着信拒否?「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」の意味

電話をかけた時に「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れた、という経験が誰にでもあるのではないでしょうか。このアナウンスが流れた場合は相手に着信拒否されているのか、どのような理由があるのかを詳しく解説していきます。

auでの「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」の意味

auでの「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」の意味について紹介します。キャリアによっては「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」と流れない場合もあります。

呼び出したが電話に出なかった

auでの「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」の意味は、「実際に呼び出したが出なかった」場合に、このアナウンスが流れます。「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れても、着信拒否ではなく、相手に呼び出したという通知は残るので、安心してください。

au公式の記載によると着信拒否ではない

auの公式サイトの記載によると「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」とアナウンスが流れた場合は、着信拒否ではなく、「数回呼び出したけど出なかった」という意味だそうです。相手に着信拒否をされている場合には、また別の文面のアナウンスが流れるようになっています。

コール音なしの場合も同様

auの場合、コール音なしで「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」のアナウンスが流れる時があります。数回コールがなった後に「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」と流れる時と同様に、実際に呼び出したけど出なかった場合に流れます。コール音なしの場合でも、着信拒否ではありません。

ドコモ・ソフトバンクでの「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」の意味

auの場合の「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」のアナウンスについて解説しましたが、ドコモやソフトバンクの場合、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」のアナウンスはどういった場合に流れるのかを紹介していきます。

ドコモ・ソフトバンクでは流れないアナウンス

ドコモ、ソフトバンクによると「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」のアナウンスが流れるパターンは、確認できないため、着信拒否ではありません。ドコモやソフトバンクでは着信拒否の場合は、また違ったアナウンスが流れるようになっています。「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません」というアナウンスはauの場合にのみ流れるアナウンスとなっています。

3大キャリアの着信拒否サービスで着信拒否設定した場合の相手へのアナウンス