【2020年版】バンカーリングのおすすめ15選

アイキャッチ画像

スマホのサイズは年々大きくなっています。スマホの大型化によって画面がみやすくなったり、文字入力がしやすくなったりと便利になっています。
しかしスマホが大きくなったことで、手が小さい人だとスマホを片手で操作することが難しくなりました。また、スマホが大きいと手から滑らせて落下させる危険性もでてきます。
こんな時に便利なのが、「バンカーリング」です。このリングを使えば片手操作しやすくなり、手から落下させる心配もなくなります。
また、バンカーリングには様々な種類があり、スマホを持ちやすくする以外にも便利な機能がついている商品があります。自分の使い方やスマホの種類、リングの種類などを確認しながら、自分にあったバンカーリングを探していきましょう。

バンカーリングとは?

バンカーリング

バンカーリングは、スマホを持ちやすくするために作られたリングのことをいいます。
スマホの裏に装着して使用することができます。リング部分に指を入れて固定することでスマホをしっかり持つことができるようになる商品です。

このバンカーリングを使うことで、得られるメリットは3つあります。

 

落下防止

1つ目は、落下防止対策に有効だということです

ここ最近スマホの大型化が進んでいます。大型化したことによって情報を見やすくなり便利になりました。その一方で持ちづらくなり、手から滑らせて落下させてしまう恐れが高まりました。万が一スマホを落として、スマホが傷付いたり、画面が割れてしまったら修理が必要になります。場合によっては、新しいスマホを買うことになり、高額なお金が必要になってしまいます。どんなに気をつけていても、スマホを落としそうになってヒヤッとしてしまうことがでてきてしまいます。そんな時にバンカーリングをつけていれば、指でホールドすることができるので落下防止することができます。

2つ目は、親指が届く範囲が広くなり、片手操作がはかどることです

片手でスマホを使う時、画面の上部を操作しようとするとスマホが不安定になります。また、スマホの大型化で片手で使用したくても手が小さいと操作できません。無理に使おうとすれば落下させる危険があります。
バンカーリングを使用すればスマホをしっかりホールドすることができるので、親指が届く範囲が広くなります。リングに指を通した状態なので万が一手を滑らせてしまってもスマホを落下させてしまうこともありません。

バンカーリングスタンド

3つ目は、スタンドとしても使えるということです

バンカーリングの中には、リングを立てることでスタンドとして使うことができるものがあります
ハンズフリーでお使いいただける
分便利なので、スタンドタイプだと使用の幅がぐっと広まります。

バンカーリングの選び方

では、バンカーリングを選んでいきましょう。

本体の重さやリングの接着力で選ぶ

重さ
バンカーリングを選ぶ際、気をつけないといけないのが「重さ制限」ですバンカーリングの中には、何kgまでという重さ制限があり、重さが合わないとすぐに壊れて使えなくなってしまうので、買い直す必要がでてきます。中には接着力が弱すぎて、すぐにリングが取れてしまい、かえってスマホを落とす危険性が高まる恐れがあります。長く使っていくことを考えるのなら、事前に重さ制限はみておいた方が良さそうです。

理想をいうなら「貼り直し可能」なバンカーリングを購入するのがいいでしょう。接着力がいいものを購入しても貼り付けた位置を間違えてしまった場合貼り直しができなかったら焦りますよね。そんな時のために貼り直しが可能なもの選べばそのような心配はなくなります。

リングの状態で選ぶ

バンカーリング付きケース

バンカーリングは、基本的にスマホ本体に直接貼り付けることで使用できます。
しかし、バンカーリングを使いたいけど本体に貼り付けることに抵抗がある人も中にはいると思います。
そんな方におすすめなのが、バンカーリング付きスマホケースです。このスマホケースなら本体に貼り付ける必要がないので、安心して使うことができます。しかし、iPhoneケースは種類が豊富にあるので大丈夫ですが、Androidスマホの場合、バンカーリング付きスマホケースが数は少なく、ケースが気に入らない場合がありますので注意が必要です。

中には、スマホケースの上から貼り付けることができるタイプもありますが、ケースが凸凹していたり素材が革やガラスのケースだとしっかり粘着してくれないので、自分のケースの状態を確認してからバンカーリングを購入するようにしましょう。

