得かと言われればPagesを使った方が得といえますので、ぜひPagesの使い方を学んでから、使ってみてください。

Wordは無料で使えないがPagesは無料で使用可能

Pagesは現在Mac新規購入者は無料で使うことができますが、Wordは無料で使うことはできません。Wordは有料になってしまいますので、そのような面でもPagesの方が得といえます。

PagesはほぼWordと同じような機能を有しているので、使い方さえ覚えればとても使いやすいソフトなのです。Pagesの使い方を解説していきますので、Pagesの使い方を覚えて使ってみたい人は参考にしてみてください。

Pagesの使い方やiCloudで同期できるか詳しく解説

Pagesをどのように使えばいいのか、またPagesでは iCloudで同期をすることができるのかを紹介していきます。

iCloudで同期をすることができるならどのような手順で同期をすることができるのかを解説していきますので、PagesをiCloudで同期したい、使い方を学んで仕事で活用してみたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。そして使い方を覚えて実際にPagesを仕事などで使いましょう。

Pagesの使い方

Pagesの使い方をいくつかのポイントに絞って解説していきますので、Pagesの使い方を詳しく知りたい、Pagesの使い方を覚えて仕事などで活用してみたいと考えている人はPagesの使い方をチェックして、Pagesの使い方で得た知識を実際に活かしてください。仕事でも存分に活用することができるソフトの1つです。

新規作成

Pagesの使い方の1つ目は新規作成をするというものです。新規作成をしないと新たなページを作ることができないので、まずソフトを開いたら、新規作成というボタンを選択してみてください。

テンプレートの選択

Pagesの使い方の2つ目はテンプレートの選択です。テンプレートの選択をすることでどのような資料を作成するかをあらかじめ決めてから、作成を始めることができますので、選択をしましょう。

画像の変更

Pagesの使い方の3つ目は画像の変更です。画像の変更をすることでよりイメージに合った資料を作成することができますので、イメージを統一させたい人は画像の変更をぜひしてみてください。

画像の大きさの変更

Pagesの使い方の4つ目は画像の大きさの変更をするというものです。画像の大きさの変更をすることでより資料を見やすくすることができるので画像の大きさの変更をして資料を作りましょう。

画像を好きな場所へ移動