デザインやリングの形状で選ぶ

デザインリング

バンカーリングには、デザインは様々あります。
また、リングの形状も丸型・スクエア型・多角形などあります。
これは使いやすさと自分の好みで選ぶといいでしょう。
中には、キャラクターデザインのリングもあります。ディズニーやムーミンなど自分の好きなキャラクターから選ぶのがオススメです。

機能や目的に合わせて選ぶ

バンカーリングスタンド

バンカーリングは、スマホを持ちやすくするだけではなく他にも様々な機能があります。
ここでいつくか紹介していきます。

まずはスタンド機能です。スタンド機能は動画を見るときや本体を置いて操作したい時にリングを立てれば便利に使用することができるようになります。例えば、映画など長時間動画を見たりする時にこの機能を使えば、手で持つ心配がないので楽に映画に集中することができます。

また、車でスマホを使う際にもこのバンカーリングが活躍します。マグネット式の車載ホルダーに対応しているバンカーリングを持っていれば磁石で貼り付けて使用できます。これを使えば、車内で音楽を流したり、カーナビアプリを使いながら運転することができるようになります。

その他にも、バンカーリングにミラーがついている商品もあります。このミラーを使えば、化粧が落ちていないかをチェックすることができますし、髪が乱れていないかも確認できます。自分の顔を見ることが多い女性などにオススメのバンカーリングになります。

バンカーリングのおすすめ

BUNKER RING3

スマホリングといえばこの商品、BUNKER RING。スマホリングをバンカーリングといってしまうほどの有名ブランドとなります。このリングは改良が重なり今は三代目です。元祖スマホリングとして今でもたくさんのユーザーから支持を受けています。装着感がよく、360°リング部分が回転して、スタンド機能など必要な基本性能はしっかり抑えられています。

元祖バンカーリングと呼ばれる製品です。従来品よりも薄くなり、装着感がUPしました。

リング部分が360°回転するため、幅広いシチュエーションで楽しめます。

スタンド機能もついているので、ハンズフリーでも動画を楽しめます。

リング自体の取り外しも可能で何度でも使える製品です。

AAUXX(オークス) iRing Circle

 

AAUXX(オークス) の「iRing」は、先ほどのアイプラスの「BUNKER RING」と同じくらい有名なバンカーリングです。BUNKER RINGとは違い、円形の形状が特徴的なバンカーリングとなります。360°回転でスタンド機能付きで、色の展開が豊富で8色あります。自分の好みの色を選んで使えます。

円形のシンプルなバンカーリングです。スタンド機能付きの製品です。

粘着が強くひっかけて利用可能で、8色の豊富なカラーからお選びいただけます。

AAUXX(オークス)  iRing Hex

 

AAUXX(オークス)のiRing Circleの六角形バージョンの「AAUXX(オークス)  iRing Hex」です。こちらも360°回転でスタンド機能付きで、
色の展開が豊富で8色あります。自分の好みの色を選んで使えます。

粘着が強くひっかけて利用可能なため取り外すこともできます。

AAUXX(オークス) iRing Link2

 

スマホリングも使いたいけどワイヤレス充電も使っている人必見のバンカーリンクです

基本バンカーリングを装着しながらだとワイヤレス充電はできません。
しかし、このバンカーリングはリング部分をスライドさせることによって取り外すことができます。
ワイヤレス充電器に干渉しないようにできています。耐重量は6kgとなっておりスマホであれば心配なく使用することができます。
ワイヤレス充電が可能なモデルです。

6色から選べるリングで、プレート部分にステッカーや貼り付けられます。

KYOKA 薄型スマホリング

 

安価なバンカーリングですが、見た目は高級感のあるシンプルな合金を使用しています。
バンカーリング内部に金属が内蔵されており、マグネット式車載スタンドを使うことができます。車でも便利にスマホを使いたい方にオススメです。

360°回転のリングで、耐荷重2kgでほとんどのスマホに使える耐久性も備えています。

M-Toro 猫耳薄型スマホリング

 

見た目がキュートな猫型バンカーリング。こんな見た目ですが機能はしっかりしており、リングの厚さが3mmと超薄型で装着時にも邪魔にならず、お手軽に利用できます。また、マグネット式車載スタンドに対応しているので、車内で使うのにも適しています。

こちらも360°回転のリング耐熱・耐久性に定評のある3Mテープを採用した耐久性にも優れた製品です。

OSEI スマホリングスタンド

 

人体工学的に基づいた設定で最適なバランスを確保しているため、指をリングにはめるだけで最適なバランスが調整可能なバンカーリングです。粘着力も強力でナノ粒子化技術を採用しているので、しっかり貼り付けるとスマホの重量に耐えられます。

5色の種類カラーからお選びいただけて、アルコール綿が付属しているので清潔に保つことができます。

EI Sonador スマホリング

 

通常のバンカーリングを装着すると土台の部分でスマホやケースのカラーやデザインが隠れてしまいます。
このバンカーリングは透明なので、バックのカラー・デザインを隠すことなく使用することができます。
2個セットなのでコスパの良い商品となってます。

耐荷重2kgで強力粘着なので、最新機種でも安心です。

MIKEZO バンカーリング

 

ノーブランド品のバンカーリング。
ブランドやデザインなどにこだわりがなく、
とにかくコスパがいい商品を選びたいのであればこのバンカーリングをおすすめします。
色はシルバーとゴールドの2色で、iPhone7・iPhone8などのカラーに近いリングなので、この端末だとかなり合わせやすい商品です。

Eripro スマホホルダー

 

バンカーリングとして使えるのはもちろん、車のエアコンの吹き出し口に取り付けることも可能で車載ホルダーにもなる便利なリングです。
90°反転・360°回転機能を備えているのでスマホリングとしても使用できます。

5色展開のバンカーリングで、3Mテープ採用で耐熱・耐久性抜群の製品です。

iFace スマホリング

 

スマホケースで有名なブランド「iFace」から発売されているバンカーリング。
角度が自由に調整することができ、スマホスタンドとしても活躍します。
色も豊富にあり、iFaceのスマホケースとの相性も抜群です。

15色の豊富なカラーからお選びいただけて、強力な両面テープ式の製品です。

BAIKE スマホリング

 

コウモリ型が特徴的なバンカーリング。水洗い可能なリングで繰り返し付着可能です。

人体工学に基づいた設計になっていて指の無駄な動作がないバランスを確立しています。

3〜5kgの負荷に耐えられるのでタブレットでの使用でも安心して使用できます。

フルメタルで高級感のある素材感で、水洗い可能なため清潔に保つことができる製品です。

Spigen スマホリング

 

Spigenのバンカーリングは、接着性が高いジェルパットを使用しているのでリングがスマホ本体から外れる心配はないので、背面が平らであればたいていのスマホで使用することができます。フットマウントが付属でついているので、車載スマホスタンドとして使用することができます。

接着力の高いジェルパットを採用しているため耐久度が高く、カラーも豊富で7種類あります。

Across ミラー付きスマホリング

 


ミラー付きの特徴的なバンカーリング。化粧を直したり、髪の乱れをチェックしたりすることが多い女性におすすめです。
厚さも3mmでコンパクトに設計されているので、手の小さな女性でも持ちやすくなっています。

こちらの製品もマグネット式車載スタンドに対応しています。

VIVA!HERO(ビバヒーロ)

 

バンカーリングとは少し違う商品にはなりますが、
リングと同じような役割で使用することができるVIVA!HEROをご紹介します。

バンカーリングと同じように指を入れたり、手に装着することで片手操作しやすくなり、スマホを落下させる心配をなくします。また、ペットボトルなどに挟めば三脚がわりになったり、車のミラーに取り付ければカーナビ代わりとして使用することができます。

シリコン製で優しく手にフィットするためとても扱いやすい製品なのでおすすめです。

バンカーリングの位置はどうする?

バンカーリング 位置

バンカーリングを購入してスマホに装着する時、どの位置につけるのがいいのかわかりませんよね。スマホの大きさや自分の指の長さ、使い方によって最適な装着位置が変わっていきます。慎重に決めていきましょう。

バンカーリングは強力な粘着力となっているため、一度貼り付けてしまうと簡単には剥がすことができなくなってしまします。なので、バンカーリングを貼り付ける前にセロハンテープなどで仮止めをして、自分にあった位置を探していくのがおすすめです。
場所が決まればバンカーリングの裏面を剥がして本体に付けて、ベストな位置でスマホリングを使えます。

つける位置の参考としては、
手にちょうどおさまるサイズのスマホを使っているのなら、スマホの中央につける。
スマホ本体のサイズが大きい場合は、中央より少し持ち手に近い位置につける。
手が小さい方は、本体を支えられる位置でバンカーリングをつける。

とちょうど良いでしょう。